Top > Search of Japanese Patents > MOVEMENT INDUCTION DEVICE AND MOVEMENT INDUCTION PROGRAM

MOVEMENT INDUCTION DEVICE AND MOVEMENT INDUCTION PROGRAM

Patent code P180014856
File No. S2016-1077-N0
Posted date Apr 18, 2018
Application number P2016-247988
Publication number P2018-042974A
Date of filing Dec 21, 2016
Date of publication of application Mar 22, 2018
Priority data
  • P2016-192206 (Sep 9, 2016) JP
Inventor
  • (In Japanese)今 悠気
  • (In Japanese)中村 拓人
  • (In Japanese)梶本 裕之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人電気通信大学
Title MOVEMENT INDUCTION DEVICE AND MOVEMENT INDUCTION PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To readily compress a prescribed point to generate shifting of skin and induce movement of a user.
SOLUTION: A movement induction device 1 includes: a frame 2 disposed so as to enclose a wearing part of a user; and a fluid actuator 31 provided at an inner surface of the frame 2. The fluid actuator 31 expands with fluid filled therein to compress a corresponding part and generates micro-motion in a direction of a surface of user's skin, thereby inducing rotation motion of the wearing part.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、ハンガー反射を利用して、痙性斜頸を解消するための装具が知られている(例えば、特許文献1および2参照)。特許文献1および2に記載の装具は、略楕円形状で弾性を有する。装具の短軸の長さが頭部の左右方向の幅に相当するので、装具を頭部の側頭部に適合して装着すると、装具が側頭部近辺で当接する。この場合、頭部の左右の側頭部から中心方向に、それぞれ一直線上に対向する圧力が作用し、装具は安定した状態で装着可能となる。このような装具を、ずらして装着することにより、頭部の所定箇所を圧迫する圧迫部が形成されて、皮膚の弛みにより当接部分の皮膚のずれが生じ、頭部が回旋する動きを誘発する。

このような動きが誘発されるメカニズムは明らかになっていないが、仮説の一つとして、装着者に、頭部を回旋させようとする外力の知覚(錯覚)を与えることが考えられる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ユーザが装着することでユーザの動きを誘発する動き誘発装置および動き誘発プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ユーザが装着することでユーザの動きを誘発する動き誘発装置であって、
前記ユーザの装着部分を囲繞して配設されるフレームと、
前記フレームの内面に備えられた流体アクチュエータを備え、
前記流体アクチュエータは、流体が充填されることにより膨張し、対応箇所を加圧してユーザの皮膚の表面方向の微動を生じさせ、前記装着部分の回旋運動を誘発する
ことを特徴とする動き誘発装置。

【請求項2】
 
前記フレームは、前記流体アクチュエータの膨張に抗して前記流体アクチュエータを保持することを特徴とする請求項1に記載の動き誘発装置。

【請求項3】
 
前記流体アクチュエータに流体を送出するポンプと、
前記ポンプに、流体を送出する指示を送信する処理装置をさらに備え、
前記ポンプは、前記処理装置の指示に応じて、前記流体アクチュエータに流体を送出する
ことを特徴とする請求項1に記載の動き誘発装置。

【請求項4】
 
前記流体アクチュエータの流体を排出および保持するバルブをさらに備え、
前記処理装置は、前記バルブに、前記流体を排出または保持する指示を送信し、
前記バルブは、前記処理装置の指示に応じて、前記流体アクチュエータの流体を排出または保持する
ことを特徴とする請求項3に記載の動き誘発装置。

【請求項5】
 
複数の前記流体アクチュエータと、前記複数の流体アクチュエータのそれぞれに対応する前記複数のポンプを備えるとともに、
前記処理装置が読み出し可能で、前記ポンプの識別子と、前記ポンプに対応する前記流体アクチュエータが膨張することにより誘発される動きとを対応づけた動きデータを記憶する記憶装置を備え、
前記処理装置は、前記動きデータを参照して、所望の動きに対応するポンプに、流体を送出する指示を送信し、ユーザに前記所望の動きを誘発する
ことを特徴とする請求項3に記載の動き誘発装置。

【請求項6】
 
前記フレームは、前記ユーザの腰部を囲繞して配設され、
前記ユーザの左前に対応する位置に配設される第1流体アクチュエータと、
前記ユーザの右前に対応する位置に配設される第2流体アクチュエータと、
前記ユーザの左後に対応する位置に配設される第3流体アクチュエータと、
前記ユーザの右後に対応する位置に配設される第4流体アクチュエータと、
前記第1ないし第4流体アクチュエータのそれぞれに対応する第1ポンプ、第2ポンプ、第3ポンプおよび第4ポンプを備え、
前記動きデータは、
前記第2ポンプの識別子および第3ポンプの識別子と、左回旋運動を対応づけるデータ、
前記第1ポンプの識別子および第4ポンプの識別子と、右回旋運動を対応づけるデータ、
前記第1ポンプの識別子および第2ポンプの識別子と、前並進運動を対応づけるデータ、
前記第3ポンプの識別子および第4ポンプの識別子と、後並進運動を対応づけるデータ、
前記第1ポンプの識別子および第3ポンプの識別子と、左並進運動を対応づけるデータ、および
前記第2ポンプの識別子および第4ポンプの識別子と、右並進運動を対応づけるデータのうちの少なくとも一つのデータを備える
ことを特徴とする請求項5に記載の動き誘発装置。

【請求項7】
 
ユーザが装着することでユーザの動きを誘発する動き誘発装置に用いられる動き誘発プログラムであって、
前記動き誘発装置は、
前記ユーザの装着部分を囲繞して配設されるフレームと、
前記フレームの内側に配設され、流体が充填されることにより膨張し、対応箇所を加圧してユーザの皮膚の表面方向の微動を生じさせ、前記装着部分の回旋運動を誘発する複数の流体アクチュエータと、
前記複数の流体アクチュエータのそれぞれに対応し、対応する流体アクチュエータに流体を送出する複数のポンプと、
前記ポンプに、流体を送出する指示を送信するコンピュータと、
前記ポンプの識別子と、前記ポンプに対応する前記流体アクチュエータが膨らむことにより誘発される動きとを対応づけた動きデータを記憶し、前記コンピュータが読み出し可能な記憶装置を備え、
前記動き誘発プログラムは、前記コンピュータに、
前記動きデータを参照して、所望の動きに対応するポンプに、流体の指示を送信し、ユーザに前記所望の動きを誘発する手段として機能させる
ことを特徴とする動き誘発プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 4C046AA07
  • 4C046AA25
  • 4C046BB03
  • 4C046DD03
  • 4C046DD38
  • 4C046DD41
  • 4C046EE02
  • 4C046FF13
  • 4C046FF22
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016247988thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close