Top > Search of Japanese Patents > SENSOR FILM AND LAMINATED BODY

SENSOR FILM AND LAMINATED BODY meetings

Patent code P180014967
File No. 2031
Posted date May 23, 2018
Application number P2018-093864
Publication number P2019-200087A
Date of filing May 15, 2018
Date of publication of application Nov 21, 2019
Inventor
  • (In Japanese)大矢 貴史
  • (In Japanese)梅津 信二郎
  • (In Japanese)福田 憲二郎
  • (In Japanese)染谷 隆夫
  • (In Japanese)菊地 鉄太郎
  • (In Japanese)佐々木 大輔
  • (In Japanese)清水 達也
Applicant
  • (In Japanese)学校法人早稲田大学
  • (In Japanese)国立研究開発法人理化学研究所
Title SENSOR FILM AND LAMINATED BODY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a sensor film and a laminated body capable of acquiring the information of the inside of a cellular tissue.
SOLUTION: A sensor film 12 is disposed between a first cell sheet and a second cell sheet. The sensor film 12 includes a plurality of wires 22 and electrodes 23 as sensor portions in a film-shaped substrate 21. The wires 22 are buried in the substrate 21, and the electrodes 23 are disposed in recesses 25 of the substrate 21 and are exposed to a surface 21a side. A plurality of through holes 28 are formed in a portion other than the wires 22 and electrodes 23 in an arrangement area 24 disposed on each of the surfaces 21a and 21b of the substrate 21.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

生体の表面や心臓、心筋の細胞シート等の表面に貼り付けて筋電位を測定するセンサフィルムが知られている(例えば非特許文献1~4を参照)。このようなセンサフィルムは、柔軟性(可撓性)を有する非常に薄いフィルム状の基材に電極等が印刷や蒸着等で形成されており、貼り付けられた部位の動き、形状変化等に追従して容易に変形するように構成されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、センサフィルム及び積層体に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一対の細胞集合体の間に配されるフィルム状の基材と、
前記基材に設けられたセンサ部と、
前記基材の前記センサ部の外側の領域に形成され、前記基材の厚み方向に貫通した複数の貫通孔と
を備えることを特徴とするセンサフィルム。

【請求項2】
 
前記基材は、柔軟性を有することを特徴とする請求項1に記載のセンサフィルム。

【請求項3】
 
細胞接着性成分を含むコーティング層が表面に形成されていることを特徴とする請求項1または2に記載のセンサフィルム。

【請求項4】
 
前記センサ部は、導電材料で形成され、前記基材の一方の面側に露出された第1の電極であることを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載のセンサフィルム。

【請求項5】
 
前記センサ部は、導電材料で形成され、前記基材の他方の面側に露出された第2の電極を有することを特徴とする請求項4に記載のセンサフィルム。

【請求項6】
 
前記センサ部は、少なくとも細胞集合体からの光の受光機能を有する光学センサであることを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載のセンサフィルム。

【請求項7】
 
前記光学センサは、パルスオキシメータであることを特徴とする請求項6に記載のセンサフィルム。

【請求項8】
 
前記センサ部は、特定の物質と反応して電流を流すまたは抵抗値が変化する電気化学センサであることを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載のセンサフィルム。

【請求項9】
 
前記センサ部は、酸素感応性蛍光材料で形成された蛍光層を有する酸素センサであることを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載のセンサフィルム。

【請求項10】
 
前記基材の厚みが0.1μm以上1.0μm以下の範囲内であることを特徴とする請求項1ないし9のいずれか1項に記載のセンサフィルム。

【請求項11】
 
前記貫通孔の直径が10μm以上1000μm以下の範囲内であることを特徴とする請求項1ないし10のいずれか1項に記載のセンサフィルム。

【請求項12】
 
前記基材と前記貫通孔だけからなる領域における開口率が10%以上80%以下の範囲内であることを特徴とする請求項1ないし11のいずれか1項に記載のセンサフィルム。

【請求項13】
 
第1の細胞集合体と、
第2の細胞集合体と、
前記第1の細胞集合体と前記第2の細胞集合体との間に配された請求項1ないし12のいずれか1項に記載のセンサフィルムと
を備えることを特徴とする積層体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018093864thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close