Top > Search of Japanese Patents > MUTANT MULTI COPPER OXIDASE

MUTANT MULTI COPPER OXIDASE UPDATE_EN commons

Patent code P180015067
File No. FU755
Posted date Jun 13, 2018
Application number P2017-252737
Publication number P2019-118261A
Date of filing Dec 28, 2017
Date of publication of application Jul 22, 2019
Inventor
  • (In Japanese)高村 映一郎
  • (In Japanese)坂元 博昭
  • (In Japanese)里村 武範
  • (In Japanese)末 信一朗
  • (In Japanese)櫻庭 春彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title MUTANT MULTI COPPER OXIDASE UPDATE_EN commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide mutant McoP that has excellent thermal stability and storage stability, and can provide high oxidation reduction potential, and to provide nucleic acids encoding the same, as well as to provide electrode materials, cathode electrodes, and fuel cells comprising mutant McoP.
SOLUTION: Provided is a mutant multicopper oxidase having multicopper oxidase activity, containing an amino acid sequence in which a methionine residue at a position corresponding to position 470 of SEQ ID NO: 2 is substituted with a hydrophobic amino acid residue, in (A) an amino acid sequence in which a methionine residue at position 470 in SEQ ID NO:2 is substituted with a hydrophobic amino acid residue, or in (B) an amino acid sequence having at least 80% sequence identity with the amino acid sequence shown in SEQ ID NO:2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

燃料電池は、電気化学反応によって燃料から電子を取り出すので、発熱によるエネルギー損失を招く従来の熱機関発電装置と比べ、高い発電効率で燃料から電気を得ることができる。燃料電池のなかでも、電極の表面に酸化還元酵素を有する酵素燃料電池は、燃料として、例えば、グルコース、エタノールなどの非化石燃料を用いることができる。したがって、酵素燃料電池は、環境負荷を低減することができ、しかも高い発電効率で電気を得ることができることから、近年、注目されている。

ところで、ピュロバクルム・アエロフィラム(Pyrobaculum aerophilum)由来のマルチ銅オキシダーゼは、高い熱安定性を有することが報告されている(例えば、非特許文献1参照)。しかし、ピュロバクテリウム・アエロフィラム由来のマルチ銅オキシダーゼは、酸化還元電位が非常に低いという欠点がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、変異型マルチ銅オキシダーゼに関する。さらに詳しくは、本発明は、電極材料、カソード電極、燃料電池などに有用な変異型マルチ銅オキシダーゼ、核酸、電極材料およびカソード電極、ならびに電子機器の電源などに有用な燃料電池に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(A)配列番号:2において、470位のメチオニン残基が疎水性アミノ酸残基に置換されたアミノ酸配列、または
(B)配列番号:2に示されるアミノ酸配列と少なくとも80%の配列同一性を有するアミノ酸配列において、配列番号:2の470位に対応する位置のメチオニン残基が疎水性アミノ酸残基に置換されたアミノ酸配列
を含有し、マルチ銅オキシダーゼ活性を有することを特徴とする変異型マルチ銅オキシダーゼ。

【請求項2】
 
請求項1に記載の変異型マルチ銅オキシダーゼをコードする核酸。

【請求項3】
 
カソード電極に用いられる電極材料であって、請求項1に記載の変異型マルチ銅オキシダーゼを含有することを特徴とする電極材料。

【請求項4】
 
燃料電池に用いられるカソード電極であって、電極基材と請求項1に記載の変異型マルチ銅オキシダーゼとを含み、前記電極基材の表面に前記変異型マルチ銅オキシダーゼを有することを特徴とするカソード電極。

【請求項5】
 
請求項4に記載のカソード電極を有する燃料電池。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017252737thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close