Top > Search of Japanese Patents > STUDY MANAGEMENT PROGRAM AND STUDY MANAGEMENT DEVICE

STUDY MANAGEMENT PROGRAM AND STUDY MANAGEMENT DEVICE

Patent code P180015079
File No. FU783
Posted date Jun 13, 2018
Application number P2018-081216
Publication number P2019-191727A
Date of filing Apr 20, 2018
Date of publication of application Oct 31, 2019
Inventor
  • (In Japanese)坂井 豊彦
  • (In Japanese)田中 雅人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title STUDY MANAGEMENT PROGRAM AND STUDY MANAGEMENT DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a study management program and a study management device which reduce the burden on a resident and an attending doctor in evaluating the resident with reference to one criterion on the basis of a document which the resident creates as a result of completing a course of study, compared to non-use of this invention.
SOLUTION: A study management server 1 includes: evaluation information recording means 103 which records an evaluation in each of items of in-hospital evaluation information 112 which evaluates study contents of a resident 8 taking a course of study and has a first number of items, on the basis of contents of electronic medical chart information 20 written by the resident 8; and evaluation information conversion means 106 which inputs a value to each of items of standard evaluation information 114 having a second number of items, on the basis of values of the respective items of the in-hospital evaluation information 112 to convert the evaluation information.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来の技術として、人の発言に基づくテキストから学習項目に対する評価レベルを推定する学習管理装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

特許文献1に開示された学習管理装置は、学習語登録手段に学習項目に基づく複数の学習語を登録するとともに、評価語登録手段に学習項目に対して発言されるであろう複数の評価語と、各評価語に対応付けられた評価レベルとを登録しておき、語検出手段によりテキストから学習語を検出するとともに、当該学習語の前方後方の所定語間距離以内から評価語を検出して、評価レベル推定手段により検出された学習語に基づく学習項目に、検出された評価語に対応する評価レベルを対応付けることで学習項目に対する評価レベルを推定する。

一方、学習結果を評価する必要のある事例として、厚生労働省により定められた基準に従って指導者である指導医が履修者である研修医を評価する前期研修医の評価システムが挙げられる。当該評価システムは、予め定められた経験項目を指導医と研修医とによりチェックし、研修医のカルテ記載を指導医がチェックする必要がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、学習管理プログラム及び学習管理装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コンピュータを、
教育過程を履修する履修者の履修内容を第1の基準に基づいて評価するための第1の項目数を有する第1の評価情報の各項目に、当該履修者が記入した文書情報の内容に基づいて評価を記録する評価情報記録手段と、
前記第1の評価情報の各項目の値に基づいて、第2の基準に基づいて評価するための第2の項目数を有する第2の評価情報の各項目に値を入力して評価情報を変換する評価情報変換手段として機能させる学習管理プログラム。

【請求項2】
 
前記評価情報記録手段は、前記第1の評価情報の各項目に値を入力するために用いた前記文書情報の内容を当該第1の評価情報の各項目に関連付けて保存する請求項1に記載の学習管理プログラム。

【請求項3】
 
前記評価情報変換手段は、予め定めた変換方法に基づいて前記第1の評価情報の各項目の値に基づいて前記第2の評価情報の各項目に値を入力する請求項1又は2に記載の学習管理プログラム。

【請求項4】
 
前記第1の評価情報の各項目の内容と、当該各項目の内容にそれぞれ関連づけられた前記文書情報の内容との対応関係を教師データとして前記評価情報作成手段の評価方法を学習する評価方法学習手段としてさらに機能させる請求項1‐3のいずれか1項に記載の学習管理プログラム。

【請求項5】
 
前記第1の評価情報の各項目と、前記第2の評価情報の各項目との対応関係を教師データとして前記評価情報変換手段の変換方法を学習する変換方法学習手段としてさらに機能させる請求項1‐4のいずれか1項に記載の学習管理プログラム。

【請求項6】
 
前記評価情報記録手段は、前記第1の評価情報の項目のうち、前記文書情報の内容に基づいて入力できない項目について、前記教育課程の評価者に対して入力するよう要求する請求項1‐5のいずれか1項に記載の学習管理プログラム。

【請求項7】
 
教育過程を履修する履修者の履修内容を評価した第1の項目数を有する第1の評価情報の各項目に、当該履修者が記入した文書情報の内容に基づいて評価を記録する評価情報記録手段と、
前記第1の評価情報の各項目の値に基づいて第2の項目数を有する第2の評価情報の各項目に値を入力して評価情報を変換する評価情報変換手段とを有する学習管理装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 5L049CC34
  • 5L099AA01
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018081216thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close