Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING BRANCHED-CHAIN FATTY ACID

METHOD FOR PRODUCING BRANCHED-CHAIN FATTY ACID

Patent code P180014783
File No. S2017-0808-N0
Posted date Jan 23, 2018
Application number P2017-116061
Publication number P2019-000015A
Date of filing Jun 13, 2017
Date of publication of application Jan 10, 2019
Inventor
  • (In Japanese)鈴木 石根
  • (In Japanese)町田 峻太郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title METHOD FOR PRODUCING BRANCHED-CHAIN FATTY ACID
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique of producing branched-chain fatty acid.
SOLUTION: A method of producing branched-chain fatty acid has a process of introducing methyl group into double bond of unsaturated fatty acid and synthesizing branched-chain fatty acid by incubating a host in which protein coded by a base sequence made of a specific sequence, protein coded by base sequence having 70% or more of sequence identity with a base sequence made of a specific sequence and has activity of changing oleic acid into 10-methylene stearic acid, and protein coded by a base sequence made of another specific sequence, or protein coded by a base sequence having 70% or more of sequence identity with the base sequence made of another specific sequence and has activity of changing 10-methylene stearic acid into 10-methylstearic acid are expressed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

分岐鎖脂肪酸は、不飽和脂肪酸の特性である低い融点と、飽和脂肪酸の特性である酸化に対する高い耐性とをあわせ持つことから、その産業応用が期待されている。また、微生物における分岐鎖脂肪酸の合成機構の解析も進められている。

例えば、非特許文献1には、マイコバクテリウム・ツベルクローシスのRv0469(umaA)遺伝子にコードされる酵素(UmaA)が、10-メチルステアリン酸の合成に関与することが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、分岐鎖脂肪酸の製造方法に関する。より具体的には、分岐鎖脂肪酸の製造方法、不飽和脂肪酸から分岐鎖脂肪酸を製造するためのキット及び宿主に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記(i-1)又は(i-2)に記載のタンパク質、及び下記(ii-1)又は(ii-2)に記載のタンパク質を発現させた宿主をインキュベートすることにより、前記宿主中の不飽和脂肪酸の下記式(1)で表される基にメチル基が導入されて下記式(2)で表される基を有する分岐鎖脂肪酸が合成される工程を備える、下記式(2)で表される基を有する分岐鎖脂肪酸の製造方法。
(i-1)配列番号1に記載の塩基配列にコードされるタンパク質
(i-2)配列番号1に記載の塩基配列と70%以上の配列同一性を有する塩基配列にコードされ且つオレイン酸を10-メチレンステアリン酸に変化させる活性を有するタンパク質
(ii-1)配列番号2に記載の塩基配列にコードされるタンパク質
(ii-2)配列番号2に記載の塩基配列と70%以上の配列同一性を有する塩基配列にコードされ且つ10-メチレンステアリン酸を10-メチルステアリン酸に変化させる活性を有するタンパク質
【化1】
 
(省略)
【化2】
 
(省略)

【請求項2】
 
前記不飽和脂肪酸がオレイン酸であり、前記分岐鎖脂肪酸が10-メチルステアリン酸である、請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
不飽和脂肪酸に、下記(i-1)又は(i-2)に記載のタンパク質を反応させることにより、前記不飽和脂肪酸の下記式(1)で表される基にメチレン基が導入されて下記式(3)で表される基を有する脂肪酸が合成される工程と、
下記式(3)で表される基を有する前記脂肪酸に、下記(ii-1)又は(ii-2)に記載のタンパク質を反応させることにより、下記式(2)で表される基を有する分岐鎖脂肪酸が合成される工程と、
を備える、下記式(2)で表される基を有する分岐鎖脂肪酸の製造方法。
(i-1)配列番号1に記載の塩基配列にコードされるタンパク質
(i-2)配列番号1に記載の塩基配列と70%以上の配列同一性を有する塩基配列にコードされ且つオレイン酸を10-メチレンステアリン酸に変化させる活性を有するタンパク質
(ii-1)配列番号2に記載の塩基配列にコードされるタンパク質
(ii-2)配列番号2に記載の塩基配列と70%以上の配列同一性を有する塩基配列にコードされ且つ10-メチレンステアリン酸を10-メチルステアリン酸に変化させる活性を有するタンパク質
【化3】
 
(省略)
【化4】
 
(省略)
【化5】
 
(省略)

【請求項4】
 
前記不飽和脂肪酸がオレイン酸であり、前記分岐鎖脂肪酸が10-メチルステアリン酸である、請求項3に記載の製造方法。

【請求項5】
 
下記(i-1)又は(i-2)に記載のタンパク質、及び下記(ii-1)又は(ii-2)に記載のタンパク質を備える、不飽和脂肪酸から下記式(2)で表される基を有する分岐鎖脂肪酸を製造するためのキット。
(i-1)配列番号1に記載の塩基配列にコードされるタンパク質
(i-2)配列番号1に記載の塩基配列と70%以上の配列同一性を有する塩基配列にコードされ且つオレイン酸を10-メチレンステアリン酸に変化させる活性を有するタンパク質
(ii-1)配列番号2に記載の塩基配列にコードされるタンパク質
(ii-2)配列番号2に記載の塩基配列と70%以上の配列同一性を有する塩基配列にコードされ且つ10-メチレンステアリン酸を10-メチルステアリン酸に変化させる活性を有するタンパク質
【化6】
 
(省略)

【請求項6】
 
下記(iii-1)又は(iii-2)に記載の核酸、及び下記(iv-1)又は(iv-2)に記載の核酸を備える、不飽和脂肪酸から下記式(2)で表される基を有する分岐鎖脂肪酸を製造するためのキット。
(iii-1)配列番号1に記載の塩基配列からなる核酸
(iii-2)配列番号1に記載の塩基配列と70%以上の配列同一性を有し且つオレイン酸を10-メチレンステアリン酸に変化させる活性を有するタンパク質をコードする核酸
(iv-1)配列番号2に記載の塩基配列からなる核酸
(iv-2)配列番号2に記載の塩基配列と70%以上の配列同一性を有し且つ10-メチレンステアリン酸を10-メチルステアリン酸に変化させる活性を有するタンパク質をコードする核酸
【化7】
 
(省略)

【請求項7】
 
前記不飽和脂肪酸がオレイン酸であり、前記分岐鎖脂肪酸が10-メチルステアリン酸である、請求項5又は6に記載のキット。

【請求項8】
 
下記(i-1)又は(i-2)に記載のタンパク質の発現ベクター、及び下記(ii-1)又は(ii-2)に記載のタンパク質の発現ベクター、が導入された宿主。
(i-1)配列番号1に記載の塩基配列にコードされるタンパク質
(i-2)配列番号1に記載の塩基配列と70%以上の配列同一性を有する塩基配列にコードされ且つオレイン酸を10-メチレンステアリン酸に変化させる活性を有するタンパク質
(ii-1)配列番号2に記載の塩基配列にコードされるタンパク質
(ii-2)配列番号2に記載の塩基配列と70%以上の配列同一性を有する塩基配列にコードされ且つ10-メチレンステアリン酸を10-メチルステアリン酸に変化させる活性を有するタンパク質

【請求項9】
 
下記式(2)で表される基を有する分岐鎖脂肪酸の製造用である、請求項8に記載の宿主。
【化8】
 
(省略)
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close