Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR INCREASING A CHLOROGENIC ACID CONTENT OF COMPOSITAE PLANT AND COMPOSITAE PLANT

METHOD FOR INCREASING A CHLOROGENIC ACID CONTENT OF COMPOSITAE PLANT AND COMPOSITAE PLANT

Patent code P180014854
File No. S2016-1103-N0
Posted date Apr 18, 2018
Application number P2016-175465
Publication number P2018-038331A
Date of filing Sep 8, 2016
Date of publication of application Mar 15, 2018
Inventor
  • (In Japanese)福田 直也
  • (In Japanese)吉田 英生
  • (In Japanese)下村 未知瑠
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title METHOD FOR INCREASING A CHLOROGENIC ACID CONTENT OF COMPOSITAE PLANT AND COMPOSITAE PLANT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for increasing a chlorogenic acid content of a Compositae plant.
SOLUTION: The present invention provides a method for increasing a chlorogenic acid content of a Compositae plant. The method includes the step of irradiating a seedling of a Compositae plant with light of 400-500 nm in wavelength in a photosynthesis effective photonic flux density of 100-300 μmol m-2 s-1 for 16 hours or longer per day.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

生体内において、呼吸や脂質の過酸化等によって生じた過剰な活性酸索やフリーラジカルが、染色体や細胞の損傷を引き起こし、発癌や老化の原因になることが知られている。また、抗酸化物質には、活性酸素やラジカルを捕捉・除去する働きがあり、その機能性が健康維持への貢献につながることが期待されている。

抗酸化物質の1つであるクロロゲン酸(以下、「CGA」という場合がある。)は、コーヒー等に多く含まれるポリフェノールの一種である。CGAは、動脈硬化性疾患、糖尿病の予防等に効果があるとされており、また高い抗酸化能を持つことが知られている。

1日に約50mgのCGAを摂取するとその効果が得られるとされている。しかしながら、そのためには毎日約3~4杯のコーヒーを飲む必要があり、特に子供や妊婦は継続的な摂取が困難であると考えられる。また、CGAは熱に弱く、すぐにキナ酸とコーヒー酸に分解してしまう。このため、抽出の過程で必ず熱を加える必要があるコーヒーの摂取により、安定してCGAを摂取することは困難である。

CGAは、キク科植物に多く蓄積することが報告されている。発明者らは、以前に、暗期中の連続補光処理や二酸化炭素処理によって、キク科植物であるレタスのCGA含有量が増加することを明らかにした(例えば、非特許文献1を参照。)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、キク科植物のクロロゲン酸含有量を増加させる方法及びキク科植物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
キク科植物の幼植物体に、波長400~500nmの光を光合成有効光量子束密度100~300μmol・m-2・s-1で1日あたり16時間以上照射する工程を備える、前記キク科植物のクロロゲン酸含有量を増加させる方法。

【請求項2】
 
前記工程を2日間以上行う、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
前記工程をCO2濃度1000~2000ppmで行う、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】
 
前記工程を根域制限下で行う、請求項1~3のいずれか一項に記載の方法。

【請求項5】
 
前記キク科植物がレタスである、請求項1~4のいずれか一項に記載の方法。

【請求項6】
 
クロロゲン酸含有量が100mg/100g新鮮重量以上である、キク科植物。

【請求項7】
 
レタスである、請求項6に記載のキク科植物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close