Top > Search of Japanese Patents > VISUAL TEXTURE PRESENTATION DEVICE AND VISUAL TEXTURE PRESENTATION METHOD

VISUAL TEXTURE PRESENTATION DEVICE AND VISUAL TEXTURE PRESENTATION METHOD UPDATE_EN

Patent code P180014802
File No. 1828
Posted date Jan 31, 2018
Application number P2016-113598
Publication number P2017-219681A
Patent number P6749630
Date of filing Jun 7, 2016
Date of publication of application Dec 14, 2017
Date of registration Aug 14, 2020
Inventor
  • (In Japanese)岩瀬 英治
  • (In Japanese)岡田 陽平
Applicant
  • (In Japanese)学校法人早稲田大学
Title VISUAL TEXTURE PRESENTATION DEVICE AND VISUAL TEXTURE PRESENTATION METHOD UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a visual texture presentation device 1 that can quantify visual texture by one parameter, does not need information such as direction of radiation of incident light, wavelength region and angle distribution of intensity, is configured simply and at low cost, and can present any visual texture under any luminous environment, and provide a visual texture presentation method.
SOLUTION: A visual texture presentation device 1 comprises a plurality of cells with at least two surfaces having different scattering degrees S from one another, and presentation means for providing temporal and/or spatial presentation ratio of the surfaces using the plurality of cells, and is configured to provide texture corresponding to the scattering degree S of the cell dependent on the presentation ratio, where the scattering degree S denotes a parameter obtained by quantifying visual texture using a value for representing the intensity of regular reflection light 4 and a value for representing the intensity of scattered light 5 other than the intensity of the regular reflection light 4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、視覚的な質感および材質感は、光源に対する反射光の角度強度分布によって提示できることが知られている。これを利用した応用例として、光の照射方向に応じた発光強度の角度分布を制御することにより、視覚的質感を提示する方法を用いた画像表示装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

コンピュータグラフィクス(CG)では、コンピュータ内で設定した照明条件から、表示する被対象物に対し、その表面の散乱光の強度を計算し、視覚的質感を提示する方法が一般的に用いられている(例えば、非特許文献1参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、視覚的質感提示デバイスおよび視覚的質感提示方法に関し、特に、視覚的質感が異なる複数の表面を用いて、これら表面の質感の中間を含む質感を提示する視覚的質感提示デバイスおよび視覚的質感提示方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
表面の法線に対して-45°から入射光を照射したときの表面からの反射光の、受光角45°の光強度に対する受光角15°の光強度の比を用いて視覚的質感を定量化したパラメータを散乱度とするとき、
前記散乱度が異なる少なくとも2つの表面を含む複数のセルと、
前記複数のセルを用いて前記表面の時間的な提示割合をヒトの眼による時間分解能の識別能力以下の速さで提供する提示手段とを備え、
前記提示割合に依存した前記セルの散乱度に対応する質感をもたらすよう構成されることを特徴とする視覚的質感提示デバイス。

【請求項2】
 
表面の法線に対して-45°から入射光を照射したときの表面からの反射光の、受光角45°の光強度に対する受光角15°の光強度の比を用いて視覚的質感を定量化したパラメータを散乱度とするとき、
第1の散乱度を有する第1の表面と、前記第1の散乱度と異なる第2の散乱度を有する第2の表面とを含む複数のセルと、
前記複数のセルを用いて前記表面の時間的および/または空間的な提示割合を提供する提示手段とを備え、
前記提示割合に依存した前記セルの散乱度に対応する質感をもたらすよう構成されることを特徴とする視覚的質感提示デバイスであって、
前記第1の表面を有する第1の物体がガラスと実質的に同じ屈折率を有する液体であり、前記第2の表面を有する第2の物体が表面を粗くしたガラス板であり、前記第1の物体が前記第2の物体の上に重ね合わされる視覚的質感提示デバイス。

