Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCTION OF PHOTOCATALYST INCLUDING TITANIUM OXIDE

METHOD FOR PRODUCTION OF PHOTOCATALYST INCLUDING TITANIUM OXIDE meetings

Patent code P180014950
Posted date May 16, 2018
Application number P2017-073569
Publication number P2018-171608A
Date of filing Apr 3, 2017
Date of publication of application Nov 8, 2018
Priority data
  • P2017-073195 (Mar 31, 2017) JP
Inventor
  • (In Japanese)魯 云
  • (In Japanese)春日 翔多
  • (In Japanese)吉田 浩之
  • (In Japanese)大谷 大輔
  • (In Japanese)西村 祐二
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人千葉大学
  • (In Japanese)千葉県
Title METHOD FOR PRODUCTION OF PHOTOCATALYST INCLUDING TITANIUM OXIDE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a photocatalyst having higher performance.
SOLUTION: A production method for a photocatalyst including titanium oxide involved in a viewpoint of this invention solving the above problem includes a step of carrying out an acid bath treatment for titanium-coated particles, and a step of performing an oxidation treatment for the particles in an oxidative atmosphere. From this point of view, it is preferable that the method has a step of obtaining the titanium-coated particles by mechanical coating of titanium on a core ball. Further from this point of view, the oxidation treatment is preferably carried out by atmospheric heating.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

酸化チタン(TiO2)を含む光触媒は高機能、安価かつ化学的にも安定という多くの特質を兼ね備えた環境浄化機能材料である。

そのなかでも、アナターゼ/ルチルTiO2混相光触媒は多くの反応系において高い機能を有するとの報告がなされており、その製造のためにはアナターゼTiO2の生成が不可欠である。

例えば下記非特許文献1では、メカニカルコーティングを行ったチタンに大気中にて酸化処理を行う技術が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、酸化チタンを含む光触媒の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
チタンコーティング粒子に対し酸浴処理を行うステップ、
酸化雰囲気中において酸化処理を行うステップ、を有する酸化チタンを含む光触媒の製造方法。

【請求項2】
 
芯球にチタンをメカニカルコーティングによってコーティングして前記チタンコーティング粒子を得るステップ、を有する請求項1記載の光触媒の製造方法。

【請求項3】
 
前記酸化処理は、大気中における加熱による酸化処理である請求項1記載の光触媒の製造方法。

【請求項4】
 
前記酸化処理の温度は、400℃以上800℃未満である請求項1記載の光触媒の製造方法。

【請求項5】
 
前記酸浴処理は、
前記チタンコーティング粒子を、50℃以上に加熱した硫酸及びシュウ酸に浸すステップ、
前記前記チタンコーティング粒子を、室温の硫酸及びシュウ酸の少なくともいずれかに漬け込むステップ、を有する請求項1記載の光触媒の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017073569thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close