Top > Search of Japanese Patents > SIMPLE, QUICK AND HIGHLY-ACCURATE MEASURING METHOD OF SKIN PH

SIMPLE, QUICK AND HIGHLY-ACCURATE MEASURING METHOD OF SKIN PH

Patent code P170014774
File No. 1808
Posted date Dec 27, 2017
Application number P2016-096685
Publication number P2017-203731A
Patent number P6692542
Date of filing May 13, 2016
Date of publication of application Nov 16, 2017
Date of registration Apr 17, 2020
Inventor
  • (In Japanese)逢坂 哲彌
  • (In Japanese)大橋 啓之
  • (In Japanese)黒岩 繁樹
  • (In Japanese)秀島 翔
Applicant
  • (In Japanese)学校法人早稲田大学
Title SIMPLE, QUICK AND HIGHLY-ACCURATE MEASURING METHOD OF SKIN PH
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To establish a measuring method for measuring pH of a skin surface simply, quickly and highly accurately; and further to establish a measuring method of skin surface pH by using an ion sensitive field effect transistor.
SOLUTION: A measuring method of skin surface pH of a test animal includes process for measuring pH of a test sample by a pH meter by using the test sample obtained by sampling a skin surface component of the test animal by using a sampler containing a known amount of moisture, and for calculating and determining the skin surface pH from a pH value obtained by pH measurement.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

皮膚のpHは、健常人ではpH4.0~4.9と弱酸性であり、皮膚のバリア機能に関与し、アトピー性皮膚炎を含む種々の疾患でpHが上昇していることが知られている(非特許文献1)。これは、pHの上昇により常在菌の増殖が抑制され、黄色ブドウ球菌等の病原菌の増殖が促進され、この増殖した病原菌への生体の免疫応答が、アトピー性皮膚炎の発症及び悪化の原因と考えられている(非特許文献2)。そして、この皮膚pH及び皮膚バリア機能の保持に皮膚角質層のフィラグリンが代謝分解されたアミノ酸代謝物が関与することが解明されてきている。また、角質層でのフィラグリンの代謝分解が、皮膚疾患により抑制されることが、さらにpHの上昇をもたらし、その結果、さらに皮膚炎等の皮膚障害が増悪すると考えられている(非特許文献3、4)。

さらに、上記アミノ酸代謝物の中で、皮膚角質層に存在するpKa1=3.85のウロカニン酸が皮膚のバリア機能、特に、その光照射によって生じる異性体がアトピー皮膚炎の抑制作用を有することが報告されている(非特許文献5)。

そして、日本では、厚生労働省の調査で、アトピー性皮膚炎患者が約50万人に達し、年齢別では、小学1年生の11.8%がアトピー性皮膚炎に罹患していると報告している。

また、日本でペットとして飼育されるイヌの実に25.7%が皮膚疾患を罹患していると報告され、疾患別罹患率で皮膚疾患がもっとも多く、ネコにおいても9.1%で疾患別罹患率で第3位である(非特許文献6)。

一方、イオン感応性電界効果トランジスタ(ISFET)は、参照電極を使用しないため測定前に校正が必ずしも必要なく、小型化可能なイオン感応性電界効果トランジスタが研究、開発されている(特許文献1)。しかし、このイオン感応性電界効果トランジスタを使用して、皮膚表面のpHを簡便、迅速かつ高精度に測定する測定方法は確立されていない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、簡便、迅速、高精度な皮膚pHの測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被験動物の皮膚表面成分を既知量の水分を含ませた採取器具を用いて採取した被験試料を用い、該被験試料のpHをpHメーターで測定し、該pH測定によって得られるpH値より皮膚表面pHを算出し決定するプロセスを含むことを特徴とする、被験動物の皮膚表面pHの測定方法。

【請求項2】
 
被験動物の皮膚表面pHの測定方法であって、
前記被験試料は、2種類以上の既知の水分量で同一の動物個体の皮膚表面を採取器具で皮膚表面成分を採取して、それぞれの採取器具のpH値をpHメーターで測定するステップ、
前記pHメーターで測定して得られたpH値より102pH値を算出するステップ、
前記水分量と前記102pH値との一次回帰直線を求め、水分量が0のときの102pH値を一次回帰直線を用いて算定するステップ、及び、
前記回帰直線上の水分量が0のときの102pH値よりpH値を算出し、決定するステップ、
を含むことを特徴とする、請求項1に記載の測定方法。

【請求項3】
 
被験動物の皮膚表面pHの測定方法であって、
前記一次回帰直線を予め作成しておき、
被験動物に対して1 種類の既知の水分量で採取した被験試料のpHをpHメーターで測定して得られるpH値より102pH値を求め、
前記予め作成した一次回帰直線に前記既知の水分量と前記102pH値とを適用し、水分量が0のときの102pH値より皮膚表面のpHを算出し決定するステップを含むことを特徴とする、請求項2に記載の測定方法。

【請求項4】
 
被験動物の皮膚表面pHの測定方法であって、
前記pHメーターがイオン感応性電界効果トランジスタ(ISFET)又はガラス電極であることを特徴とする、請求項1~3のいずれか1項に記載の測定方法。

【請求項5】
 
被験動物の皮膚表面pHの測定方法であって、
前記採取器具が、スワブ、綿棒、脱脂綿又はガーゼから選択されることを特徴とする、請求項1~4のいずれか1項に記載の測定方法。

【請求項6】
 
前記被験動物が、ヒト、イヌ、ネコ、サル、ブタ、ウシ、ウマ、ヒツジ、ウサギ及びニワトリからなる群から選択されることを特徴とする、請求項1~5のいずれか1項に記載の測定方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016096685thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close