Top > Search of Japanese Patents > UNDERWATER PROPULSION DEVICE AND UNDERWATER PROBE DEVICE

UNDERWATER PROPULSION DEVICE AND UNDERWATER PROBE DEVICE

Patent code P180015104
File No. S2017-0010-N0
Posted date Jun 20, 2018
Application number P2016-201978
Publication number P2018-062275A
Date of filing Oct 13, 2016
Date of publication of application Apr 19, 2018
Inventor
  • (In Japanese)近 藤 逸 人
  • (In Japanese)中 根 健 志
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京海洋大学
  • (In Japanese)中根 健志
Title UNDERWATER PROPULSION DEVICE AND UNDERWATER PROBE DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an underwater propulsion device which achieves downsizing and reduction of weight and costs, and to provide an underwater probe device.
SOLUTION: An underwater propulsion device 1 is attached to a body part of an underwater probe device, applies a thrust force to the body part, and includes: a propeller 10 having a propeller shaft 11 and multiple propeller blades 12 provided at a tip part of the propeller shaft 11; and multiple drive parts 20 which rotationally drive the propeller 10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、自律型無人潜水機(Autonomous Underwater Vehicle:AUV)や遠隔操作無人探査機(Remotely Operated Vehicle)等の水中探査装置が知られている(例えば特許文献1参照)。この水中探査装置は、自律的に水中を航行し、搭載された種々のセンサにより、海洋生態系の観察や海底探査等を行う。水中探査装置では、同じ速度で長時間、水中で動き続けられることが重要である。

一般的に、プロペラ式の推進装置では、 薄くて長いプロペラ翼を有するプロペラを比較的ゆっくりと回転させることで、流体力学的に推進効率が向上する。したがって、小さなプロペラを高速で回転させるよりも、大きなプロペラをゆっくり回転させることが推進効率の観点から好ましい。

従来の水中探査装置用の水中推進装置では、特許文献1に記載のように、出力が大きい一つの電動機でプロペラを回転させる。また、電動機は、使用状態において水中に暴露されるため、耐水性および耐圧性が要求される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、水中推進装置、より詳しくは、プロペラ推進方式の水中推進装置、および、当該水中推進装置を利用して水中を航行する水中探査装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
水中探査装置の本体部に取り付けられ、前記本体部に推力を付与する水中推進装置であって、
プロペラシャフトと、前記プロペラシャフトの先端部に設けられた複数枚のプロペラ翼とを有するプロペラと、
前記プロペラを回転駆動する複数の駆動部と、
を備えることを特徴とする水中推進装置。

【請求項2】
 
前記各駆動部は、前記プロペラシャフトの外周部に機械的に接続された回転部と、前記回転部を回転させる電動機とを有することを特徴とする請求項1に記載の水中推進装置。

【請求項3】
 
前記各駆動部は、前記電動機を収容する容器を有することを特徴とする請求項2に記載の水中推進装置。

【請求項4】
 
前記回転部は、前記水中推進装置の使用状態において水中に暴露されることを特徴とする請求項2に記載の水中推進装置。

【請求項5】
 
前記プロペラシャフトが挿入され、前記プロペラシャフトを回転自在に支持する筒状の支持軸部をさらに備え、
前記回転部は、前記プロペラシャフトの周面に突設された円板部に機械的に接続されていることを特徴とする請求項2に記載の水中推進装置。

【請求項6】
 
前記プロペラシャフトは筒状であり、
前記プロペラシャフトに挿入され、前記プロペラシャフトを回転自在に支持する支持軸部をさらに備え、
前記回転部は、前記プロペラシャフトの周面に突設された円板部に機械的に接続されていることを特徴とする請求項2に記載の水中推進装置。

【請求項7】
 
前記プロペラシャフトは、同軸回転可能に構成された複数のシャフト構成部材を有し、前記各シャフト構成部材の先端部には少なくとも1枚のプロペラ翼が設けられ、
前記各駆動部は、各々に対応する前記シャフト構成部材を回転駆動することを特徴とする請求項2に記載の水中推進装置。

【請求項8】
 
前記プロペラシャフトは、筒状に形成された第1のシャフト構成部材と、前記第1のシャフト構成部材に挿通された第2のシャフト構成部材とを有することを特徴とする請求項7に記載の水中推進装置。

【請求項9】
 
前記第1および第2のシャフト構成部材は、前記回転部に機械的に接続される円板部を有することを特徴とする請求項8に記載の水中推進装置。

【請求項10】
 
前記プロペラシャフトは、永久磁石を有し、
前記各駆動部は、前記永久磁石に隣接するように設けられたコイルを有し、前記プロペラシャフトの長手方向に並設されていることを特徴とする請求項1に記載の水中推進装置。

【請求項11】
 
本体部と、
前記本体部の後尾部に取り付けられた請求項1~10のいずれかに記載の水中推進装置と、
を備えることを特徴とする水中探査装置。

【請求項12】
 
前記複数の駆動部を収容するカバー部をさらに備えることを特徴とする請求項11に記載の水中探査装置。
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2016201978thum.jpg
State of application right Published


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close