TOP > 国内特許検索 > 質問回答システム及び質問回答管理装置

質問回答システム及び質問回答管理装置 UPDATE コモンズ

国内特許コード P180014875
整理番号 P2016-170551
掲載日 2018年4月23日
出願番号 特願2016-170551
公開番号 特開2018-036932
出願日 平成28年9月1日(2016.9.1)
公開日 平成30年3月8日(2018.3.8)
発明者
  • 張 善俊
出願人
  • 学校法人神奈川大学
発明の名称 質問回答システム及び質問回答管理装置 UPDATE コモンズ
発明の概要 【課題】適切な質問を出す機会を不当に制限することなく、不適切な質問を減らすことが可能な質問回答システム及び質問回答装置を提供する。
【解決手段】質問者端末1と回答者端末2と質問回答管理装置3とが通信ネットワークを介して接続された質問回答システムにおいて、質問回答管理装置は、質問者端末ごとの質問回数残量情報(ポイント)を記憶する記憶手段34と、質問者端末からの質問情報を通信ネットワークを介して受け付けるたびに、質問者端末に対応する質問回数残量情報が示す質問回数残量を所定量分だけ減らす質問回数残量減少処理を実行する処理実行手段31とを有し、前記処理実行手段は、質問者端末の質問回数残量情報が示す質問回数残量の不足により質問回数残量減少処理を実行できないときは、質問者端末からの質問情報に対する前記回答者端末からの回答情報の該質問者端末への提供を制限する処理を実行する。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


この種の質問回答システムとしては、例えば特許文献1に開示のeラーニングシステムが知られている。このeラーニングシステムでは、生徒の端末画面上にサーバから提供される教材が表示される。教材の任意の文字列に関連した質問をしたい場合、生徒は、画面に表示されている教材の中の質問をしたい箇所に対してマウス等の入力装置を用いて範囲選択を行い、ボタンを押下する。その後、質問と回答の入力欄に生徒が質問内容を入力して送信ボタンを押すと、質問をしたい箇所や質問内容がサーバへ送信される。一方、先生の端末画面上には、その先生を宛先とする質問の見出し情報の一覧がサーバから提供されて表示される。先生が見出し情報の一覧の中からいずれかの質問を選択操作すると、その質問に対応する生徒の範囲選択した教材の該当箇所が着色される。先生がその該当箇所を選択操作すると、先生の端末画面上には、対応する質問内容が入力された入力欄が表示される。その入力欄に先生が回答を入力して送信ボタンを押すと、その回答内容等がサーバへ送信される。このようにサーバへ送信された回答内容は、生徒の端末画面に表示される。

産業上の利用分野


本発明は、質問者端末からの質問情報に対する回答者端末からの回答情報を当該質問者端末へ提供する質問回答システム及び質問回答管理装置に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
質問者端末と回答者端末と質問回答管理装置とが通信ネットワークを介して接続され、該質問者端末からの質問情報に対する該回答者端末からの回答情報を該質問者端末へ提供する質問回答システムにおいて、
前記質問回答管理装置は、
前記質問者端末ごとの質問回数残量情報を記憶する質問回数残量情報記憶手段と、
前記質問者端末からの質問情報を前記通信ネットワークを介して受け付けるたびに、該質問者端末に対応する質問回数残量情報が示す質問回数残量を所定量分だけ減らす質問回数残量減少処理を実行する処理実行手段とを有し、
前記処理実行手段は、前記質問者端末の質問回数残量情報が示す質問回数残量の不足により前記質問回数残量減少処理を実行できないときは、該質問者端末からの質問情報に対する前記回答者端末からの回答情報の該質問者端末への提供を制限する処理を実行することを特徴とする質問回答システム。

【請求項2】
請求項1に記載の質問回答システムにおいて、
前記回答者端末ごとの評価獲得量情報を記憶する評価獲得量情報記憶手段を有し、
前記処理実行手段は、前記回答者端末からの回答情報を前記通信ネットワークを介して受け付け、かつ、前記質問者端末からの該回答情報に対する所定の良回答条件を満たす評価情報を前記通信ネットワークを介して受け付けることを条件に、該回答者端末に対応する評価獲得量情報が示す評価獲得量を、前記質問回数残量減少処理で減らした分よりも少ない量分だけ増やす評価獲得量情報増加処理を実行することを特徴とする質問回答システム。

【請求項3】
請求項1又は2に記載の質問回答システムにおいて、
前記質問者端末は、撮像手段と、該撮像手段で撮像した質問画像を前記質問情報として前記通信ネットワークを介して前記質問回答管理装置へ送信する送信手段とを有することを特徴とする質問回答システム。

【請求項4】
請求項1乃至3のいずれか1項に記載の質問回答システムにおいて、
前記回答者端末は、撮像手段と、該撮像手段で撮像した回答画像を前記回答情報として前記通信ネットワークを介して前記質問回答管理装置へ送信する送信手段とを有することを特徴とする質問回答システム。

【請求項5】
請求項3又は4に記載の質問回答システムにおいて、
前記質問者端末又は前記回答者端末は、質問者又は回答者の指が離間する操作のみで、前記撮像手段のレリーズ動作から前記送信手段の送信動作までの一連の動作を実行することを特徴とする質問回答システム。

【請求項6】
請求項1乃至5のいずれか1項に記載の質問回答システムにおいて、
前記質問回答管理装置は、
受け付けた質問情報を所定の分類基準に従って、回答者が割り当てられた複数のグループに分類するとともに、各質問情報を当該質問情報が分類されたグループに割り当てられている回答者の回答者端末に対して提供する質問情報提供手段を有することを特徴とする質問回答システム。

【請求項7】
質問者端末及び回答者端末と通信ネットワークを介して接続され、該質問者端末からの質問情報に対する該回答者端末からの回答情報を該質問者端末へ提供する質問回答管理装置において、
前記質問者端末ごとの質問回数残量情報を記憶する質問回数残量情報記憶手段と、
前記質問者端末からの質問情報を前記通信ネットワークを介して受け付けるたびに、該質問者端末に対応する質問回数残量情報が示す質問回数残量を所定量分だけ減らす質問回数残量減少処理を実行する処理実行手段とを有し、
前記処理実行手段は、前記質問者端末の質問回数残量情報が示す質問回数残量の不足により前記質問回数残量減少処理を実行できないときは、該質問者端末からの質問情報に対する前記回答者端末からの回答情報の該質問者端末への提供を制限する処理を実行することを特徴とする質問回答管理装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
  • 5L049CC34
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2016170551thum.jpg
出願権利状態 公開
本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close