Top > Search of Japanese Patents > PHOTOCATALYST AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

PHOTOCATALYST AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

Patent code P180015105
File No. S2017-0067-N0
Posted date Jun 20, 2018
Application number P2016-218918
Publication number P2018-075525A
Date of filing Nov 9, 2016
Date of publication of application May 17, 2018
Inventor
  • (In Japanese)楊 英男
  • (In Japanese)呼 小紅
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title PHOTOCATALYST AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a photocatalyst exhibiting higher activity by visible light.
SOLUTION: There is provided a photocatalyst comprising bismuth tungstate (Bi2WO6), a phosphate and at least one of a metal (M) and an oxide thereof, where the molar ratio Bi/M between bismuth (B) and the metal (M) is 5/1 to 10/1, the content of phosphate ions (PO43-) is 0.3 to 1.8 at% and the metal is at least one selected from silver (Ag), gold (Au), platinum (Pt), copper (Cu) and nickel (Ni). There is provided a method for producing a photocatalyst which comprises a step of performing hydrothermal synthesis by adding at least one of a metal source and an oxide source thereof and a phosphate. Preferably, there is provided a method for producing a photocatalyst in which the temperature of the hydrothermal synthesis is 110 to 130°C and the synthesis reaction time is 5 hours or less.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年、二酸化チタン(TiO2)の光触媒作用は、水および空気浄化の分野で非常に注目されている。二酸化チタン光触媒は、室温付近にて、紫外光を利用して、有機物を二酸化炭素へ酸化分解できる。
しかしながら、二酸化チタン光触媒は、室内灯や太陽光に多く含まれる可視光には応答しないため、窒素をドープした二酸化チタン、表面修飾型の酸化タングステン(WO3)、タングステン酸ビスマス(Bi2WO6)(例えば、特許文献1参照)等の可視光によって活性を示す光触媒が考案されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、光触媒およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
タングステン酸ビスマス(Bi2WO6)と、リン酸塩と、金属(M)およびその酸化物の少なくとも一方と、を含んでなることを特徴とする光触媒。

【請求項2】
 
ビスマス(Bi)と前記金属(M)とのモル比であるBi/Mが、5/1~10/1であることを特徴とする請求項1に記載の光触媒。

【請求項3】
 
リン酸イオン(PO43-)の含有量が、0.3at%~1.8at%であることを特徴とする請求項1または2に記載の光触媒。

【請求項4】
 
前記金属(M)が、銀(Ag)、金(Au)、白金(Pt)、銅(Cu)およびNi(ニッケル)からなる群から選択される少なくとも1種であることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の光触媒。

【請求項5】
 
タングステン酸ビスマス(Bi2WO6)に、金属源およびその酸化物源の少なくとも一方と、リン酸塩とを加えて水熱合成する工程を備えることを特徴とする光触媒の製造方法。

【請求項6】
 
前記水熱合成の温度が、110℃~130℃であることを特徴とする請求項5に記載の光触媒の製造方法。

【請求項7】
 
前記水熱合成の時間が、5時間以下であることを特徴とする請求項5または6に記載の光触媒の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close