Top > Search of Japanese Patents > BIO-CONJUGATE DEVICE

BIO-CONJUGATE DEVICE

Patent code P180014898
File No. H25-S06dp
Posted date Apr 26, 2018
Application number P2014-133697
Publication number P2015-027448A
Patent number P6327622
Date of filing Jun 30, 2014
Date of publication of application Feb 12, 2015
Date of registration Apr 27, 2018
Priority data
  • P2013-136802 (Jun 28, 2013) JP
Inventor
  • (In Japanese)岡部 素典
  • (In Japanese)二階堂 敏雄
  • (In Japanese)吉田 淑子
  • (In Japanese)小池 千加
  • (In Japanese)葭田 隆治
  • (In Japanese)古米 保
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
  • (In Japanese)サクラ精機株式会社
Title BIO-CONJUGATE DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a bio-conjugate device with a base of amnion, having improved strength.
SOLUTION: The bio-conjugate device includes a laminate of amnion and silk fiber of unrefined raw silk subjected to semi-melting treatment, with use of solubilized fibroin.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

羊膜はコラーゲンと弾性繊維で構成された強靱な生体膜であり、抗炎症作用や上皮化促進効果があることから、創傷治療等に利用されている。
本出願人の発明者でもある二階堂敏雄らのグループは、これまでに羊膜の長期保存が可能な羊膜の乾燥処理方法(特許文献1)及び乾燥羊膜の医療材料への適用(特許文献2)等を提案している。
しかしながら、眼科領域で角膜穿孔時にパッチとして使用する際にコラゲナーゼ等による患部から脱落する心配があり、緑内障でのプレプ形成時における羊膜の強度増強が望まれる。
また、脳外科領域で広範囲に脳硬膜パッチとして使用する場合や、耳鼻科領域で鼓膜の破損時にパッチとして使用する場合等においても羊膜の強度向上が望まれていた。
一方、絹は、医用材料として古くから外科手術用縫合糸に用いられている。
近年、生体組織を再生する際の足場等に絹や絹タンパクを利用しようとする試みがなされている。
例えば、絹を精練してセリシンなどを除去し、埋植用の組織支持補綴用具の形成に使用するもの(特許文献3)、絹タンパクとコラーゲンとの複合体を得るもの(特許文献4)、塩縮処理した絹とキトサンとの複合体を得るもの(特許文献5)などがある。
そこで、本発明者らは、羊膜と絹繊維との結合を試みたところ、単に積層しただけでは相互に解離し、充分な性能が得られなかった。
その後にさらなる改良を重ねることによって本発明に至ったものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、バイオコンジュゲートデバイスとして利用される医用材料に関し、特に羊膜と絹繊維とを組み合せたバイオコンジュゲートデバイスに係る。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
可溶化したフィブロインを用いて、羊膜と、半溶解処理した精練されていない生糸の絹繊維とを積層したことを特徴とするバイオコンジュゲートデバイス。

【請求項2】
 
前記絹繊維は生糸の絹織物であることを特徴とする請求項1記載のバイオコンジュゲートデバイス。

【請求項3】
 
前記生糸の絹織物は平織物であることを特徴とする請求項2記載のバイオコンジュゲートデバイス。

【請求項4】
 
前記絹繊維の半溶解処理は、カルシウム塩の溶液を用いたものであることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載のバイオコンジュゲートデバイス。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014133697thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close