Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND APPARATUS FOR PRECISELY DETERMINING LIFE/DEATH ACTIVITY OF NON SPHERE CELL

METHOD AND APPARATUS FOR PRECISELY DETERMINING LIFE/DEATH ACTIVITY OF NON SPHERE CELL meetings

Patent code P180014894
File No. H25-G15
Posted date Apr 26, 2018
Application number P2014-028602
Publication number P2015-149960A
Patent number P6353239
Date of filing Feb 18, 2014
Date of publication of application Aug 24, 2015
Date of registration Jun 15, 2018
Inventor
  • (In Japanese)須加 実
  • (In Japanese)篠原 寛明
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title METHOD AND APPARATUS FOR PRECISELY DETERMINING LIFE/DEATH ACTIVITY OF NON SPHERE CELL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and an apparatus for determining the life/death activity of a non-sphere cell which determine the life/death of a plurality of individual cells simultaneously without damaging the cell.
SOLUTION: The invention provides a method for determining the life/death activity of a non-sphere cell comprising, in order, the steps of: enclosing a non-sphere cell suspension 22 into a cell 2 comprising a transparent electrode 21a and 21b in which a bottom face is opposed to an upper face, the cell where at least a liquid contacting face of the bottom face is coated with a transparent insulating thin film 20; measuring a light transmittance T0 in the state where a frequency is not applied; applying the frequency which erects all the cells 23 and 24 to the pair of transparent electrodes to measure a light transmittance T1; applying the frequency which selectively overturns a dead cell 23 to the pair of transparent electrodes to measure a light transmittance T2; and calculating the upright ratio of living cells from the value of the light transmittance. The invention also provides a life/death activity determination apparatus 1 for performing the method.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


微生物細胞を含む非球体細胞の生死状態の把握は、食品製造から医薬品製造の発酵プロセスまで非常に重要である。一般的に用いられている精度が高い測定方法は染色法やコロニー計数法であるが、染色法は色素による生細胞への損傷があり、またコロニー計数法では生育するまで長い時間を必要とする。



本発明者らによる非球体細胞の生死活性判定方法が知られている(特許文献1)。かかる方法は、底面と上面とが対向する透明電極で構成されたセル中の非球体細胞懸濁液に、初期周波数を印加する工程と、周波数を、判定周波数まで上昇させる工程と、前記判定周波数における非球体細胞の生死を判定する工程とを含む。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、非球体細胞の高精度生死活性判定方法及び判定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
底面と上面とが対向する透明電極で構成されたセルであって、少なくとも底面を構成する透明電極の液体接触面が、透明な絶縁性薄膜で被覆されているセル中に非球体細胞懸濁液を封入する工程と、
周波数を印加しない状態の光透過率T0を測定する工程と、
前記一対の透明電極に、全細胞を直立させる周波数を印加し、光透過率T1を測定する工程と、
前記一対の透明電極に、死細胞を選択的に転倒させる周波数を印加し、光透過率T2を測定する工程と、
前記光透過率の値から、前記非球体細胞懸濁液中細胞生存割合S(%)を算出する工程であって、
S=(T2-T0)/(T1-T0)×100
に基づいて算出する工程
を順に含む、非球体細胞の生死活性判定方法。

【請求項2】
 
前記非球体細胞が、酵母細胞であり、
前記全細胞を直立させる周波数が100kHz~4MHzであり、
前記死細胞を選択的に転倒させる周波数が5~20MHzである、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
 
前記光透過率T1を測定する工程と、前記光透過率T2を測定する工程において、前記周波数印加時の電圧が、いずれも電極間20μmあたり0.5~2.0Vである、請求項1または2に記載の方法。

【請求項4】
 
底面と上面とが対向する透明電極で構成されたセルであって、少なくとも前記底面を構成する透明電極の液体接触面が、透明な絶縁性薄膜で被覆されているセル中に非球体細胞懸濁液を封入する工程と、
前記透明電極に、生細胞を選択的に直立させる2~20MHzの周波数を印加する工程と、
印加後に、前記底面若しくは上面から、セル内の非球体細胞の静止画像を取得する工程と
を含む、1段階の交流印加による、静止画像上での非球体細胞の生死活性判定方法。

【請求項5】
 
前記周波数を印加する工程において、電極間100μmあたり1.0~4.0Vの電圧を印加する、請求項4に記載の方法。

【請求項6】
 
前記周波数の印加後、静止画像を取得するまでの時間が、20秒以内である、請求項4または5に記載の方法。

【請求項7】
 
底面と上面とが対向する透明電極で構成されたセルであって、前記底面を構成する透明電極及び上面を構成する透明電極の液体接触面が、透明な絶縁性薄膜で被覆されているセル中に非球体微小細胞懸濁液を封入する工程と、
前記透明電極に、生細胞を選択的に直立させる6~20MHzの周波数を印加する工程と、
印加後に、底面若しくは上面から、セル内の非球体微小細胞の静止画像を取得する工程と
を含む、1段階の交流印加による、静止画像上での非球体微小細胞の生死活性判定方法。

【請求項8】
 
前記周波数を印加する工程において、電極間10μmあたり、1.0~4.0Vの電圧を印加する、請求項7に記載の方法。

【請求項9】
 
前記周波数の印加後、静止画像を取得するまでの時間が、5秒以内である、請求項7または8に記載の方法。

【請求項10】
 
底面と上面とが対向する透明電極で構成され、少なくとも前記底面を構成する透明電極の液体接触面が、50nm~10μmの透明な絶縁性薄膜で被覆されている、セルと、
前記透明電極に所定範囲の周波数を印加する交流発振器と、
光源と、分光器とを含む光透過率測定装置であって、前記セル中の非球体細胞懸濁液の光透過率を測定するための光透過率測定装置と
を備える非球体細胞の生死活性判定装置。

【請求項11】
 
底面と上面とが対向する透明電極で構成され、前記底面を構成する透明電極の液体接触面が50nm~10μmの透明な絶縁性薄膜で被覆されているか、あるいは、前記底面を構成する透明電極と上面を構成する透明電極との両方の液体接触面が50nm~10μmの透明な絶縁性薄膜で被覆されている、セルと、
前記透明電極に所定範囲の周波数を印加する交流発振器と、
前記セル中の非球体細胞の静止画像を取得する観察装置と
を備える非球体細胞の生死活性判定装置。

【請求項12】
 
前記透明な絶縁性薄膜が、100nm~2μmの酸化アルミ薄膜又はシリコーン樹脂被膜である、請求項10または11に記載の装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014028602thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close