Top > Search of Japanese Patents > STERNUM DEFORMATION PREVENTION EQUIPMENT

STERNUM DEFORMATION PREVENTION EQUIPMENT

Patent code P180014904
File No. 2014-002
Posted date Apr 26, 2018
Application number P2014-115596
Publication number P2015-228938A
Patent number P6302752
Date of filing Jun 4, 2014
Date of publication of application Dec 21, 2015
Date of registration Mar 9, 2018
Inventor
  • (In Japanese)藤原 憲太
  • (In Japanese)根本 慎太郎
  • (In Japanese)永野 徹
Applicant
  • (In Japanese)学校法人大阪医科薬科大学
Title STERNUM DEFORMATION PREVENTION EQUIPMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide sternum deformation prevention equipment which not only can be fitted to a trunk and can buffer impact and stress applied from outside with a cushioning material, and can safely and reliably perform shape retention, but also can exert favorably wearing feeling, can put a correction pad onto and intensively press an incised sternum injury part, and can prevent the sternum deformation and effectively protect the sternum injury part.
SOLUTION: Sternum deformation prevention equipment 1 is integrally formed by a sternum support body 2, both side support bodies 9, and back part support body 10, in accordance with an outline of a trunk 16 and can be opened in a back side. In the sternum deformation prevention equipment 1, a sheet-like cushioning material 14 is internally arranged along an inner peripheral face, an opening part 3 with a required width is formed in the sternum support body 2, and a correction pad 4 is attachably/detachably attached in the opening 3 with an attachment band 5 so as to correspond to the sternum injury part.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

新生児、乳児、あるいは幼児などの小児が胸骨を上下方向に切開することにより心臓などの手術を受けたさいには、縫合後に切開部位の胸骨創部が膨隆する症状を生起するおそれがあるものである。このため、かかる胸骨変形を防止せしめるべく手術後に胸骨変形防止装具を装着せしめ、胸骨の変形を防止せしめつつ創部を保護せしめる、保存的療法が提案されている。

ところで、かかる胸骨変形防止装具として特開2002-345868号(特許文献1)には、体幹に合せて胸部支持体と背部支持体とが装着バンドを介して装着自在とされると共に、該胸部支持体内面には胸部支持体とほぼ同形の矯正パッドが取着されたものが開示されている。
そして、かかる胸骨変形防止装具は、矯正パッドを切開部位の胸骨創部のみならず胸部全面に当てがいつつ装着バンドでもって常時押圧状に装着せしめ、胸骨の変形を防止せしめつつ創部を保護せしめるものである。

また、特開2012-61027号公報(特許文献2)には、帯状小片の胸部支持体と背部支持体とが装着バンドを介して装着自在とされると共に、胸部支持体内面には胸骨創部に対応する大きさの矯正パッドが取着されたもの、さらに、実用新案登録第3165817号公報(特許文献3)には、小片状の胸部支持体が装着バンドを介して装着自在とされると共に、該胸部支持体の内面には胸骨創部に対応する大きさの矯正パッドが取着されたものが各々開示されている。
そして、上述の如く構成された胸部変形防止装具は、矯正パッドを切開部位の胸骨創部に当てがいつつ重点的に装着バンドでもって常時押圧状に装着せしめ、胸骨の変形を防止せしめつつ創部を保護せしめるものである。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は胸骨変形防止装具に関し、更に詳細には、特に小児心臓手術後に装着して胸骨の変形を防止せしめ、創部を有効に保護せしめる、胸骨変形防止装具に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
体幹の輪郭に合せて胸部支持体と両側部支持体と背部支持体とが一体形成されてなる後開き自在な胸骨変形防止装具であって、該胸骨変形防止装具はその内周面に沿ってシ-ト状の緩衝材が内設されると共に、胸部支持体には所要幅の開口部が形成され、該開口部内には胸骨創部に対応すべく矯正パッドが取付けバンドを介して着脱自在に取付けられていることを特徴とする、胸骨変形防止装具。

【請求項2】
 
上記矯正パッドに感圧センサ-が装着されてなることを特徴とする、請求項1記載の胸骨変形防止装具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014115596thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close