Top > Search of Japanese Patents > UTILITY VALUE ESTIMATION DEVICE, ISSUE SET IMPORTANCE CALCULATION DEVICE, AND PROGRAM

UTILITY VALUE ESTIMATION DEVICE, ISSUE SET IMPORTANCE CALCULATION DEVICE, AND PROGRAM meetings

Patent code P180014921
File No. 170030JP01
Posted date Apr 27, 2018
Application number P2017-129141
Publication number P2019-012444A
Date of filing Jun 30, 2017
Date of publication of application Jan 24, 2019
Inventor
  • (In Japanese)藤田 桂英
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title UTILITY VALUE ESTIMATION DEVICE, ISSUE SET IMPORTANCE CALCULATION DEVICE, AND PROGRAM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable estimating utility values for users in an accurate manner.
SOLUTION: An issue extraction part 36 extracts, from an utterance text subject to be evaluated, a noun satisfying a predetermined condition as an issue. A utility value calculation part 40 estimates the utility value of a target user for the utterance text subject to be evaluated based on the followings: which of the issue sets categorized according to potential topic models the extracted issue attributes to; and the importance and the polarity of an issue set for the target user that is defined for each categorized issue set.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来技術として、非特許文献1では、以下の手順で投稿意見から効用情報の抽出を行っている。

まず、名詞と名詞句(名詞が連続する句)を論点ととらえ、形態素解析エンジンのMeCabを用いて、論点を抽出する。次に、抽出した論点をクラスタリングするために、word2vecに Wikipedia(R)の日本語コーパスから単語ベクトルを学習させ、論点に対する単語ベクトルを得て、k-meansを用いてクラスタリングを実施し、論点集合を抽出する。ユーザごとの論点集合に対する重要度を算出する。論点集合に対する重要度の抽出手法は、論点の共起ネットワークを作成し、ページランクアルゴリズムにより各論点の重要度を算出する。その後、論点集合に属する論点の重要度の合計を計算し、算出した効用値は 0.0~1.0に正規化する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、効用値推定装置、論点集合重要度算出装置、及びプログラムに係り、特に、発話テキスト(例えば、投稿テキスト)についてユーザにとっての効用値を推定するための効用値推定装置、論点集合重要度算出装置、及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
評価対象の発話テキストについて、対象ユーザにとっての選好度合いを示す効用値を推定する効用値推定装置であって、
評価対象の発話テキストから、予め定められた条件を満たす名詞を、論点として抽出する論点抽出部と、
前記論点抽出部によって抽出された論点が、潜在トピックモデルに応じて分類された論点集合の何れに属するかと、前記分類された論点集合毎に定められた、前記対象ユーザにとっての前記論点集合の重要度とに基づいて、前記評価対象の発話テキストについての前記対象ユーザの効用値を推定する効用値推定部と、
を含む効用値推定装置。

【請求項2】
 
前記効用値推定部は、前記論点抽出部によって抽出された論点が、潜在トピックモデルに応じて分類された論点集合の何れに属するかと、前記分類された論点集合毎に定められた、前記対象ユーザにとっての前記論点集合の重要度、及び前記対象ユーザにとっての前記論点集合を有する発話テキストの極性と、に基づいて、前記評価対象の発話テキストについての前記対象ユーザの効用値を推定する請求項1記載の効用値推定装置。

【請求項3】
 
前記対象ユーザは、複数の対象ユーザであって、
前記評価対象の発話テキストは、複数の評価対象の発話テキストであって、
前記効用値推定部は、前記複数の対象ユーザの各々及び前記複数の評価対象の発話テキストの各々に対し、前記分類された論点集合毎及び前記対象ユーザ毎に定められた、前記対象ユーザにとっての前記論点集合の重要度を用いて、前記評価対象の発話テキストについての前記対象ユーザの効用値を推定し、
前記複数の対象ユーザの各々及び前記複数の評価対象の発話テキストの各々に対して推定された前記効用値に基づいて、2以上の対象ユーザの間で合意する発話テキスト候補を抽出し、抽出された発話テキスト候補と、発話テキスト候補に合意する2以上の対象ユーザの各々との間を結んだグラフ構造を生成して出力部により提示する可視化部を更に含む請求項1又は2記載の効用値推定装置。

【請求項4】
 
前記対象ユーザは、複数の仮想ユーザであって、
前記効用値推定部は、前記複数の仮想ユーザの各々に対し、前記分類された論点集合毎及び前記仮想ユーザ毎に定められた、前記仮想ユーザにとっての前記論点集合の重要度を用いて、前記評価対象の発話テキストについての前記仮想ユーザの効用値を推定し、
前記複数の仮想ユーザの各々に対して推定された前記効用値に基づいて、前記評価対象の発話テキストについて総合評価値を算出する総合評価部を更に含む請求項1又は2記載の効用値推定装置。

【請求項5】
 
複数のユーザによる複数の発話テキストから、予め定められた条件を満たす名詞を、論点として複数抽出する論点抽出部と、
前記論点抽出部によって抽出された複数の論点に基づいて、潜在トピックモデルに応じた複数の論点集合に分類する論点集合分類部と、
前記ユーザの各々について、前記ユーザによる発話テキストから抽出された論点の各々が、前記分類された論点集合の何れに属するかに基づいて、前記分類された論点集合毎に、前記ユーザにとっての前記論点集合の重要度を算出する重要度算出部と、
を含む論点集合重要度算出装置。

【請求項6】
 
前記ユーザの各々について、前記ユーザによる発話テキストの係り受け解析結果と、極性が予め付与された単語とに基づいて、前記分類された論点集合毎に、前記ユーザにとっての前記論点集合を有する発話テキストの極性を判定する極性判定部を更に含む請求項5記載の論点集合重要度算出装置。

【請求項7】
 
コンピュータを、請求項1~請求項4の何れか1項記載の効用値推定装置を構成する各部として機能させるためのプログラム。

【請求項8】
 
コンピュータを、請求項5又は6記載の論点集合重要度算出装置を構成する各部として機能させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017129141thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close