Top > Search of Japanese Patents > DETECTOR AND DETECTION METHOD

DETECTOR AND DETECTION METHOD meetings

Patent code P180014882
File No. KP16-1005
Posted date Apr 23, 2018
Application number P2016-155981
Publication number P2017-026621A
Date of filing Jul 21, 2016
Date of publication of application Feb 2, 2017
Priority data
  • P2015-157674 (Jul 22, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)小山 由利子
  • (In Japanese)神谷 厚輝
  • (In Japanese)大崎 寿久
  • (In Japanese)竹内 昌治
Applicant
  • (In Japanese)地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所
Title DETECTOR AND DETECTION METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a simple detector capable of detecting a subject material in a small amount of a sample.
SOLUTION: A detector for capturing a subject material in a sample at a prescribed position for detecting the same, comprises a detection tank for storing a liquid which may serve as a moving phase. The detection tank comprises in this order, a storage part which can store a liquid, a put-in part in which the sample is put, a detection part for detecting the subject material, and a liquid absorption part which can store a liquid absorption material for moving the liquid from the put-in part side to the detection part side, and a development member which can move the liquid and the sample therein while holding the same, is arranged so as to contact both of the storage part and the liquid absorption part. A channel disposed on the development member is configured so that a width or a cross section is reduced as going from a direction of a position 15 to a direction of a position 17 on any position in a region from the position 15 corresponding to the put-in part to the position 17 corresponding to the detection part, and the position 17 has a gap part where the development member does not exist.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

検体中の被験物質の検出方法は様々なものがあり、その内、液体と検体を移動させ検出部において検体中の被験物質を特異的に検出する方法が知られている。このような検出方法の代表的なものがクロマトグラフィー法である。クロマトグラフィー法とは、固定相の一端に置いた検体を適当な移動相(液体)で移動させ、検体中の各成分の吸着性や分配係数の差に基づく移動速度の差を利用してこれを相互分離する検査・検出技術である。
特許文献1には、液体と検体を移動させる手段がポンプによる液体の送液である高速液体クロマトグラフィー装置が記載されている。
特に生体検体中の被験物質を検出する場合には、免疫クロマトグラフィー法が用いられてきた(例えば特許文献2及び3)。特許文献2及び3に記載されているような従来の免疫クロマトグラフィー法においては、固定相であるメンブレンの毛細管現象を利用して液体と検体を移動させる。また、特許文献2及び3には、毛細管現象によってメンブレンの端部まで液が移動した後に、吸水パッドによって液を吸収し、液の逆流を抑えることが記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は検体中の被験物質を検出する検出装置及び検出方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
検体中の被験物質を所定位置で捕捉することにより検出する検出装置であって、
移動相となりうる液体を収容する検出槽を備え、
前記検出槽内には、前記液体を貯留させることができる貯留部と、検体を投入する投入部と、前記被験物質を検出する検出部と、前記液体を前記投入部側から前記検出部側へ移動させる吸液材を収容することができる吸液部と、がこの順に配設され、さらに前記液体と前記検体を内部に保持しながら移動させることができる展開部材が前記貯留部と前記吸液部とに渡って双方に接するように配設されており、
前記展開部材には前記液体を移動させることができる流路が設けられ、該流路は、前記投入部に対応する第1の位置から前記検出部に対応する第2の位置に至るまでの領域内の何れかにおいて、前記第1の位置から前記第2の位置の方向へ進むにつれて幅又は断面積が減少するような構成をとり、前記第2の位置において前記展開部材を備えない間隙部が設けられている、
ことを特徴とする検出装置。

【請求項2】
 
前記吸液部は、吸液材と、該吸液材を前記液体と非接触状態で収納する収納部と、前記吸液材を前記液体に接触させる操作部とを有する、ことを特徴とする、請求項1に記載の検出装置。

【請求項3】
 
前記検出槽はその上面を覆う天板部を備え、
前記投入部は前記天板部に設けられた投入口であることを特徴とする、請求項1又は2に記載の検出装置。

【請求項4】
 
前記展開部材が前記液体で湿潤していることを特徴とする、請求項1~3の何れか1つに記載の検出装置。

【請求項5】
 
前記展開部材は少なくとも2以上の流路に分岐し、前記流路は再び合流する構成をとることを特徴とする、請求項1~4の何れか1つに記載の検出装置。

【請求項6】
 
前記被験物質に特異的に結合する第1の特異的結合物質を備え、
該第1の特異的結合物質が前記検出部の所定の位置に固定されていることにより、前記検体中の前記被験物質を所定位置で捕捉することができるように構成されていることを特徴とする、請求項1~5の何れか1つに記載の検出装置。

【請求項7】
 
前記被験物質又は前記被験物質と前記第1の特異的結合物質との複合体に特異的に結合する第2の特異的結合物質を備え、前記被験物質、前記第1の特異的結合物質及び前記第2の特異的結合物質で複合体を形成できるように構成されていることを特徴とする、請求項6に記載の検出装置。

【請求項8】
 
前記吸液材が吸水性高分子であることを特徴とする、請求項1~7の何れか1つに記載の検出装置。

【請求項9】
 
請求項1~8の何れか1つに記載の検出装置を用いて、吸液材の吸液力によって液体と検体を移動させ、前記検体中の被験物質を所定位置で捕捉する工程を含む被験物質の検出方法。

【請求項10】
 
請求項9に記載の検出方法において、前記吸液材及び/又は前記液体の質量を調節することで、前記液体の移動速度を調節する方法。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016155981thum.jpg
State of application right Published
Reference ( R and D project ) KISTEC Artificial Cell Membrane Research Group


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close