Top > Quick Search > Search patent in Japan > OPTICAL FIBER WOVEN FABRIC AND OPTICAL NERVE-ACTIVITY MEASUREMENT SUPPORT APPARATUS

OPTICAL FIBER WOVEN FABRIC AND OPTICAL NERVE-ACTIVITY MEASUREMENT SUPPORT APPARATUS meetings

Patent code P180015071
File No. FU765
Posted date Jun 13, 2018
Application number P2017-207505
Publication number P2019-077969A
Date of filing Oct 26, 2017
Date of publication of application May 23, 2019
Inventor
  • (In Japanese)北井 隆平
  • (In Japanese)上杉 昭二
  • (In Japanese)衣笠 純
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
  • (In Japanese)日本毛織株式会社
  • (In Japanese)株式会社ゴーセン
Title OPTICAL FIBER WOVEN FABRIC AND OPTICAL NERVE-ACTIVITY MEASUREMENT SUPPORT APPARATUS meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an optical fiber woven fabric having a light-transmitting part and a light-emitting part emitting a plane light which are formed by setting the weft density of the optical fiber woven fabric in an appropriate range, allowing the light-emitting part to efficiently emit a leakage light in bending an optical fiber, and also causing no problems in reproductivity and mass productivity; as well as an optical nerve activity measurement support apparatus.
SOLUTION: An optical fiber woven fabric 1 is obtained by using an optical fiber as a warp yarn 3 and a yarn including an elastic yarn as weft yarns 4a and 4b. The optical fiber woven fabric comprises a light-transmitting part 6 for transmitting light originated from a light source 2 to a light-emitting part, and a light-emitting part 7 which is located ahead of the light-transmitting part 6 and emits a plane light. A bent angle at which the optical fiber as the warp yarn crosses the weft yarn is smaller in the light-emitting part 7 than in the light-transmitting part 6, and thereby the light-emitting part 7 allows a leakage light 5a-5e to be emitted by bending of the optical fiber. An optical nerve activity measurement support apparatus of the present invention is obtained by connecting the optical fiber woven fabric thereto to irradiate an eyeball with a stimulus light.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

患者の脳内手術を行う際、麻酔下で患者の眼球に光を照射し、脳内の視神経の活動を観察し、視神経を傷つけないように手術をする支援装置が提案され(特許文献1)、このために使用する光ファイバー織物も提案されている(特許文献2)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、必要な個所で面状に発光する光ファイバー織物及び視神経活動測定支援装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
光ファイバーを経糸とし、弾性糸を含む糸を緯糸とした光ファイバー織物であって、
光源からの光を発光部まで伝送する光伝送部と、前記光伝送部の先の面状に発光する発光部を含み、
前記経糸の光ファイバーが緯糸と交錯する屈曲角度は光伝送部より発光部のほうが小さく、
前記発光部は、光ファイバーの屈曲により漏光を発光することを特徴とする光ファイバー織物。

【請求項2】
 
前記発光部の緯糸密度は、前記光伝送部の緯糸密度より大きい請求項1に記載の光ファイバー織物。

【請求項3】
 
前記漏光の強度(lux)は光伝送部より発光部のほうが6倍以上大きい請求項1又は2に記載の光ファイバー織物。

【請求項4】
 
前記発光部の経糸が緯糸と交錯する角度は168°以上であり、光伝送部の経糸が緯糸と交錯する角度は168°未満である請求項1~3のいずれかに記載の光ファイバー織物。

【請求項5】
 
前記光伝送部の緯糸密度は4本/cm未満であり、前記発光部の緯糸密度は4本/cm以上である請求項1~4のいずれかに記載の光ファイバー織物。

【請求項6】
 
前記光ファイバー織物は、平織組織の織物である請求項1~5のいずれかに記載の光ファイバー織物。

【請求項7】
 
前記光ファイバー織物の幅方向の両端は、緯糸を経糸に絡めた耳組織である請求項1~6のいずれかに記載の光ファイバー織物。

【請求項8】
 
前記光ファイバー織物は、内側に発光部が存在し、前記発光部の両側に光伝送部が存在し、前記両側の光伝送部の端部は光源と接続する請求項1~7のいずれかに記載の光ファイバー織物。

【請求項9】
 
前記光ファイバー織物は視神経活動測定支援装置に使用するための光ファイバー織物である請求項1~8のいずれかに記載の光ファイバー織物。

【請求項10】
 
前記光ファイバー織物は、細幅リボン状であり、前記面状発光部は人体の両眼を覆う大きさである請求項1~9のいずれかに記載の光ファイバー織物。

【請求項11】
 
眼球へ刺激光を照射するための請求項1~9のいずれかに記載の光ファイバー織物を接続したことを特徴とする視神経活動測定支援装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017207505thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close