Top > Search of Japanese Patents > IMAGE DIAGNOSIS SUPPORT PROGRAM

IMAGE DIAGNOSIS SUPPORT PROGRAM meetings

Patent code P180015056
Posted date Jun 13, 2018
Application number P2013-050925
Publication number P2014-176425A
Patent number P6351138
Date of filing Mar 13, 2013
Date of publication of application Sep 25, 2014
Date of registration Jun 15, 2018
Inventor
  • (In Japanese)大河内 信弘
  • (In Japanese)大城 幸雄
  • (In Japanese)清徳 省雄
  • (In Japanese)伊藤 正博
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
  • (In Japanese)株式会社レキシー
Title IMAGE DIAGNOSIS SUPPORT PROGRAM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enable various simulations by an image while assuming actual surgery by considering a degree of deformation of an organ composed of a soft substance and the like.
SOLUTION: An image diagnosis support program includes the steps of: an image input step S01 for inputting multiple pieces of two-dimensional tomographic image information of an organ to be a diagnostic object; a model creation step S02 for creating a tetrahedron model that is an aggregate of a tetrahedron block in which adjacent apexes are connected to each other and reflects at least stiffness and mass of each part constituting the organ, on the basis of the multiple pieces of two-dimensional tomographic image information input in the image input step S01; deformation reception steps S03, S05, S07, and S11 for receiving operation with deformation to the tetrahedron model created; and re-creation steps S04, S06, S08, and S12 for re-creating the tetrahedron model according to the operation with the deformation received.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

画像診断支援装置において、所望の位置で柔軟に3次元医用画像を分離または切開して表示することにより、より効果的に3次元画像の可視化を行う技術が考えられている。(例えば、特許文献1)

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、例えば肝臓などの臓器を対象とした画像診断支援プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
診断対象となる臓器の複数の2次元断層画像情報を入力する画像入力ステップと、
上記画像入力ステップで入力した複数の2次元断層画像情報に基づき、上記臓器を構成する各部位の少なくとも弾性係数及び体積に応じた質量を反映した、隣接する各頂点が連結された四面体ブロックの集合体による四面体モデルを作成するモデル作成ステップと、
上記モデル作成ステップで作成した四面体モデルに対し、四面体ブロックの一部のみを切離する切離態様と、四面体ブロックを2つのブロックに切断する切離態様とを含む、変形を伴う操作を受付ける変形受付ステップと、
上記変形受付ステップで受付けた切離面を横断する四面体ブロック毎に、予め複数の切離パターンに関する切離演算を記憶した分割パターンテーブルを用いて複数の四面体ブロックに分割するように、上記四面体モデルを再作成する再作成ステップと
を有したことを特徴とする画像診断支援プログラム。

【請求項2】
 
上記変形受付ステップは、四面体モデルに対する操作の基準となるモデル上の位置の指定、及び変形を抑制するモデル上の範囲の設定の少なくとも一方を受付けることを特徴とする請求項1記載の画像診断支援プログラム。

【請求項3】
 
上記診断対象となる臓器は肝臓であり、
上記モデル作成ステップは、肝臓を構成する少なくとも肝臓本体、下大静脈、胆嚢、及び腫瘍の各部位の少なくとも弾性係数及び体積に応じた質量を反映した四面体モデルを作成する
ことを特徴とする請求項1記載の画像診断支援プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2013050925thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close