TOP > 国内特許検索 > 評価システム、評価方法及びプログラム

評価システム、評価方法及びプログラム UPDATE

国内特許コード P180014784
整理番号 S2017-0794-N0
掲載日 2018年1月23日
出願番号 特願2017-138751
公開番号 特開2019-021011
出願日 平成29年7月18日(2017.7.18)
公開日 平成31年2月7日(2019.2.7)
発明者
  • 池田 潤
  • 森本 行人
出願人
  • 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 評価システム、評価方法及びプログラム UPDATE
発明の概要 【課題】低コストで客観的な格付け指標を算出する学術雑誌評価システムを提供する。
【解決手段】評価システムは、論文集に掲載された論文の著者が所属する機関の情報およびその機関がどの国の機関であるかを示す情報のうち少なくとも一方に基づいて、当該論文集の多様性に対する評価値を算出する評価値算出部、を備える。評価システムは、例えば、機関の数と国の数の合計値に基づいて評価値を算出する。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


学術雑誌を評価する指標として、インパクト・ファクターが知られている。インパクト・ファクターは、その学術雑誌に掲載された論文の被引用数に基づいて算出される。また、THEやQSに代表される大学等のランキングの評価項目にも、その大学の研究者が書いた論文の被引用数が含まれている。



関連する技術として、例えば特許文献1には、インパクト・ファクターを算出する際に参照される学術雑誌は、例えば英語で書かれた学術雑誌に限定されていることや、論文の選定が一部の査読者によってなされており、その選定基準から閉鎖性や偏見性を排除できないといった課題に対し、研究者が自身の論文をインターネット上の学術研究論文格付けサイトに公開し、その論文がダウンロードされた回数に基づいて、研究者や論文に対する評価値を算出する学術研究論文の格付けサイトに関する発明が開示されている。

産業上の利用分野


本発明は、論文集の評価システム、評価方法及びプログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
論文集に掲載された論文の著者が所属する機関の情報および前記機関がどの国の機関であるかを示す情報のうち少なくとも一方に基づいて、当該論文集の多様性に対する評価値を算出する評価値算出部、
を備える評価システム。

【請求項2】
前記評価値算出部は、多様性の評価値を算出する対象となる前記論文集について、前記機関の情報を集計して得られる機関数と、前記国の情報を集計して得られる国数とに基づいて、前記評価値を算出する、
請求項1に記載の評価システム。

【請求項3】
前記評価値算出部は、αおよびβおよびnを所定の定数とした場合、以下の式によって、前記論文集の評価値を算出する、
評価値 = log(α×前記国数+β×前記機関数)
請求項2に記載の評価システム。

【請求項4】
前記評価値算出部によって、前記論文集に掲載された論文の発表を行う会議体に対する評価値を算出する、
請求項1から請求項3の何れか1項に記載の評価システム。

【請求項5】
論文集に掲載された論文の著者が所属する機関の情報および前記機関がどの国の機関であるかを示す情報のうち少なくとも一方に基づいて、当該論文集の多様性に対する評価値を算出するステップ、
を有する評価方法。

【請求項6】
コンピュータを、
論文集に掲載された論文の著者が所属する機関の情報および前記機関がどの国の機関であるかを示す情報のうち少なくとも一方に基づいて、当該論文集の多様性に対する評価値を算出する手段、
として機能させるためのプログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
  • 5L049CC11
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2017138751thum.jpg
出願権利状態 公開
この特許について質問等ある場合は、電子メールによりご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close