Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)高密度微小チャンバーアレイおよびこれを用いた測定方法

(In Japanese)高密度微小チャンバーアレイおよびこれを用いた測定方法 UPDATE_EN meetings

Patent code P180014982
File No. (K104P02)
Posted date May 23, 2018
Application number P2017-523637
Patent number P6607936
Date of filing Jun 7, 2016
Date of registration Nov 1, 2019
International application number JP2016066834
International publication number WO2016199741
Date of international filing Jun 7, 2016
Date of international publication Dec 15, 2016
Priority data
  • P2015-116045 (Jun 8, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)渡邉 力也
  • (In Japanese)野地 博行
  • (In Japanese)曽我 直樹
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title (In Japanese)高密度微小チャンバーアレイおよびこれを用いた測定方法 UPDATE_EN meetings
Abstract (In Japanese)透光性を有する平坦な基板と、複数の微小チャンバーが設けられた疎水層と、複数の微小チャンバーの開口部に形成された脂質二重膜とを備え、それぞれの微小チャンバー内に電極が設けられており、基板において、疎水層が設けられている側を上方とするとき、下記A)およびB)の少なくともいずれか一方を満たすことにより、基板の下方から基板へと入射した光が基板を透過して微小チャンバーの内部へと進入し、かつ、微小チャンバーの内部から基板へと入射した光が基板を透過して基板の下方へと脱出するように構成されている。A)電極が、それぞれの微小チャンバーの内側面に設けられている。B)電極が、それぞれの微小チャンバーの底面に透明電極として設けられている。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

特許文献1は、平坦な基板と、基板の表面に疎水性の物質により規則的に高密度に配列するよう形成された容量が4000×10-18m3以下の複数の微小チャンバーと、試験用水溶液が満たされた状態の複数の微小チャンバーの開口部に試験用水溶液を液封するよう形成された脂質二重膜とを備える高密度微小チャンバーアレイを開示する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、高密度微小チャンバーアレイおよびこれを用いた測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
透光性を有する平坦な基板と、
前記基板上に設けられ疎水性物質からなる層であって、複数の微小チャンバーの開口部が該層の主面上に規則的かつ高密度に配列するよう設けられ、前記微小チャンバーの容量が4000×10-18m3以下である、疎水層と、
試験用液体が満たされた状態の前記複数の微小チャンバーの開口部に前記試験用液体を封止するように形成された脂質二重膜とを備え、
それぞれの前記微小チャンバー内に電極が設けられており、
前記基板において、前記疎水層が設けられている側を上方とするとき、
下記A)を満たすことにより、前記基板の下方から前記基板へと入射した光が前記基板を透過して前記微小チャンバーの内部へと進入し、かつ、前記微小チャンバーの内部から前記基板へと入射した光が前記基板を透過して前記基板の下方へと脱出するように構成されている、
高密度微小チャンバーアレイ。
A)前記電極が、それぞれの前記微小チャンバーの底面に透明電極として設けられている。

【請求項2】
 
前記透明電極が、ITO、IZO、ZnOまたはIGZOからなる、請求項1に記載の高密度微小チャンバーアレイ。

【請求項3】
 
前記微小チャンバーの内部に、生体高分子が集積されている、請求項1または2に記載の高密度微小チャンバーアレイ。

【請求項4】
 
さらに、前記脂質二重膜の上方に反対電極を備える、請求項1ないし3のいずれかに記載の高密度微小チャンバーアレイ。

【請求項5】
 
前記微小チャンバーが形成された面が底面となる液体流路を備える、
請求項1ないし4のいずれかに記載の高密度微小チャンバーアレイ。

【請求項6】
 
請求項4に記載の高密度微小チャンバーアレイと、
前記電極と前記反対電極との間に電圧を印加する電圧印加装置とを備える、
高密度微小チャンバーアレイシステム。

【請求項7】
 
透光性を有する平坦な基板と、前記基板上に設けられた疎水性物質からなる層であって、複数の微小チャンバーの開口部が該層の主面上に規則的かつ高密度に配列するよう設けられ、前記微小チャンバーの容量が4000×10-18m3以下である、疎水層とを備え、それぞれの前記微小チャンバー内に電極が設けられており、前記基板において、前記疎水層が設けられている側を上方とするとき、下記A)を満たすことにより、前記基板の下方から前記基板へと入射した光が前記基板を透過して前記微小チャンバーの内部へと進入し、かつ、前記微小チャンバーの内部から前記基板へと入射した光が前記基板を透過して前記基板の下方へと脱出するように構成されている、高密度微小チャンバーアレイを用意し、
前記複数の微小チャンバーの開口部に脂質二重膜を形成し、ここで前記脂質二重膜は膜タンパク質を保持するものであり、
前記電極と前記脂質二重膜の上方に設けられた反対電極との間に電圧を印加することで前記膜タンパク質の性質を変化させる、
膜タンパク質の解析方法。
A)前記電極が、それぞれの前記微小チャンバーの底面に透明電極として設けられている。

【請求項8】
 
透光性を有する平坦な基板と、前記基板上に設けられた疎水性物質からなる層であって、複数の微小チャンバーの開口部が該層の主面上に規則的かつ高密度に配列するよう設けられ、前記微小チャンバーの容量が4000×10-18m3以下である、疎水層とを備え、それぞれの前記微小チャンバー内に電極が設けられており、前記基板において、前記疎水層が設けられている側を上方とするとき、下記A)を満たすことにより、前記基板の下方から前記基板へと入射した光が前記基板を透過して前記微小チャンバーの内部へと進入し、かつ、前記微小チャンバーの内部から前記基板へと入射した光が前記基板を透過して前記基板の下方へと脱出するように構成されている、高密度微小チャンバーアレイを用意し、
前記電極に電圧を印加することで、前記複数の微小チャンバーの内部に生体高分子を集積し、その後、
前記複数の微小チャンバーの開口部に前記生体高分子を封止するように脂質二重膜を形成する、方法。
A)前記電極が、それぞれの前記微小チャンバーの底面に透明電極として設けられている。

【請求項9】
 
請求項4に記載の高密度微小チャンバーアレイを用意し、
前記電極と前記反対電極との間に電流を印加することにより前記脂質二重膜に細胞を融合させることで、前記細胞由来の膜タンパク質を前記脂質二重膜へと移行させる、方法。

【請求項10】
 
前記高密度微小チャンバーアレイを用意するステップは、前記脂質二重膜の上方に反対電極を設けるステップを含み、
前記膜タンパク質は、前記電極と前記反対電極との間に電流を印加することにより前記脂質二重膜に細胞を融合させることで前記脂質二重膜へと導入された、前記細胞由来の膜タンパク質である、請求項7に記載の膜タンパク質の解析方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017523637thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Structural life science and advanced core technologies for innovative life science research AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close