Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)2-アザ-8オキソヒポキサンチンの製造方法

(In Japanese)2-アザ-8オキソヒポキサンチンの製造方法

Patent code P180015005
File No. (S2015-0456-N0)
Posted date May 23, 2018
Application number P2017-502075
Patent number P6494738
Date of filing Feb 12, 2016
Date of registration Mar 15, 2019
International application number JP2016054182
International publication number WO2016136508
Date of international filing Feb 12, 2016
Date of international publication Sep 1, 2016
Priority data
  • P2015-033001 (Feb 23, 2015) JP
Inventor
  • (In Japanese)徳山 真治
  • (In Japanese)崔 宰熏
  • (In Japanese)河岸 洋和
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title (In Japanese)2-アザ-8オキソヒポキサンチンの製造方法
Abstract (In Japanese)本発明は、2-アザ-8オキソヒポキサンチンの製造方法であって、2-アザヒポキサンチンと微生物とを反応させ、それにより2-アザ-8オキソヒポキサンチンを生成させる工程と、反応液から2-アザ-8オキソヒポキサンチンを単離する工程と、を含む、方法を提供する。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

2-アザ-8オキソヒポキサンチン(以下、場合により「AOH」と称する。)は、植物成長促進活性を示すことが知られている化合物である。特許文献1には、2-アザヒポキサンチン(以下、場合により「AHX」と称する。)にキサンチンオキシダーゼ(以下、場合により「XOD」と称する。)を作用させてAOHを得る方法が開示されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、2-アザ-8オキソヒポキサンチンの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
2-アザ-8オキソヒポキサンチンの製造方法であって、
2-アザヒポキサンチンと微生物とを反応させ、それにより2-アザ-8オキソヒポキサンチンを生成させる工程と、
反応液から2-アザ-8オキソヒポキサンチンを単離する工程と、
を含み、
前記微生物が、バークホリデリア・コンタミナンス、バークホリデリア・セパシア、バークホリデリア・フンゴルム、ブティアウクセラ・ガビニアエ、ブティアウクセラ・アグレスチス、シュウドモナス・シンキサンタ、シュウドモナス・バンコウベレンシス、シュウドモナス・ジェスセニィ及びシュウドモナス・プレコグロスシシダからなる群から選択される少なくとも1種である、方法。

【請求項3】
 
前記微生物が、バークホリデリア・コンタミナンス、バークホリデリア・セパシア、バークホリデリア・フンゴルム、ブティアウクセラ・ガビニアエ、シュウドモナス・シンキサンタ及びシュウドモナス・バンコウベレンシスからなる群から選択される少なくとも1種である、請求項1に記載の方法。

【請求項4】
 
前記微生物が、バークホリデリア・コンタミナンス、バークホリデリア・セパシア、バークホリデリア・フンゴルム、ブティアウクセラ・ガビニアエ及びブティアウクセラ・アグレスチスからなる群から選択される少なくとも1種である、請求項1に記載の方法。

【請求項5】
 
前記微生物がバークホリデリア・コンタミナンス、ブティアウクセラ・ガビニアエ、ブティアウクセラ・アグレスチス、シュウドモナス・シンキサンタ、シュウドモナス・バンコウベレンシス、シュウドモナス・ジェスセニィ及びシュウドモナス・プレコグロスシシダからなる群から選択される少なくとも1種である、請求項1に記載の方法。

【請求項6】
 
前記微生物が、バークホリデリア・コンタミナンス、ブティアウクセラ・ガビニアエ、ブティアウクセラ・アグレスチス、シュウドモナス・シンキサンタ、シュウドモナス・バンコウベレンシス及びシュウドモナス・ジェスセニィからなる群から選択される少なくとも1種である、請求項1に記載の方法。

【請求項7】
 
前記微生物が、ブティアウクセラ・ガビニアエ、シュウドモナス・シンキサンタ及びシュウドモナス・バンコウベレンシスからなる群から選択される少なくとも1種である、請求項1に記載の方法。

【請求項8】
 
前記微生物が、シュウドモナス・プレコグロスシシダである、請求項1に記載の方法。

【請求項9】
 
前記微生物が、Burkholderia cepacia NBRC14595、及びBurkholderia fungorum NBRC102489の少なくとも一方である、請求項1に記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017502075thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close