TOP > 国内特許検索 > 行動支援システム、行動分析装置、および行動分析プログラム

行動支援システム、行動分析装置、および行動分析プログラム

国内特許コード P180014853
整理番号 S2016-0885-N0
掲載日 2018年4月18日
出願番号 特願2016-158141
公開番号 特開2018-026014
出願日 平成28年8月10日(2016.8.10)
公開日 平成30年2月15日(2018.2.15)
発明者
  • 佐々木 銀河
  • 山中 克夫
  • 野口 代
  • 石川 愛
出願人
  • 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 行動支援システム、行動分析装置、および行動分析プログラム
発明の概要 【課題】介入者に対して効果的な支援を行うことができる行動支援システム、行動分析装置、および行動分析プログラムを提供することである。
【解決手段】本実施形態における行動支援システムは、利用者の行動に関する情報と、前記利用者の行動に介入した介入者の行動に関する情報とを取得する行動情報取得部と、前記介入者の行動に対する信頼度を算出する信頼度算出部と、前記行動情報取得部により取得された前記利用者の行動と、前記介入者の行動との対応関係に基づき、前記介入者による介入効果を分析する介入効果分析部と、前記信頼度算出部により算出された信頼度が、閾値以上の前記介入者を抽出し、抽出された介入者の行動と、前記介入効果分析部により分析された前記介入効果とに基づいて、前記介入者が前記利用者の行動に介入すべき情報を出力する行動支援部とを備える。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


従来、医療や教育、福祉等の分野において、システムの利用者によって自己の行動を記録させ、記録させた内容を分析して、利用者に対する今後の行動を支援する支援システムが存在する(例えば、特許文献1~3参照)。

産業上の利用分野


本発明は、行動支援システム、行動分析装置、および行動分析プログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
利用者の行動に関する情報と、前記利用者の行動に介入した介入者の行動に関する情報とを取得する行動情報取得部と、
前記介入者の行動に対する信頼度を算出する信頼度算出部と、
前記行動情報取得部により取得された前記利用者の行動と、前記介入者の行動との対応関係に基づき、前記介入者による介入効果を分析する介入効果分析部と、
前記信頼度算出部により算出された信頼度が、閾値以上の前記介入者を抽出し、抽出された介入者の行動と、前記介入効果分析部により分析された前記介入効果とに基づいて、前記介入者が前記利用者の行動に介入すべき情報を出力する行動支援部と、
を備える行動支援システム。

【請求項2】
前記信頼度算出部は、更に前記利用者の行動に対する信頼度を算出し、
前記行動支援部は、前記信頼度算出部により算出された前記利用者に行動に対する信頼度が閾値以上の前記利用者の行動と、前記介入効果分析部により分析された前記介入効果とを対応付けた情報を出力する、
請求項1に記載の行動支援システム。

【請求項3】
前記信頼度算出部は、前記行動情報取得部により取得された前記利用者の行動に関する情報と、前記介入者の行動に関する情報に対する2以上の評価結果の一致率に基づいて、前記信頼度を算出する、
請求項1または2に記載の行動支援システム。

【請求項4】
前記利用者の行動に関する情報または前記介入者の行動に関する情報を記憶部に登録し、登録回数または登録頻度に対応付けられた登録ポイントまたはコンテンツを前記利用者または前記介入者が使用する端末装置の表示部に表示させる登録処理部と、
を更に備える請求項1から3のうち、いずれか1項に記載の行動支援システム。

【請求項5】
前記行動支援部は、前記介入者の介入すべき時間に、前記利用者の行動に介入すべき情報を出力する、
請求項1から4のうち、いずれか1項に記載の行動支援システム。

【請求項6】
前記介入効果分析部は、前記介入者の行動に関する情報と、前記介入効果分析部により分析された前記介入効果とを対応付けて、前記行動支援部に出力させる、
請求項1から5のうち、いずれか1項に記載の行動支援システム。

【請求項7】
前記行動支援部は、前記信頼度算出部により算出された信頼度が、閾値未満の介入者の行動も含めた前記介入効果を出力する場合、前記信頼度が閾値未満である旨を示す情報を出力する、
請求項1から6のうち、いずれか1項に記載の行動支援システム。

【請求項8】
利用者の行動に介入した介入者の行動に関する情報に基づいて、前記介入者の行動に対する信頼度を算出する信頼度算出部と、
利用者の行動と、前記介入者の行動との対応関係に基づき、前記介入者による介入効果を分析する介入効果分析部と、
前記信頼度算出部により算出された信頼度が、閾値以上の前記介入者を抽出し、抽出された介入者の行動と、前記介入効果分析部により分析された前記介入効果とに基づいて、前記介入者が前記利用者の行動に介入すべき情報を出力する行動支援部と、
を備える行動分析装置。

【請求項9】
コンピュータに、
利用者の行動に介入した介入者の行動に関する情報に基づいて、前記介入者の行動に対する信頼度を算出させ、
利用者の行動に関する情報と、前記利用者の行動に介入した介入者の行動に関する情報とを取得させ、
前記介入者の行動に対する信頼度を算出させ、
前記利用者の行動と、前記介入者の行動との対応関係に基づき、前記介入者による介入効果を分析させ、
前記算出された信頼度が、閾値以上の前記介入者を抽出し、抽出された介入者の行動と、前記分析された介入効果とに基づいて、前記介入者が前記利用者の行動に介入すべき情報を出力させる、
行動分析プログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
  • 5L049CC11
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2016158141thum.jpg
出願権利状態 公開
この特許について質問等ある場合は、電子メールによりご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close