Top > Search of Japanese Patents > EVALUATION SYSTEM, EVALUATION METHOD AND PROGRAM

EVALUATION SYSTEM, EVALUATION METHOD AND PROGRAM UPDATE_EN

Patent code P180014784
File No. S2017-0794-N0
Posted date Jan 23, 2018
Application number P2017-138751
Publication number P2019-021011A
Date of filing Jul 18, 2017
Date of publication of application Feb 7, 2019
Inventor
  • (In Japanese)池田 潤
  • (In Japanese)森本 行人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title EVALUATION SYSTEM, EVALUATION METHOD AND PROGRAM UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an academic journal evaluation system that calculates objective rating indicators at low cost.
SOLUTION: The evaluation system includes an evaluation value calculating unit that, based on at least one of information on an institution to which an author of an article published in a paper collection belongs and information indicating which country's institution the institution belongs to, calculates an evaluation value for diversity of the paper collection. The evaluation system calculates the evaluation value based on, for example, the sum of the number of institutions and the number of countries.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

学術雑誌を評価する指標として、インパクト・ファクターが知られている。インパクト・ファクターは、その学術雑誌に掲載された論文の被引用数に基づいて算出される。また、THEやQSに代表される大学等のランキングの評価項目にも、その大学の研究者が書いた論文の被引用数が含まれている。

関連する技術として、例えば特許文献1には、インパクト・ファクターを算出する際に参照される学術雑誌は、例えば英語で書かれた学術雑誌に限定されていることや、論文の選定が一部の査読者によってなされており、その選定基準から閉鎖性や偏見性を排除できないといった課題に対し、研究者が自身の論文をインターネット上の学術研究論文格付けサイトに公開し、その論文がダウンロードされた回数に基づいて、研究者や論文に対する評価値を算出する学術研究論文の格付けサイトに関する発明が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、論文集の評価システム、評価方法及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
論文集に掲載された論文の著者が所属する機関の情報および前記機関がどの国の機関であるかを示す情報のうち少なくとも一方に基づいて、当該論文集の多様性に対する評価値を算出する評価値算出部、
を備える評価システム。

【請求項2】
 
前記評価値算出部は、多様性の評価値を算出する対象となる前記論文集について、前記機関の情報を集計して得られる機関数と、前記国の情報を集計して得られる国数とに基づいて、前記評価値を算出する、
請求項1に記載の評価システム。

【請求項3】
 
前記評価値算出部は、αおよびβおよびnを所定の定数とした場合、以下の式によって、前記論文集の評価値を算出する、
評価値 = logn(α×前記国数+β×前記機関数)
請求項2に記載の評価システム。

【請求項4】
 
前記評価値算出部によって、前記論文集に掲載された論文の発表を行う会議体に対する評価値を算出する、
請求項1から請求項3の何れか1項に記載の評価システム。

【請求項5】
 
論文集に掲載された論文の著者が所属する機関の情報および前記機関がどの国の機関であるかを示す情報のうち少なくとも一方に基づいて、当該論文集の多様性に対する評価値を算出するステップ、
を有する評価方法。

【請求項6】
 
コンピュータを、
論文集に掲載された論文の著者が所属する機関の情報および前記機関がどの国の機関であるかを示す情報のうち少なくとも一方に基づいて、当該論文集の多様性に対する評価値を算出する手段、
として機能させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 5L049CC11
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017138751thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close