Top > Search of Japanese Patents > THERMOELECTRIC GENERATOR

THERMOELECTRIC GENERATOR UPDATE_EN meetings

Patent code P180014915
File No. 1864
Posted date Apr 26, 2018
Application number P2016-170003
Publication number P2018-037542A
Date of filing Aug 31, 2016
Date of publication of application Mar 8, 2018
Inventor
  • (In Japanese)渡邉 孝信
  • (In Japanese)徐 泰宇
  • (In Japanese)橋本 修一郎
Applicant
  • (In Japanese)学校法人早稲田大学
Title THERMOELECTRIC GENERATOR UPDATE_EN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a thermoelectric generator capable of obtaining high output by miniaturizing.
SOLUTION: A thermoelectric generator includes a substrate 12, a thermoelectric conversion element 14 on the surface of the substrate 12, and a heat conduction part 16 thermally connected with the thermoelectric conversion element 14. The thermoelectric conversion element 14 has at least a pair of P type thermoelectric conversion part 18 and an N type thermoelectric conversion part 20. The heat conduction part 16 is thermally connected with one ends 24, 22 side in a direction parallel with the substrate 12 surface of the P type thermoelectric conversion part 18 and N type thermoelectric conversion part 20.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

熱電発電装置は、環境の温度差から電気エネルギーを作り出すもので、再生可能エネルギーを利用するデバイスである。熱電発電装置は、熱電変換素子中に大きな温度勾配を形成することにより、出力を大きくすることができる。温度勾配を形成するには、熱電変換素子以外の寄生熱抵抗を相対的に小さくするため、熱電変換素子の長さを長くすることが有利であると考えられていた。

熱電発電装置として、例えば特許文献1が開示されている。上記特許文献1の熱電発電装置は、複数の熱電変換素子と、熱電変換素子の上下端に接続された電気配線基板とを備え、上端の電気配線基板が加熱され、下端の電気配線基板が冷却されている。特許文献1の熱電変換素子は、高さ方向において温度勾配が生じる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、熱電発電装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基板と、
前記基板の表面上の熱電変換素子と、
前記熱電変換素子と熱的に接続された熱伝導部と
を備え、
前記熱電変換素子は、少なくとも一対のP型熱電変換部とN型熱電変換部を有し、
前記熱伝導部は、前記P型熱電変換部と前記N型熱電変換部の前記基板表面に平行な方向の一端側と、熱的に接続されている
ことを特徴とする熱電発電装置。

【請求項2】
 
前記P型熱電変換部と前記N型熱電変換部は、前記基板表面に平行な方向の一端と他端の間に温度勾配が生じることを特徴とする請求項1記載の熱電発電装置。

【請求項3】
 
前記熱電変換素子は、Si及びGeの少なくとも1種を含有することを特徴とする請求項1又は2記載の熱電発電装置。

【請求項4】
 
前記熱電変換素子は、前記基板の面方向長さが200nm以下のナノワイヤであることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項記載の熱電発電装置。

【請求項5】
 
前記基板が、SiO2の表面層を有することを特徴とする請求項1~4のいずれか1項記載の熱電発電装置。

【請求項6】
 
前記P型熱電変換部と前記N型熱電変換部の間に挟まれた電気伝導部を備えることを特徴とする請求項1~5のいずれか1項記載の熱電発電装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016170003thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close