Top > Search of Japanese Patents > CAPSICUM ANNUUM WITH HIGH CONTENT OF CAPSIATE AND PRODUCTION METHOD THEREOF

CAPSICUM ANNUUM WITH HIGH CONTENT OF CAPSIATE AND PRODUCTION METHOD THEREOF commons

Patent code P170014767
File No. N17039
Posted date Dec 25, 2017
Application number P2017-172054
Publication number P2018-042552A
Date of filing Sep 7, 2017
Date of publication of application Mar 22, 2018
Priority data
  • P2016-174216 (Sep 7, 2016) JP
  • P2016-175652 (Sep 8, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)松島 憲一
  • (In Japanese)畠山 佳奈実
  • (In Japanese)朴 永俊
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title CAPSICUM ANNUUM WITH HIGH CONTENT OF CAPSIATE AND PRODUCTION METHOD THEREOF commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide capsiate production methods for increasing the amount of capsiate contained in Capsicum annuum to enable stable capsiate supply.
SOLUTION: A production method of Capsicum annuum with high content of capsiate is characterized by comprising inducing a plant belonging to Capsicum annuum family to parthenocarpy, pulverizing the plant, and immersing it into a solvent to extract capsiate. As a method of inducing the parthenocarpy, a method of subjecting an ovary of a plant belonging to the Capsicum annuum to immersion treatment with a plant hormone.
Field of industrial application (In Japanese)

トウガラシの辛味成分カプサイシンの類縁物質であるカプシエイトは、ジヒドロカプシエイト、ノルジヒドロカプシエイトとともにカプシノイドと総称される成分である。このカプシノイド(以下カプシエイトとする)は、辛味成分がカプサイシンの1000分の1程度でありながら、体熱亢進作用といったカプサイシンと同様の機能をもつことから、近年、機能性成分として注目されている。
カプシエイトは、矢澤らにより選抜固定されたトウガラシの無辛味固定品種である「CH-19甘」に含有することが知られており(非特許文献1)、その機能性としては、免疫賦活作用、エネルギー代謝作用等が報告されている(特許文献1)。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
胎座の乾物重量1gあたりのカプシエイトの含有量が7.000μg以上であることを特徴とする、カプシエイト高含有トウガラシ。

【請求項2】
 
請求項1記載のカプシエイト高含有トウガラシの栽培方法であって、カプシエイトを含有する種類のトウガラシ類の植物を単為結果させる工程を含むことを特徴とする、請求項1記載のカプシエイト高含有トウガラシの栽培方法。

【請求項3】
 
前記カプシエイトを含有する種類のトウガラシ類の植物を単為結果させる工程を含むことを特徴とする、請求項1記載のカプシエイト高含有トウガラシの製造方法。

【請求項4】
 
トウガラシ類の植物を単為結果させる工程と、前記植物を粉砕し、溶媒に浸漬することでカプシエイトを抽出する工程と、を含むことを特徴とする、カプシエイトの製造方法。

【請求項5】
 
前記トウガラシ類の植物は、putative aminotransferase(pAMT)遺伝子が変異したCapsicum属植物であることを特徴とする請求項3または4記載のカプシエイトの製造方法。

【請求項6】
 
前記単為結果させる方法として、前記トウガラシ類の植物の子房を植物ホルモンによる浸漬処理を行うことを特徴とする、請求項3から5のいずれか一項記載のカプシエイトの製造方法。

【請求項7】
 
前記植物ホルモンが、オーキシンであることを特徴とする、請求項6記載のカプシエイトの製造方法。

【請求項8】
 
前記オーキシンが、2、4-ジクロロフェノキシ酢酸であることを特徴とする、請求項7記載のカプシエイトの製造方法。

【請求項9】
 
前記単為結果させる方法として、トウガラシの単為結果遺伝子を導入することを特徴とする、請求項3から8のいずれか一項記載のカプシエイトの製造方法。

【請求項10】
 
前記溶媒が、メタノール、エタノール,n-プロパノール、イソプロパノール、t-ブタノール、エチルアセテート、アセトン、およびこれらの混合物から成る群から選択されている、請求項4から9のいずれか一項記載のカプシエイトの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close