Top > Search of Japanese Patents > CELL SHEET PRODUCTION METHOD AND CELL CULTURE SUPPORT

CELL SHEET PRODUCTION METHOD AND CELL CULTURE SUPPORT meetings

Patent code P180014829
File No. FU-283
Posted date Mar 22, 2018
Application number P2017-246221
Publication number P2018-102296A
Date of filing Dec 22, 2017
Date of publication of application Jul 5, 2018
Priority data
  • P2016-253593 (Dec 27, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)中島 学
  • (In Japanese)櫨川 舞
  • (In Japanese)八尾 滋
  • (In Japanese)中野 涼子
  • (In Japanese)新戸 浩幸
  • (In Japanese)瀬戸 弘一
Applicant
  • FUKUOKA UNIVERSITY
Title CELL SHEET PRODUCTION METHOD AND CELL CULTURE SUPPORT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cell culture support from which a cell sheet in which the cells proliferate well is peelable without being dependent on low temperature treatment, and a cell sheet production method using same.
SOLUTION: The cell culture support is provided with a substrate, and, disposed on said substrate, a polymer comprising constitutional unit derived from a (meth)acrylate having a C14-22 alkyl group and a constitutional unit derived from a (meth)acrylic acid. A cell sheet production method comprising forming a cell sheet on the cell culture support by culturing cells at a first temperature on the cell culture support, keeping the cell culture support at a second temperature which is higher than the first temperature, and recovering the cell sheet.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

損傷を受けた生体組織を再生する目的で、細胞シートを利用した移植法が開発されている。移植に利用される細胞シートの多くは、ヒト細胞を含む動物細胞の中でも特に付着依存性の細胞を用いて作製される。細胞シートを作製するには、動物細胞を基材表面上に付着させてシート状に培養し、その形態を保持したまま剥離させる必要性がある。例えば、特許文献1には、水に対する上限若しくは下限臨界溶解温度が0℃から80℃であるポリマーで基材表面を被覆した細胞培養支持体上にて、皮膚細胞を上限臨界溶解温度以下または下限臨界溶解温度以上で培養し、その後上限臨界溶解温度以上または下限臨界溶解温度以下にすることにより培養皮膚細胞を剥離させる皮膚細胞培養法が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、細胞シートの製造方法及び細胞培養支持体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
炭素数14から22のアルキル基を有する(メタ)アクリレートに由来する構成単位及び(メタ)アクリル酸に由来する構成単位を含むポリマーを表面に有する細胞培養支持体上、第一温度で細胞を培養して細胞培養支持体上に細胞シートを形成することと、
細胞培養支持体を第一温度よりも高い第二温度に保持して、細胞シートを回収することと、を含む細胞シートの製造方法。

【請求項2】
 
前記ポリマーは、炭素数14から22のアルキル基を有する(メタ)アクリレートに由来する構成単位の(メタ)アクリル酸に由来する構成単位に対する含有比率が2:8から5:5である請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
 
前記ポリマーは、炭素数14から22のアルキル基を有する(メタ)アクリレートと(メタ)アクリル酸とのブロックコポリマーである請求項1又は請求項2に記載の製造方法。

【請求項4】
 
基材と、基材上に配置される炭素数14から22のアルキル基を有する(メタ)アクリレートに由来する構成単位及び(メタ)アクリル酸に由来する構成単位を含むポリマーと、を備える細胞培養支持体。

【請求項5】
 
炭素数14から22のアルキル基を有する(メタ)アクリレートに由来する構成単位及び(メタ)アクリル酸に由来する構成単位を含むポリマーと、液媒体とを含む組成物。

【請求項6】
 
液媒体は、ジメチルスルホキシドを含む請求項5に記載の組成物。

【請求項7】
 
請求項5又は6に記載の組成物を基材上に付与することを含む細胞培養支持体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017246221thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、「問合せ先」まで直接お問合せ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close