Top > Search of Japanese Patents > BIOLOGICAL FLUID VISCOSITY MEASUREMENT DEVICE

BIOLOGICAL FLUID VISCOSITY MEASUREMENT DEVICE meetings

Patent code P180014870
File No. S2016-0850-N0
Posted date Apr 19, 2018
Application number P2016-159498
Publication number P2018-028451A
Date of filing Aug 16, 2016
Date of publication of application Feb 22, 2018
Inventor
  • (In Japanese)坂本 憲児
  • (In Japanese)小林 孝一朗
  • (In Japanese)大野 宏毅
  • (In Japanese)徳井 教孝
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
  • (In Japanese)学校法人産業医科大学
Title BIOLOGICAL FLUID VISCOSITY MEASUREMENT DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a biological fluid viscosity measurement device which can measure the viscosity of biological fluid while suppressing dependence of measurement accuracy on structure via a single measurement operation.
SOLUTION: A biological fluid viscosity measurement device 10 for measuring the viscosity of a biological fluid F flowing in a flow passage 11 comprises: first conductor parts 12 to 14 which are arranged in the flow passage 11 and connected to an external power supply V; second conductor parts 15 to 18 which are arranged in the flow passage 11 and electrically connected to the first conductor parts 12 to 14 via the biological fluid F in the flow passage 11; and calculation means 44 for calculating the viscosity of the biological fluid F from an interval between timings at which an electrical signal outputted from an output terminal 19 connected to the second conductor parts 15 to 18 rises by a preset value or larger per prescribed time length. There are at least three first and second conductor parts 12 to 18 in total, and they are arranged at different positions in the flow passage 11 along a flow of the biological fluid F.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

体液の粘性を計測することは、健康状態を知る上で有効である。例えば、人の場合、脱水状態になっていたり、心筋梗塞や脳梗塞等を患っていたりすると、血液の粘性が上昇することが確認されている。また、血液粘度が上昇すると糖尿病発症のリスクが大きくなることが知られている。
体液の粘性の計測には様々な方法があり、その具体例が例えば特許文献1に記載されている。特許文献1には、基準粘度を有する基準流体と粘度を測定しようとする測定対象流体とを管の両側からそれぞれ注入し、管に一定間隔で連結された複数のカウンティングチャンネルのうち、測定対象流体が流れ込んだ数によって、測定対象流体の粘性を計測する方法が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、体液の粘性を計測する体液粘性測定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
流路を流れる体液の粘性を計測する体液粘性測定装置であって、
前記流路に設けられ、外部の電源に接続される第1の導電部と、
前記流路に設けられ、該流路内の前記体液を介して前記第1の導電部に電気的に接続される第2の導電部と、
前記第2の導電部に接続された出力端子から出力される電気信号が所定の時間長当たりに予め定められた値以上上昇するタイミングの間隔から前記体液の粘性を算出する演算手段とを備え、
前記第1、第2の導電部は、合わせて少なくとも3つあって、それぞれ前記体液の流れに沿って前記流路の異なる位置に配されていることを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項2】
 
請求項1記載の体液粘性測定装置において、前記演算手段は、更に前記出力端子から出力される電気信号の大きさから前記体液の電気伝導性及び粘性を算出することを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の体液粘性測定装置において、前記第1、第2の導電部は、前記体液の流れに沿って交互に配置されていることを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載の体液粘性測定装置において、前記第1、第2の導電部の配置ピッチは一定であることを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか1項に記載の体液粘性測定装置において、前記流路の幅は、前記体液が毛細管現象によって流れる大きさであることを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれか1項に記載の体液粘性測定装置において、前記第2の導電部は複数あって、該複数の第2の導電部は一つの前記出力端子に接続されることを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項7】
 
請求項1~5のいずれか1項に記載の体液粘性測定装置において、前記第2の導電部は複数あって、該複数の第2の導電部はその電気的状態がそれぞれ独立に監視され、各該第2の導電部に前記体液が接触した瞬間の時刻が記録されることを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項8】
 
請求項1~7のいずれか1項に記載の体液粘性測定装置において、前記流路の前記第1、第2の導電部の配置領域の下流側で、前記体液に試薬液を合流させて、該体液及び該試薬液の混合液の粘性を所定の値に調整する液供給機構と、前記混合液の電気伝導率及び電解質濃度を計測する濃度導出手段とを更に備えることを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項9】
 
請求項8記載の体液粘性測定装置において、前記演算手段は、前記濃度導出手段が計測した前記混合液の電解質濃度を用いて前記体液の粘性を算出することを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項10】
 
請求項1~9のいずれか1項に記載の体液粘性測定装置において、それぞれ、前記流路、合わせて少なくとも3つの前記第1、第2の導電部及び前記出力端子を有する電極ユニットP、Qが設けられ、該電極ユニットPの該流路の出側は、該電極ユニットQの該流路の入り側に、前記体液から特定の物質を取り除くトラップを介して接続され、前記演算手段は、前記電極ユニットP、Qを流れる前記体液の粘性をそれぞれ算出することを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項11】
 
請求項1~9のいずれか1項に記載の体液粘性測定装置において、前記流路及び合わせて少なくとも3つの前記第1、第2の導電部を有するチップと、前記チップが装着される被装着体とが設けられ、前記被装着体には、装着された前記チップの前記第1の導電部を前記電源に接続する第1の回路と、装着された該チップの前記第2の導電部を前記出力端子に接続する第2の回路とが設けられていることを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項12】
 
請求項1~9のいずれか1項に記載の体液粘性測定装置において、前記流路、合わせて少なくとも3つの前記第1、第2の導電部及び前記出力端子を有する電極ユニットRと、前記電極ユニットRと同じ構造の電極ユニットSとが設けられ、前記演算手段は、粘性が判明している標準サンプル液を前記電極ユニットSの流路に流して算出した前記標準サンプル液の粘性を基に、前記体液を前記電極ユニットRの前記流路に流して算出した前記体液の粘性を補正することを特徴とする体液粘性測定装置。

【請求項13】
 
請求項1~9のいずれか1項に記載の体液粘性測定装置において、前記流路、合わせて少なくとも3つの前記第1、第2の導電部及び前記出力端子を有する電極ユニットR’と、前記電極ユニットR’と同じ構造の電極ユニットS’と、前記電極ユニットS’の流路に、前記体液の粘性を変化させる粘性調整液を供給する液供給手段とが設けられ、前記演算手段は、前記電極ユニットR’の流路を流れる前記体液の粘性及び前記電極ユニットS’の流路を流れる前記粘性調整液及び前記体液の混合液の粘性をそれぞれ算出することを特徴とする体液粘性測定装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016159498thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close