Top > Search of Japanese Patents > SOUND OUTPUT DEVICE AND PORTABLE DEVICE

SOUND OUTPUT DEVICE AND PORTABLE DEVICE commons

Patent code P180014876
File No. P2016-198133
Posted date Apr 23, 2018
Application number P2016-198133
Publication number P2018-060403A
Date of filing Oct 6, 2016
Date of publication of application Apr 12, 2018
Inventor
  • (In Japanese)松本 光広
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title SOUND OUTPUT DEVICE AND PORTABLE DEVICE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable a user who wears a sound output unit on his/her ear to waken to a person or an object approaching the user even when the user is listening to sounds such as music and sound through the sound output unit.
SOLUTION: In a sound output device for outputting sounds from earphones 125L and 125R to be worn on an ear of a user P, notification is made by an ultrasonic sensor 122 for detecting an object to be detected present around the user, and a predetermined notifying method such as muting a volume of the sound output from the earphones, when sound is being output from the earphones, if such a situation that the object to be detected is present within a predetermined range around the user is detected by the ultrasonic sensor.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、自動車などの移動体が接近したことを歩行者に報知する装置が知られている。例えば、特許文献1には、接近する自動車から発信される同報信号を受信することで自動車の接近を検出し、警報音や音声をスピーカから出力して、歩行者に自動車の接近を報知する携帯端末が開示されている。また、特許文献2には、使用者の頭部に装着されるヘッドホン型の警報装置が開示されている。この警報装置には、使用者の周囲に存在する自動車などの移動体を検知するマイクロ波やミリ波を利用したレーダーが備わっており、レーザーにより移動体の接近を検知したら、使用者の耳に装着されたスピーカ部から警報音が発せられる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、音出力装置及びこれを備えた携帯装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
使用者の耳に装着される音出力部から音を出力する音出力装置において、
使用者周囲に存在する被検知対象物を検知する検知手段と、
前記音出力部から前記音が出力されているときに、使用者周囲の所定範囲内に被検知対象物が存在することが前記検知手段により検知された場合、所定の報知方法によって報知する報知手段とを有することを特徴とする音出力装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の音出力装置において、
前記報知方法は、前記音出力部を通じて使用者の聴覚に訴える報知方法を含むことを特徴とする音出力装置。

【請求項3】
 
請求項2に記載の音出力装置において、
前記音出力部は、使用者の各耳に装着される2つの音出力部からなり、
前記報知手段は、前記2つの音出力部を通じた報知内容が該2つの音出力部間で互いに異なることを特徴とする音出力装置。

【請求項4】
 
請求項2又は3に記載の音出力装置において、
前記報知方法は、前記音出力部から出力される音の音量を変更する方法を含むことを特徴とする音出力装置。

【請求項5】
 
請求項4に記載の音出力装置において、
前記方法は、前記音出力部から出力される音の音量を小さくする又はゼロにするものであることを特徴とする音出力装置。

【請求項6】
 
請求項1乃至5のいずれか1項に記載の音出力装置において、
前記音出力部を振動させる振動手段を有し、
前記報知方法は、前記振動手段により前記音出力部を振動させる報知方法を含むことを特徴とする音出力装置。

【請求項7】
 
使用者の耳に装着される音出力部から音を出力する音出力装置と、
前記音を生成するための音情報を出力する音情報出力手段とを備えた携帯装置において、
前記音出力装置として、請求項1乃至6のいずれか1項に記載の音出力装置を用いたことを特徴とする携帯装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016198133thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close