Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)高蛍光量子収率型疎水性蛍光プローブ、それを用いる生体高分子検出法ならびに生体高分子間相互作用検出法

(In Japanese)高蛍光量子収率型疎水性蛍光プローブ、それを用いる生体高分子検出法ならびに生体高分子間相互作用検出法

Patent code P180014889
File No. H16-06JP
Posted date Apr 26, 2018
Application number P2006-544825
Patent number P4929461
Date of filing Oct 24, 2005
Date of registration Feb 24, 2012
International application number JP2005019514
International publication number WO2006054426
Date of international filing Oct 24, 2005
Date of international publication May 26, 2006
Priority data
  • P2004-315018 (Oct 29, 2004) JP
  • P2005-118313 (Apr 15, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)井上 将彦
  • (In Japanese)藤本 和久
  • (In Japanese)清水 久夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title (In Japanese)高蛍光量子収率型疎水性蛍光プローブ、それを用いる生体高分子検出法ならびに生体高分子間相互作用検出法
Abstract (In Japanese)
【課題】
 
in vivoにおいて高感度検出ができる高蛍光量子収率型疎水性蛍光プローブ分子、その高蛍光量子収率型疎水性蛍光プローブ分子を用いた生体高分子検出法及び生体高分子間相互作用検出法を提供することを目的とする。
【解決手段】
 
ピレン骨格の1位にマレイドイミド基で置換されたアリールエチニル基を導入した蛍光プローブに代表されるエキシマー形成可能な蛍光性有機基に置換基を有するアリールエチニル基を導入した蛍光プローブ。この蛍光プローブ分子で被検生体高分子をラベル化することで可能となる生体高分子検出法ならびに生体高分子間相互作用検出法。
【選択図】
 
図7
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

一般的な疎水性蛍光プローブ分子は、既存の蛍光性有機基にラベル化するための有機置換基を導入したものである。代表的な蛍光性有機基であるピレンは、モノマー発光だけでなくエキシマー発光も有するという特徴から、生体分子に対する疎水性蛍光プローブ分子として、広く応用されている[非特許文献2]。
また、フェニルエチニルピレン及びフェニルエチニルアントラセンで修飾したDNAが合成されている[非特許文献3]。該文献においては、DNAにヨウ化フェニル基を導入し、これにエチニルピレン、エチニルアントラセンを導入する手法をとっており、汎用性のラベル化試薬の開発を意図していない。

一方、本発明者は[非特許文献1]において、ピレン骨格にエチニル基を導入することで、その吸収波長や蛍光波長が長波長側へとシフトすることを認識した。この知見を元に、生体高分子の広範なラベル化試薬の開発を目指したものである。

【非特許文献1】
J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 1452-1458
【非特許文献2】
J. Biol. Chem. 1973, 248, 3173-3177
【非特許文献3】
Tetrahedron 2004, 60, 4617-4626

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、高蛍光量子収率型疎水性蛍光プローブ分子の開発ならびに、該蛍光プローブ分子を用いる生体高分子検出法ならびに生体高分子間相互作用検出法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記化学式にて表記される蛍光プローブ分子。
(式省略)
ただしR12は下記化学式(1)又は(2)である。
(式省略)
[化学式(1),(2)中、mは0または1~5の整数であり、nは1~5の整数である。]

【請求項2】
 
下記化学式にて表記される蛍光プローブ分子。
(式省略)
ただしR2は下記化学式(5)である。
(式省略)
[化学式(5)中、rは6~10の整数である。]

【請求項3】
 
下記化学式にて表記される蛍光プローブ分子。
(式省略)
ただしR12は下記化学式(1)又は(2)である。
(式省略)
[化学式(1),(2)中、mは0または1~5の整数であり、nは1~5の整数である。]
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close