Top > Search of Japanese Patents > FLOW RATE REGULATION DEVICE FOR ARTIFICIAL BLOOD VESSEL

FLOW RATE REGULATION DEVICE FOR ARTIFICIAL BLOOD VESSEL foreign

Patent code P180014903
File No. 2013-004
Posted date Apr 26, 2018
Application number P2014-193286
Publication number P2016-063889A
Patent number P6466120
Date of filing Sep 24, 2014
Date of publication of application Apr 28, 2016
Date of registration Jan 18, 2019
Inventor
  • (In Japanese)根本 慎太郎
  • (In Japanese)筒井 康弘
Applicant
  • (In Japanese)学校法人大阪医科薬科大学
  • (In Japanese)株式会社東海メディカルプロダクツ
Title FLOW RATE REGULATION DEVICE FOR ARTIFICIAL BLOOD VESSEL foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To solve problems associated with incompatibility between a blood flow rate in an artificial blood vessel and a physical size of a diseased infant in BT-shunt procedure.
SOLUTION: A flow rate regulation device for an artificial blood vessel includes a cylindrical balloon provided with an easily deformable inner wall forming a liquid injection space and a difficultly deformable outer wall, and a flexible tube connected to the liquid injection space at a connection part. The tube includes an inlet for liquid. The balloon has a cylindrical center space surrounded with the inner wall. In a state where the artificial blood vessel is inserted in the center space, the liquid is injected from the tube to the liquid injection space, thereby the inner wall balloons inside to decrease the artificial blood vessel in diameter.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

著しい肺動脈狭窄又は閉鎖を合併する先天性心疾患に対し、鎖骨下動脈と肺動脈を人工血管で接続するBlalock-Tausig shunt手術(以下、「BT-shunt」と略す)が行われる。この手術は、肺血流量を増加させることによりチアノーゼ(低酸素血症)改善と肺血管の成長を促す姑息手術であり、将来の心内修復手術を行うまでの準備段階として重要である。BT-shunt術では径3~5mmのポリテトラフルオロエチレン製人工血管(Gore-Tex)が全世界的に用いられている。

サイズの決定は原疾患の種類や患児の体格等からなされるが、客観的指標はなく、多くは術者や施設の経験による場合が多い。過大な人工血管移植では肺動脈血流の過多と全身血流の著しい不足による臓器灌流の低下を来しショック状態となるまた、過少な人工血管移植では不十分な肺血流による血液の酸素化不良が生じる。よって、BT-shunt術では適正なサイズの人工血管の設置による最適な肺血流量の確保がポイントである。しかしながら、BT-shunt術における至適血流量の決定方法やその評価についての報告はない。一方、人工血管のサイズは不変であるため患児の体格の成長により人工血管の相対的狭小化から肺血流不足となり、期待する肺動脈の成長が得られないため、心内修復手術を行うまで再BT-shunt術で人工血管のサイズアップ、または追加の人工血管移植を必要とする症例も存在している。

特許文献1は、BT-shuntの人工血管内に流量調節機構を設けているため、流量の調節が非常に複雑になる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、人工血管の流量調節装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
人工血管の流量調節装置であって、
変形性の内壁及び前記内壁よりも剛性が高い難変形性の外壁を備えた連続する筒状のバルーンであって、内壁と外壁により囲まれた液体注入空間を有し、内壁により囲まれる筒状の中心空間を有するバルーン;及び
前記液体注入空間に接続部で接続された可撓性のチューブであって、液体の注入口を備えたチューブ;を備え、
前記中心空間に人工血管を内挿した状態で前記チューブから前記液体注入空間に液体を注入することにより前記内壁が内側に膨らんで人工血管の径を縮小することができる、人工血管の流量調節装置。

【請求項2】
 
液体を前記液体注入空間に注入することで、バルーン内の液体注入量により内壁の内側への膨張の程度が調節される、請求項1に記載の人工血管の流量調節装置。

【請求項3】
 
前記バルーンの内壁および外壁は異なる樹脂から形成されている請求項1又は2に記載の流量調節装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014193286thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close