Top > Search of Japanese Patents > PERFORMANCE SUPPORT SYSTEM AND CONTROL METHOD

PERFORMANCE SUPPORT SYSTEM AND CONTROL METHOD UPDATE_EN commons

Patent code P180015078
File No. FU781
Posted date Jun 13, 2018
Application number P2018-027425
Publication number P2019-144360A
Date of filing Feb 19, 2018
Date of publication of application Aug 29, 2019
Inventor
  • (In Japanese)庄司 英一
  • (In Japanese)瀬戸 颯一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title PERFORMANCE SUPPORT SYSTEM AND CONTROL METHOD UPDATE_EN commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a performance support system and a control method, with which music having rich expression can be obtained when a player plays a music instrument by adjusting it to the music obtained by reproducing music data.
SOLUTION: A performance support system comprises: a reproduction section for reproducing music data as music; an operation detection section which is mounted on a player playing a music instrument by adjusting it to the music reproduced by the reproduction section and detects operation of the player; a reception section for receiving operation information on operation of the player, which the operation detection section detects; and a control section for correcting a reproduction condition of the reproduction section on the basis of the operation information which the reception section receives.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

例えば、楽器の演奏の練習や、コンサート等においては、MIDI規格(Musical Instrument Digital Interface)(登録商標)等の楽曲データをスピーカー等で再生して、その再生した楽曲に合わせて演奏者が楽器を演奏するという試みが行われている。

上記楽曲データは、予め作成しておくこともでき、その際、抑揚、起伏、強弱、緩急等をつけて表現豊かな楽曲データを作成したとしても、実際に再生されるときは、作成した通りにしか再生されない。このため、演奏者は、再生された楽曲に合わせるだけという事態になりかねない。その結果、機械的な演奏になってしまい、いわゆる人間味が失われる。

楽曲データを再生しながら、その楽曲のテンポ、強弱をアレンジするための手段として、特許文献1に記載されているような装置が知られている。この装置によれば、指揮棒のような装置を用いて再生中の楽曲のテンポ、強弱を自由に変更することができる。

しかしながら、特許文献1に記載されているような装置を用いて再生中の楽曲をアレンジしながら、自身は、楽器の演奏を行うのは、到底無理である。

このように、楽曲データが再生された楽曲に合わせて演奏者が楽器の演奏を行う際に、表現豊かな楽曲を得るのは困難である。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、演奏支援システムおよび制御方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
楽曲データを楽曲として再生する再生部と、
前記再生部によって再生された楽曲に合わせて楽器を演奏する演奏者に装着され、前記演奏者の動作を検出する動作検出部と、
前記動作検出部が検出した前記演奏者の動作に関する動作情報を受信する受信部と、
前記受信部が受信した前記動作情報に基づいて、前記再生部の再生条件を補正する制御部と、を備えることを特徴とする演奏支援システム。

【請求項2】
 
前記制御部は、前記楽曲データのうちの、未だ再生されていない未再生データを補正して、前記再生部に再生させる請求項1に記載の演奏支援システム。

【請求項3】
 
前記制御部は、前記動作情報から前記演奏者が演奏しているテンポを検出し、その検出結果に基づいて、前記再生部による再生のテンポを補正する請求項2に記載の演奏支援システム。

【請求項4】
 
前記動作検出部は、前記演奏者が演奏している間は、連続して前記動作情報を検出するものであり、
前記制御部は、所定時間での前記演奏者が演奏しているテンポの平均値を算出する請求項2または3に記載の演奏支援システム。

【請求項5】
 
前記制御部は、前記平均値が所定の範囲内であった場合、前記未再生データのテンポを補正せず、前記平均値が所定の範囲外であった場合、前記未再生データのテンポを補正する請求項4に記載の演奏支援システム。

【請求項6】
 
前記制御部は、所定時間毎に前記平均値を算出し、最新の前記平均値を、前記未再生データのテンポを補正するか否かの判断に用いる請求項5に記載の演奏支援システム。

【請求項7】
 
前記制御部は、前記動作情報から前記演奏者の演奏の強弱を検出し、その検出結果に基づいて、前記未再生データの強弱を補正して、前記再生部に再生させる請求項2ないし6のいずれか1項に記載の演奏支援システム。

【請求項8】
 
前記動作検出部は、角速度センサーを有する請求項1ないし7のいずれか1項に記載の演奏支援システム。

【請求項9】
 
前記再生部は、前記楽器を演奏する演奏装置を有する請求項1ないし8のいずれか1項に記載の演奏支援システム。

【請求項10】
 
楽曲データを楽曲として再生する再生部と、前記再生部によって再生された楽曲に合わせて楽器を演奏する演奏者に装着され、前記演奏者の動作を検出する動作検出部と、前記動作検出部が検出した前記演奏者の動作に関する動作情報を受信する受信部と、を備える演奏支援システムを制御する制御方法であって、
前記受信部が受信した前記動作情報に基づいて、前記再生部の再生条件を補正することを特徴とする制御方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018027425thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close