Top > Search of Japanese Patents > DEODORANT HAVING INDICATOR FUNCTION

DEODORANT HAVING INDICATOR FUNCTION meetings

Patent code P180014884
File No. S-1
Posted date Apr 24, 2018
Application number P2009-211174
Publication number P2011-056144A
Patent number P5234468
Date of filing Sep 14, 2009
Date of publication of application Mar 24, 2011
Date of registration Apr 5, 2013
Inventor
  • (In Japanese)伊藤 彰
  • (In Japanese)櫻川 智史
  • (In Japanese)山下 里恵
Applicant
  • (In Japanese)静岡県
Title DEODORANT HAVING INDICATOR FUNCTION meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a deodorant having an indicator function, capable of recognizing presence/absence of the degree of removal of amine-based odorous gas and sulfur-based odorous gas, and a residual deodorizing function, so as to be replaced at the right time.
SOLUTION: The deodorant having the indicator function contains at least one pigment selected from an anthocyanidin-based pigment, a chalcone-based pigment, an anthraquinone-based pigment, a carotenoid-based pigment, a porphyrin-based pigment, a curcuma pigment, a tamarind pigment, a beet-red pigment, a gardenia-blue pigment and a monascus-red pigment, as an active element.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、トリメチルアミン等のアミン系悪臭ガスやメチルメルカプタン等の硫黄系悪臭ガスを除去する色素系消臭剤として、例えば、特許文献1に示したように、黄色4号(タートラジン)、青色1号(ブリリアントブル-FCF)、黄色203号(キノリンイエローWS)などが知られている。

これらの色素系消臭剤は、化粧品、医薬品、食品などに配合され、消臭効果を発揮すると共に、黄色、赤色、青色等、種々の色彩を付与するもので、用途に応じて一種または二種以上の色素を混合して用いられ、製品に彩りを添えている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、天然由来の色素を含有するインジケータ機能を有する消臭剤に係り、特に、硫化水素、メチルメルカプタン等の硫黄系悪臭ガスや、アンモニア、トリメチルアミン等のアミン系悪臭ガスを除去し、その除去の度合いに応じた色素の色彩変化により、消臭剤の取り替え時を確実に判断することができるものに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アントシアニジン系色素、カルコン系色素、アントラキノン系色素、カロテノイド系色素、ポルフィリン系色素、ウコン色素、タマリンド色素、ビートレッド色素、クチナシ青色素およびベニコウジ赤色素の中から選ばれた少なくとも1種の色素を有効成分として含有することを特徴とするインジケータ機能を有する消臭剤。

【請求項2】
 
アントシアニジン系色素は、ブドウ果皮色素、赤ダイコン色素、赤キャベツ色素、エルダーベリー色素、紫イモ色素、紫トウモロコシ色素およびシソ色素の中から選ばれた少なくとも1種の色素であり、
カルコン系色素は、ベニバナ黄色素であり、
アントラキノン系色素は、コチニール色素およびラック色素の中から選ばれた少なくとも1種の色素であり、
カロテノイド系色素は、アナトー色素およびクチナシ黄色素の中から選ばれた少なくとも1種の色素であり、
ポルフィリン系色素は、スピルリナ色素およびクロロフィルの中から選ばれた少なくとも1種の色素であることを特徴とする請求項1記載のインジケータ機能を有する消臭剤。

【請求項3】
 
さらに、無臭または微香性の酸を含有することを特徴とする請求項1または2記載のインジケータ機能を有する消臭剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close