TOP > 国内特許検索 > Ro52/TRIM21タンパク質に対する自己抗体が認識するエピトープおよびその利用

Ro52/TRIM21タンパク質に対する自己抗体が認識するエピトープおよびその利用 UPDATE

国内特許コード P180015101
整理番号 S2017-0075-N0
掲載日 2018年6月20日
出願番号 特願2016-220793
公開番号 特開2018-077194
出願日 平成28年11月11日(2016.11.11)
公開日 平成30年5月17日(2018.5.17)
発明者
  • 奥村 麻衣子
  • 小澤 龍彦
  • 多喜 博文
  • 岸 裕幸
  • 戸邉 一之
  • 村口 篤
出願人
  • 国立大学法人富山大学
発明の名称 Ro52/TRIM21タンパク質に対する自己抗体が認識するエピトープおよびその利用 UPDATE
発明の概要 【課題】間質性肺炎に関連する自己抗体のエピトープを特定する。また間質性肺炎の診断等のための有用な方法を提供する。
【解決手段】 対象における間質性肺炎の、診断、発症の予測、重症度の診断、および重症化の予測からなる群より選択される少なくとも一つのための方法であって、Ro52/TRIM21タンパク質に対する抗体が対象から得られた試料中に存在するかどうかを決定する工程を含む、方法を提供する。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


間質性肺炎は肺の間質組織の線維化が起こる疾患の総称である。進行して炎症組織が線維化したものは肺線維症と呼ばれる。間質性肺炎は、薬剤性肺炎や放射性肺炎など、医原性原因によるもの、粉塵の吸入や過敏性肺炎など、職業・環境性因子によるもの、膠原病(全身の膠原線維にフィブリノイド変性を来し、その原因として自己免疫現象が考えられている疾患群)やサルコイドーシスなどの全身性疾患に付随して発病するものなど、その原因は様々であることが知られている。その他、背景となる疾患がなく、原因も特定できない特発性間質性肺炎がある。



間質性肺炎の体外診断用医薬品として、1999年にKL-6が保険適用された。KL-6抗体は、II型肺胞上皮細胞上に発現するMUC1を認識する抗体である。すなわち、KL-6は、200 kDa以上の分子量をもつ巨大な糖タンパク質であるMUC1の一部と考えられている。血清KL-6値は、特発性肺線維症、膠原病関連間質性肺炎、過敏性肺炎、放射性肺炎などの間質性肺炎で高値を示し、健常者や細菌性肺炎、肺気腫などのその他の肺疾患ではほとんど上昇しない。



一方、Ro52は、近年ではtripartite motif containing 21(TRIM21)とも表記されるが、分子量約52KDの細胞内タンパク質であり、Ring finger、B Box、Coiled Coil(C-C)、およびPRYSPRYRYの各ドメインを有する分子である。この分子に対する自己抗体は、シェーグレン症候群(SjS)、全身性エリテマトーデス(SLE)等の自己免疫疾患の患者の血清中に広く認められる。



マウスにヒトのRo52タンパク質を免疫した後にハイブリドーマを作成し、ヒトRo52タンパク質に対するモノクローナル抗抗体を作成した報告がある(非特許文献1)。また、SjSやSLEの患者血清(ポリクローナル抗体)を用いたエピトープの検索が行われてきている(非特許文献2)。さらに抗Ro52抗体と自己免疫疾患との関係に関する報告(非特許文献3)、抗Ro52/TRIM21抗体が、膠原病の一つである強皮症患者における間質性肺炎の合併率と重症度に関連するという報告がある(非特許文献4)

産業上の利用分野


本発明は、間質性肺炎の発症、その重症度の診断・予測に関する。本発明は、ライフサイエンス、および医療の分野で有用である。

特許請求の範囲 【請求項1】
対象における間質性肺炎の、診断、発症の予測、重症度の診断、および重症化の予測からなる群より選択される少なくとも一つのための方法であって、Ro52/TRIM21タンパク質に対する抗体が対象から得られた試料中に存在するかどうかを決定する工程を含む、方法。

【請求項2】
対象が、自己免疫疾患の患者である、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
自己免疫疾患が、膠原病である、請求項2に記載の方法。

【請求項4】
膠原病が、関節リウマチ、全身性強皮症、皮膚筋炎、多発性筋炎、混合性結合組織病からなる群より選択されるいずれかである、請求項3に記載の方法。

【請求項5】
Ro52/TRIM21タンパク質に対する抗体が、Ro52/TRIM21タンパク質のC-Cドメインに対するものである、請求項1~4のいずれか1項に記載の方法。

【請求項6】
Ro52/TRIM21タンパク質に対する抗体が、配列番号23のアミノ酸配列の全部、または少なくとも9アミノ酸長の一部からなるペプチドに対するものである、請求項1~5のいずれか1項に記載の方法。

【請求項7】
Ro52/TRIM21タンパク質を認識可能な、ヒトモノクローナル抗体。

【請求項8】
Ro52/TRIM21タンパク質のC-Cドメインを認識可能である、請求項7に記載の抗体。

【請求項9】
配列番号23のアミノ酸配列の全部、または少なくとも9アミノ酸長の一部からなるペプチド。

【請求項10】
請求項9に記載のペプチドに対する、抗体。

【請求項11】
請求項7~10のいずれか1項に記載された抗体またはペプチドを含む、間質性肺炎の検査キット。

【請求項12】
請求項7~10のいずれか1項に記載された抗体またはペプチドを含む、医薬組成物。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close