Top > Search of Japanese Patents > CHIMERIC PROTEIN AND MICROGLIA ACTIVITY INHIBITOR USING THE SAME

CHIMERIC PROTEIN AND MICROGLIA ACTIVITY INHIBITOR USING THE SAME

Patent code P180014901
File No. H26-G02
Posted date Apr 26, 2018
Application number P2014-223366
Publication number P2016-088869A
Patent number P6516235
Date of filing Oct 31, 2014
Date of publication of application May 23, 2016
Date of registration Apr 26, 2019
Inventor
  • (In Japanese)中路 正
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title CHIMERIC PROTEIN AND MICROGLIA ACTIVITY INHIBITOR USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a chimeric protein which releases anti-inflammatory cytokine acting as required and topically, and to provide a microglia activity inhibitor using the chimeric protein.
SOLUTION: The invention provides a chimeric protein which fuses an enzyme-degradable peptide and a substrate binding peptide to an anti-inflammation cytokine in the order, wherein the enzyme-degradable peptide is cloven by matrix metalloproteases produced by the activation of microglia in a brain, the substrate binding peptide is bindable with a substrate consisting of natural hydrogel by intermolecular interaction, and the anti-inflammation cytokine inhibits the activation of the microglia.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

例えば、パーキンソン病治療等を目的に神経幹/前駆細胞等の幹細胞移植治療を検討した場合に、移植後初期に惹起される初期炎症反応が問題になる。
脳内における炎症反応および免疫反応を担うのがミクログリアであるが、移植直後に活性化され異物となる移植細胞の排除に向けて機能する。
移植後初期に惹起される炎症反応では、ミクログリアが活性化され炎症性サイトカインIL-1β,IL-6,TNFa等を放出し、移植幹細胞を攻撃することが知られている。
そこでミクログリアを不活性化させるための、抗炎症性サイトカインを用いた炎症反応の抑制が必要になると考えられる。
しかしながら、免疫抑制剤の投与等、過剰な免疫抑制は患者自身の生体防御能を低下させることになるため、できることならば避けなければならない。
本発明は患者自身の免疫応答を妨害することなく、局所的に移植幹細胞を炎症反応から保護できないか研究した結果得られたものである。

特許文献1には、多官能化学成分を含む水溶性ポリマーセグメントに酵素的に切断可能なリンカーを介して接合された生物学的に活性な物質を含む重合薬物接合体を開示する。
しかし、同公報に開示する重合薬物接合体は、生物学的に活性な物質を化学的に修飾する技法にて接合しており、この生物学的に活性な物質であるタンパク質の活性が化学的接合により維持されなくなる恐れが高い。
また、同公報には水溶性ポリマーセグメントとしてポリエチレングリコールを開示しているが、この種のポリマーはタンパク質を放出した後も生体内に残留し、生体に悪い影響を与える毒素となる恐れが高い。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、脳内の免疫反応を司るミクログリアの活性化を局所的に必要なときにのみ不活性化させ、炎症反応を鎮静化させる抗炎症性サイトカインに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
抗炎症性サイトカインに酵素分解性ペプチド及び基材結合性ペプチドを、その順に融合したキメラタンパク質であって、
前記酵素分解性ペプチドは脳内に有するミクログリアの活性化により産生されるマトリックスメタロプロテアーゼ類により切断されるものであり、
前記基材結合性ペプチドは天然ハイドロゲルからなる基材と分子間相互作用により結合可能であり、
前記抗炎症性サイトカインは、前記ミクログリアの活性化を抑制するものであり、
前記マトリックスメタロプロテアーゼ類はMMP-3又はMMP-9であり、
前記抗炎症性サイトカインはインターロイキン-10である、キメラタンパク質を含んでなり、
前記キメラタンパク質をコラーゲン又はヒアルロン酸からなる前記天然ハイドロゲルの基材に担持するとともに、移植細胞と複合化して用いることを特徴とする、前記移植細胞の移植に伴い惹起された炎症反応を抑制する炎症抑制剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014223366thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close