Top > Search of Japanese Patents > BONE REGENERATION MATERIAL KIT, PASTE-LIKE BONE REGENERATION MATERIAL, BONE REGENERATION MATERIAL AND OSTEOSYNTHESIS MATERIAL

BONE REGENERATION MATERIAL KIT, PASTE-LIKE BONE REGENERATION MATERIAL, BONE REGENERATION MATERIAL AND OSTEOSYNTHESIS MATERIAL

Patent code P180014910
File No. T-02
Posted date Apr 26, 2018
Application number P2010-131345
Publication number P2011-015957A
Patent number P5605618
Date of filing Jun 8, 2010
Date of publication of application Jan 27, 2011
Date of registration Sep 5, 2014
Priority data
  • P2009-138539 (Jun 9, 2009) JP
Inventor
  • (In Japanese)木下 光雄
  • (In Japanese)傍島 聰
  • (In Japanese)糟谷 彰宏
  • (In Japanese)筏 義人
  • (In Japanese)張 天
  • (In Japanese)松田 晶二郎
  • (In Japanese)坂元 悠紀
Applicant
  • (In Japanese)学校法人大阪医科薬科大学
  • (In Japanese)グンゼ株式会社
Title BONE REGENERATION MATERIAL KIT, PASTE-LIKE BONE REGENERATION MATERIAL, BONE REGENERATION MATERIAL AND OSTEOSYNTHESIS MATERIAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a bone regeneration material kit which can ensure the dynamic strength of a bone by compensating a lost section or a damaged section of the bone in the short run and accelerate the regeneration of the bone by a patient himself in the long run, and to provide a paste-like bone regeneration material, a bone regeneration material and an osteosynthesis material.
SOLUTION: This bone regeneration material kit includes a fine particle consisting of a calcium phosphate compound, a fine particle consisting of a bioabsorbable polymer, and an aqueous medium.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

骨の欠損部又は損傷部の治療には人工骨が用いられている。
従来の人工骨としては、リン酸カルシウムからなる緻密体と多孔体の人工骨が知られていた。このような人工骨は、治療の対象となる骨の状態に合わせて、形状等を整える必要がある。しかし、手術現場において人工骨を切断加工したり、切削加工したりすることは困難であり、使いにくいという問題があった。

これに対して、リン酸カルシウム顆粒を水系媒体中に懸濁させたペースト状骨補填材料が提案されている(例えば、特許文献1~3)。ペースト状骨補填材料は、インジェクター等を用いて骨の欠損部又は損傷部に充填させることができる。ペースト状骨補填材料は、充填後に硬化して骨の欠損部又は損傷部に固定される。ペースト状骨補填材料を用いれば、複雑な欠損部又は損傷部であっても容易に治療を行うことができる。

しかしながら、特許文献1~3に記載されたペースト状骨補填材料を用いても、単に骨の欠損部又は損傷部を補うだけで、骨の再生を促進するわけではない。実際に、骨の再生は、充填した骨補填材料の表面に限られている。また、この骨補填材料は、力学強度はきわめて高いものの、骨組織の有するコラーゲン繊維等の有機成分を含有しないことから、弾性率と靭性に劣るという決定的な欠点もあった。従って、短期的には骨の欠損部又は損傷部を補って骨の力学的強度を確保できるとともに、長期的には患者自身の骨の再生を促すような骨再生材料が求められていた。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、短期的には骨の欠損部又は損傷部を補って骨の力学的強度を確保できるとともに、長期的には患者自身の骨の再生を促すことができる骨再生材料キット、ペースト状骨再生材料、骨再生材料及び骨接合材に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
リン酸カルシウム系化合物からなる微粒子と、平均粒子径20~200μmの架橋ゼラチンからなる微粒子と、水系媒体とからなることを特徴とする骨再生材料キット。

【請求項2】
 
リン酸カルシウム系化合物からなる微粒子と、架橋ゼラチンからなる微粒子との配合比率が重量比で97:3~76:24の範囲であることを特徴とする請求項1記載の骨再生材料キット。

【請求項3】
 
リン酸カルシウム系化合物からなる微粒子と、架橋ゼラチンからなる微粒子との合計100重量部に対して5~65重量部の水系媒体を配合することを特徴とする請求項1又は2記載の骨再生材料キット。

【請求項4】
 
請求項1、2又は3記載の骨再生材料キットを用いてなるペースト状骨再生材料であって、リン酸カルシウム系化合物からなる微粒子と、架橋ゼラチンからなる微粒子と、水系媒体とを混合してペースト状としたことを特徴とするペースト状骨再生材料。

【請求項5】
 
請求項4記載のペースト状骨再生材料を硬化してなることを特徴とする骨再生材料。

【請求項6】
 
請求項4記載のペースト状骨再生材料を硬化してなることを特徴とする骨接合材。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010131345thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close