TOP > 国内特許検索 > 姿勢伝達制御装置、姿勢伝達装置、姿勢伝達方法およびプログラム

姿勢伝達制御装置、姿勢伝達装置、姿勢伝達方法およびプログラム UPDATE 新技術説明会

国内特許コード P180015126
掲載日 2018年6月28日
出願番号 特願2015-099038
公開番号 特開2016-214283
出願日 平成27年5月14日(2015.5.14)
公開日 平成28年12月22日(2016.12.22)
発明者
  • 島 圭介
  • 島谷 康司
  • 今野 和樹
出願人
  • 国立大学法人横浜国立大学
  • 公立大学法人県立広島大学
発明の名称 姿勢伝達制御装置、姿勢伝達装置、姿勢伝達方法およびプログラム UPDATE 新技術説明会
発明の概要 【課題】一方の生体と同じ姿勢を他方の生体にとらせる。
【解決手段】姿勢伝達制御装置は、第1生体に取り付けられた第1電極から検出される電気信号の入力を受け付ける信号入力部と、入力された前記電気信号に基づいて前記第1生体の姿勢パターンを推定する推定部と、前記推定部が推定した前記姿勢パターンに基づいて、第2生体に取り付けられた第2電極に出力すべき電気信号のパラメータを決定する決定部と、前記決定部が決定した前記パラメータを有する電気信号を前記第2電極に出力させる信号出力部とを備える。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要


脳卒中や脊髄損傷等による麻痺を伴う患者は、運動機能を回復するために日常的なリハビリテーションを実施する必要がある。リハビリテーションを支援する方法として、筋へ与える電気刺激により筋収縮を誘発し、関節の屈曲、伸展動作を行う方法が考案されている(例えば、非特許文献1を参照)。また、非特許文献2には、複数チャネルの電気刺激を用いて人体の五指の屈曲および伸展などの複雑な動作を制御する装置が開示されている。

産業上の利用分野


本発明は、姿勢伝達制御装置、姿勢伝達装置、姿勢伝達方法およびプログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
第1生体に取り付けられた第1電極から検出される電気信号の入力を受け付ける信号入力部と、
入力された前記電気信号に基づいて前記第1生体の姿勢パターンを推定する推定部と、
前記推定部が推定した前記姿勢パターンに基づいて、第2生体に取り付けられた第2電極に出力すべき電気信号のパラメータを決定する決定部と、
前記決定部が決定した前記パラメータを有する電気信号を前記第2電極に出力させる信号出力部と
を備える姿勢伝達制御装置。

【請求項2】
前記推定部が、前記姿勢パターンと、前記第1電極が取り付けられた生体が当該姿勢パターンの姿勢をとったときに前記第1電極から検出される電気信号とに基づく機械学習によって得られた推定モデルを用いて、前記第1生体の姿勢パターンを推定する
請求項1に記載の姿勢伝達制御装置。

【請求項3】
前記決定部が、前記姿勢パターンと、前記第2電極に流すことで前記第2生体を当該姿勢パターンの姿勢をとらせる電気信号のパラメータとを関連付けた出力モデルを用いて、前記パラメータを決定する
請求項1または請求項2に記載の姿勢伝達制御装置。

【請求項4】
前記推定部が、前記第1生体の姿勢パターンに加え、前記第1生体の関節の屈曲角度または前記第1生体の筋の収縮の強さのうち少なくとも1つを推定し、
前記決定部が、前記推定部が推定した前記屈曲角度または前記収縮の強さのうち少なくとも1つ、および前記姿勢パターンに基づいて、前記パラメータを決定する
請求項1から請求項3の何れか一項に記載の姿勢伝達制御装置。

【請求項5】
第1生体に取り付けられる第1電極と、
第2生体に取り付けられ、前記第1電極から検出される電気信号が表す姿勢パターンに応じた電気信号を出力する第2電極と
を備える姿勢伝達装置。

【請求項6】
請求項1から請求項4の何れか1項に記載の姿勢伝達制御装置
をさらに備える請求項5に記載の姿勢伝達装置。

【請求項7】
育成者に取り付けられた第1電極から検出される電気信号の入力を受け付けるステップと、
入力された前記電気信号に基づいて前記育成者の姿勢パターンを推定するステップと、
前記姿勢パターンに基づいて、被育成者に取り付けられた第2電極に出力すべき電気信号のパラメータを決定するステップと、
前記パラメータを有する電気信号を前記第2電極から出力するステップと
を備える姿勢伝達方法。

【請求項8】
コンピュータを、
第1生体に取り付けられた第1電極から検出される電気信号の入力を受け付ける信号入力部、
入力された前記電気信号に基づいて前記第1生体の姿勢パターンを推定する推定部、
前記推定部が推定した前記姿勢パターンに基づいて、第2生体に取り付けられた第2電極に出力すべき電気信号のパラメータを決定する決定部、
前記決定部が決定した前記パラメータを有する電気信号を前記第2電極に出力させる信号出力部
として機能させるためのプログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2015099038thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close