Top > Search of Japanese Patents > MANUFACTURING METHOD OF NATTO ENRICHED WITH ORNITHINE

MANUFACTURING METHOD OF NATTO ENRICHED WITH ORNITHINE

Patent code P180014946
Posted date May 1, 2018
Application number P2013-073660
Publication number P2014-197985A
Patent number P6142197
Date of filing Mar 29, 2013
Date of publication of application Oct 23, 2014
Date of registration May 19, 2017
Inventor
  • (In Japanese)星 佳宏
  • (In Japanese)古口 久美子
  • (In Japanese)礒 貴洋
  • (In Japanese)牛久 吉弘
  • (In Japanese)塩澤 ゆきは
  • (In Japanese)木村 幸恵
Applicant
  • (In Japanese)栃木県
  • (In Japanese)あづま食品株式会社
Title MANUFACTURING METHOD OF NATTO ENRICHED WITH ORNITHINE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a manufacturing method of natto, enabling a component ornithine to be enriched without change in a normal manufacturing process.
SOLUTION: In a fermentation process, soybean is inoculated with bacillus natto for fermentation, and the bacillus natto proliferates along a growth curve. After the midpoint of the logarithmic phase in the growth curve and until completion of a product, a solution of arginine in an amount of 600 mg or less per 100 g of soybean is added to soybean. Consequently, the content of ornithine in the natto as a finished product is enriched.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

分子式C5H12N2O2からなるオルニチン(ornithine)は、タンパク質を構成しない遊離アミノ酸として体内に存在し、種々の生理機能(肝機能改善作用,成長ホルモン分泌促進作用,免疫機能改善作用,筋肉増強作用,基礎代謝向上作用,疲労改善作用)を奏するとされている。然しながら、一般的な食品にはオルニチンがあまり多く含まれていないことから、通常の食生活でオルニチンを積極的に摂取することは困難である。

現在、オルニチンの積極的な摂取を目的として、オルニチンを添加した薬剤,サプリメントが各種提供されている。然しながら、これ等の薬剤,サプリメントは、製造コストやオルニチンの体内への吸収効率等の点で問題がある。このため、一般的な食品に含有されるオルニチンを富化してオルニチンの積極的な摂取を可能にする技術の開発が要望されている。

従来、一般的な食品に含有されるオルニチンを富化する技術としては、例えば、特許文献1~6に記載のものが知られている。

特許文献1~6には、アルギニン(arginine)の分解に乳酸菌を関与させ生成されるオルニチンを増量させることで、一般的な食品に含有されるオルニチンを富化させる技術が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、オルニチンが富化された納豆の製造方法に係る技術分野に属する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
大豆に納豆菌を接種して発酵させる発酵工程における納豆菌の増殖曲線の対数期の中頃をすぎてから製品完成までの間にアルギニンを添加することを特徴とするオルニチンを富化した納豆の製造方法。

【請求項2】
 
請求項1の納豆の製造方法において、アルギニンの添加量は大豆100g当たり600mg以下で添加することを特徴とするオルニチンを富化した納豆の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013073660thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close