Top > Search of Japanese Patents > ELECTRONIC MAIL PROCESSING DEVICE AND PROGRAM

ELECTRONIC MAIL PROCESSING DEVICE AND PROGRAM

Patent code P180014860
File No. S2016-0883-N0
Posted date Apr 18, 2018
Application number P2016-132407
Publication number P2018-005603A
Date of filing Jul 4, 2016
Date of publication of application Jan 11, 2018
Inventor
  • (In Japanese)山井 成良
  • (In Japanese)北川 直哉
  • (In Japanese)横木 健太
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title ELECTRONIC MAIL PROCESSING DEVICE AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electronic mail processing device and the like that can carry out inspection processing for mail messages delivered and destined to a user without adding a special function to an electronic mail server or a user terminal.
SOLUTION: An electronic mail processing device transmits and receives information by using an IMAP communication protocol to/from an electronic mail server for providing an electronic mail service to a user terminal. The electronic mail processing device includes: a reading out unit for accessing the electronic mail server and reading out a mail message delivered and destined to a user; an inspection processing unit for inspecting contents of the read-out mail message and carrying out processing to reflect an inspection result in the mail message; and an addition unit for accessing the electronic mail server and adding the processed mail message to the user's mailbox.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、公的機関や金融機関等を装って個人情報や機密情報の搾取を狙う迷惑メール(なりすましメール)による被害が後を絶たず、大きな社会問題となっている。電子メールサービス事業者は、迷惑メールに対抗するために、メール受信時にメッセージの内容を検査し、検査結果に基づいて分類、隔離、削除、転送等の処理を行う製品やプログラム(例えば、特許文献1)を導入している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、電子メール処理装置及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
利用者端末に電子メールサービスを提供するための電子メールサーバと、IMAPの通信プロトコルを用いて情報を送受信する電子メール処理装置であって、
前記電子メールサーバにアクセスし、利用者宛てに届いたメールメッセージを読み出す読み出し部と、
読み出された前記メールメッセージの内容を検査し、検査結果を当該メールメッセージに反映させる処理を行う検査処理部と、
前記電子メールサーバにアクセスし、処理済みの前記メールメッセージを前記利用者のメールボックスに追加する追加部とを含む、電子メール処理装置。

【請求項2】
 
請求項1において、
前記読み出し部は、
前記電子メールサーバにIMAPのIDLEコマンドを送信し、前記電子メールサーバからEXISTS応答を受信した場合に、IMAPのFETCHコマンドを用いて、利用者宛てに届いた前記メールメッセージを読み出す、電子メール処理装置。

【請求項3】
 
請求項1又は2において、
前記追加部は、
IMAPのAPPENDコマンドを用いて、処理済みの前記メールメッセージを前記利用者のメールボックスに追加する、電子メール処理装置。

【請求項4】
 
請求項1乃至3のいずれか1項において、
前記追加部は、
処理済みの前記メールメッセージを前記利用者のメールボックスに追加した場合に、IMAPのSTOREコマンドを用いて、処理前の前記メールメッセージに削除フラグをセットする処理を行う、電子メール処理装置。

【請求項5】
 
利用者端末に電子メールサービスを提供するための電子メールサーバと、IMAPの通信プロトコルを用いて情報を送受信する電子メール処理装置のためのプログラムであって、
前記電子メールサーバにアクセスし、利用者宛てに届いたメールメッセージを読み出す読み出し部と、
読み出された前記メールメッセージの内容を検査し、検査結果を当該メールメッセージに反映させる処理を行う検査処理部と、
前記電子メールサーバにアクセスし、処理済みの前記メールメッセージを前記利用者のメールボックスに追加する追加部としてコンピュータを機能させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016132407thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close