【請求項3】
 
表面の法線に対して-45°から入射光を照射したときの表面からの反射光の、受光角45°の光強度に対する受光角15°の光強度の比を用いて視覚的質感を定量化したパラメータを散乱度とするとき、
第1の散乱度を有する第1の表面と、前記第1の散乱度と異なる第2の散乱度を有する第2の表面とを含む複数のセルと、
前記複数のセルを用いて前記表面の時間的および/または空間的な提示割合を提供する提示手段とを備え、
前記提示割合に依存した前記セルの散乱度に対応する質感をもたらすよう構成されることを特徴とする視覚的質感提示デバイスであって、
前記第1の表面および前記第2の表面を連続するようにして設けた物体が柔軟材料で構成され、前記物体を回転移動させるように構成された視覚的質感提示デバイス。

【請求項4】
 
表面の法線に対して-45°から入射光を照射したときの表面からの反射光の、受光角45°の光強度に対する受光角15°の光強度の比を用いて視覚的質感を定量化したパラメータを散乱度とするとき、
第1の散乱度を有する第1の表面と、前記第1の散乱度と異なる第2の散乱度を有する第2の表面とを含む複数のセルと、
前記複数のセルを用いて前記表面の時間的および/または空間的な提示割合を提供する提示手段とを備え、
前記提示割合に依存した前記セルの散乱度に対応する質感をもたらすよう構成されることを特徴とする視覚的質感提示デバイスであって、
前記第2の表面を有する第2の物体の上方に、前記第1の表面を有する第1の物体を設け、前記第1の物体が左右方向に伸縮または移動して、前記第2の表面を覆う領域を変化させるように構成された視覚的質感提示デバイス。

【請求項5】
 
表面の法線に対して-45°から入射光を照射したときの表面からの反射光の、受光角45°の光強度に対する受光角15°の光強度の比を用いて視覚的質感を定量化したパラメータを散乱度とするとき、
第1の散乱度を有する第1の表面と、前記第1の散乱度と異なる第2の散乱度を有する第2の表面とを含む複数のセルと、
前記複数のセルを用いて前記表面の時間的および/または空間的な提示割合を提供する提示手段とを備え、
前記提示割合に依存した前記セルの散乱度に対応する質感をもたらすよう構成されることを特徴とする視覚的質感提示デバイスであって、
前記第2の表面を有する第2の物体の上方に、前記第1の表面を有する第1の物体を設け、前記第1の物体が任意の箇所で分割されており、分割されたそれぞれの前記第1の物体が、回動可能に固定された両端を軸にして、上方に開閉できるように構成された視覚的質感提示デバイス。

【請求項6】
 
表面の法線に対して-45°から入射光を照射したときの表面からの反射光の、受光角45°の光強度に対する受光角15°の光強度の比を用いて視覚的質感を定量化したパラメータを散乱度とするとき、
第1の散乱度を有する第1の表面と、前記第1の散乱度と異なる第2の散乱度を有する第2の表面とを含む複数のセルと、
前記複数のセルを用いて前記表面の時間的および/または空間的な提示割合を提供する提示手段とを備え、
前記提示割合に依存した前記セルの散乱度に対応する質感をもたらすよう構成されることを特徴とする視覚的質感提示デバイスであって、
一面が前記第1の表面で、他面が前記第2の表面で構成される物体を、前記物体に設けた回転軸を中心に回転自在に構成した視覚的質感提示デバイス。

【請求項7】
 
表面の法線に対して-45°から入射光を照射したときの表面からの反射光の、受光角45°の光強度に対する受光角15°の光強度の比を用いて視覚的質感を定量化したパラメータを散乱度とするとき
異なる前記散乱度を有する複数の表面の組み合わせにおけるそれぞれの時間的な提示割合をヒトの眼による時間分解能の識別能力以下の速さで可変して提示することによって、前記複数の表面の質感の中間を含む質感を提示することを特徴とする視覚的質感提示方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016113598thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close