Top > Search of Japanese Patents > MICROORGANISM DETECTION DEVICE AND DETECTION METHOD

MICROORGANISM DETECTION DEVICE AND DETECTION METHOD

Patent code P180015080
File No. FU784
Posted date Jun 13, 2018
Application number P2018-027313
Publication number P2019-140955A
Date of filing Feb 19, 2018
Date of publication of application Aug 29, 2019
Inventor
  • (In Japanese)中津 美智代
  • (In Japanese)坂元 博昭
  • (In Japanese)末 信一朗
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
  • (In Japanese)福井県
Title MICROORGANISM DETECTION DEVICE AND DETECTION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a microorganism detection device and a detection method in which microorganisms can be simply detected by using an electrode sensor.
SOLUTION: A microorganism detection device according to the present invention comprises: an electrode sensor 1 in which an anode electrode body and a cathode electrode body are integrally formed via an insulator; culture medium 2 capable of culturing microorganisms; and detection means 3 which measures galvanic current flowing between both electrode bodies in the state where at least both electrode bodies of the electrode sensor 1 are brought into contact with the culture medium 2, and detects current changes by metabolite of microorganisms in the culture medium 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

食品加工、医療、介護等の分野では、細菌等の微生物による食中毒や感染症の発生を防止することが求められており、実際の作業環境での微生物の監視を常時行う必要がある。そのため、微生物を検出する技術の開発が進められている。例えば、特許文献1では、菌体を固定化した多孔質膜を電極基体に添着し、電解質溶液中で電極に流れる電流を測定して菌体数を測定する方法が記載されている。また、特許文献2では、液体培地での微生物濃度を微生物の代謝に基づいて変化する特定物質の溶存量を電極により測定することで求める微生物検出方法が記載されている。

また、特許文献3及び非特許文献1では、アノード電極とカソード電極との間に流れる電流を測定して微生物を検出する方法が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、電極センサを用いて微生物を簡易に検出できる微生物検出装置及び検出方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アノード電極体及びカソード電極体を絶縁体を介して一体形成された電極センサと、微生物を培養可能な培地と、前記電極センサの少なくとも両電極体を前記培地に接触させた状態で両電極体の間に流れるガルバニック電流を測定して前記培地中の微生物の代謝物による電流変化を検出する検出手段とを備えている微生物検出装置。

【請求項2】
 
前記電極センサは、前記アノード電極体及び前記カソード電極体の少なくとも一方が櫛形形状に形成された樹脂成分を含む導電体からなり、片方又は両方の露出表面を被覆するように金属薄膜が形成されている請求項1に記載の微生物検出装置。

【請求項3】
 
前記検出手段は、電流のピーク値及びピーク値に到達するまでの時間を測定して電流変化を検出する請求項1に記載の微生物検出装置。

【請求項4】
 
アノード電極体及びカソード電極体を絶縁体を介して一体形成された電極センサを用いて、微生物を培養可能な培地に少なくとも両電極体を接触させ、両電極体の間のガルバニック電流を測定することで前記培地中の微生物の代謝物による電流変化を検出する微生物検出方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018027313thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close