Top > Search of Japanese Patents > COMPONENT ENRICHED BROWN RICE AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

COMPONENT ENRICHED BROWN RICE AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR

Patent code P170014764
File No. L17018
Posted date Dec 25, 2017
Application number P2017-184282
Publication number P2017-217015A
Patent number P6518977
Date of filing Sep 26, 2017
Date of publication of application Dec 14, 2017
Date of registration May 10, 2019
Inventor
  • (In Japanese)藤田 智之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title COMPONENT ENRICHED BROWN RICE AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a component enriched brown rice having strength enough to withstand rice milling and rice cooking and good texture by preventing reduction of rice milling yield or reduction of taste and texture, which are problems obtained by conventional component enriched rice while functional components such as polyphenol are enriched.
SOLUTION: There is provided a manufacturing method of a component enriched brown rice for penetrating and migrating a sugar component from sugar to endosperm and enriching the sugar component in the endosperm by applying pressure to brown rice at a state with impregnating the brown rice into water of at least 50 wt.% based on the amount of the brown rice.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

米は、我が国の主食として、長年にわたり農業の中心を担ってきた。しかし、食糧の国際流通の活発化、国民の嗜好の多様化等により、我が国における米の需要は著しく低下し、自給率の低下が懸念されている。

近年、米の有効成分を富化させる等の、米への機能性付加に関する研究が注目されている。例えば、外皮付き穀類を加圧、加温下において、水に浸漬させることにより、機能性成分を富化させる技術が報告されている(特許文献1)。また、胚芽を含むマメ科植物若しくはイネ科植物の種子または胚芽を水に浸漬させて、機能性成分を富化させる技術が報告されている(特許文献2)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、精米歩合、食感が向上した成分富化玄米に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
玄米を、該玄米の量に対して少なくとも50重量%の水に浸漬した状態で、20℃~65℃、少なくとも100MPaの圧力で3時間以上加圧して成分富化玄米となし、前記成分富化玄米を精米することを特徴とする、成分富化米の製造方法。

【請求項2】
 
前記加圧することにより、チアミン、ナイアシンおよびフィチン酸を含む糠成分を糠から胚乳に浸透移行させ、胚乳に該糠成分を富化することを特徴とする、請求項1に記載の成分富化米の製造方法。

【請求項3】
 
前記浸漬に用いる水に、所望の成分を添加することを特徴とする、請求項1または2に記載の成分富化米の製造方法。

【請求項4】
 
前記所望の成分が、ビタミンB1、ビタミンB3、γ-オリザノール、γ-アミノ酪酸から選択される少なくとも1種以上の組み合わせであることを特徴とする、請求項3に記載の成分富化米の製造方法。

【請求項5】
 
前記玄米が、前記浸漬に用いる水と共に密閉容器に封入された状態で浸漬させることを特徴とする、請求項1~4のいずれか一項に記載の成分富化米の製造方法。

【請求項6】
 
前記加圧と同時に40℃~65℃で加温することを特徴とする、請求項1~5のいずれか一項に記載の成分富化米の製造方法。

【請求項7】
 
請求項1~6のいずれか一項に記載の製造方法により製造された成分富化米であって、胚乳部分のでんぷんが、角の取れた角丸状であり、かつ、胚乳部分のでんぷん損傷率が15.0%以下であることを特徴とする、成分富化米。

【請求項8】
 
請求項7に記載の成分富化米を、製粉した成分富化米粉。

【請求項9】
 
請求項8に記載の成分富化米粉を食品組成物として含む、加工食品。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017184282thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close