Top > Search of Japanese Patents > GLASS FOR FLUOROGLASS DOSIMETER AND FLUOROGLASS DOSIMETER INCLUDING THE SAME

GLASS FOR FLUOROGLASS DOSIMETER AND FLUOROGLASS DOSIMETER INCLUDING THE SAME meetings

Patent code P180015128
File No. 内0532,S2018-0088-N0,6000
Posted date Jun 28, 2018
Application number P2017-212128
Publication number P2019-086305A
Date of filing Nov 1, 2017
Date of publication of application Jun 6, 2019
Inventor
  • (In Japanese)角野 広平
  • (In Japanese)橋川 凌
  • (In Japanese)藤井 康浩
  • (In Japanese)若杉 隆
  • (In Japanese)岡田 有史
  • (In Japanese)木野村 淳
  • (In Japanese)齊藤 毅
Applicant
  • Kyoto Institute of Technology
  • Kyoto University
Title GLASS FOR FLUOROGLASS DOSIMETER AND FLUOROGLASS DOSIMETER INCLUDING THE SAME meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide glass for a fluoroglass dosimeter that has excellent durability including water resistance and uses an activator exhibiting high cost merit, and also to provide a fluoroglass dosimeter using the glass.
SOLUTION: In glass for a fluoroglass dosimeter, silicate glass is adopted as a glass matrix. The glass is made of copper-dope silicate glass where the glass matrix is doped with copper.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

放射線作業従事者などが放射線被曝量の測定に用いる個人被曝線量計としては、現在、蛍光ガラス線量計(いわゆるガラスバッジ)が一般に用いられている。また、蛍光ガラス線量計用ガラス(検出子)としては、銀を賦活剤(発光中心)として用いた銀ドープリン酸塩ガラスが主に用いられており、例えば、非特許文献1には、銀ドープリン酸塩ガラスのラジオフォトルミネッセンス(Radio photoluminescence,以下「RPL」ともいう)の研究成果について詳細な報告がなされている。

RPLの概要は次の通りである。例えば、銀ドープリン酸塩ガラスに放射線が照射されるとガラス中に正孔と電子が発生する。正孔と電子は、それぞれガラス中にドープされたAgイオンに捕獲され、正孔を捕獲したAgはAg2+に変化し、電子を捕獲したAgはAg0に変化する。そして、Ag2+とAg0は共に紫外線を照射すると可視光の発光を示す。なお、Agは紫外線を照射すると紫外光を発光するが、可視光の発光は示さない。このような、放射線照射(被曝)により誘起される発光はRPLと称される。

銀を賦活剤としたRPLの発光強度は、ガラス中のAg2+,Ag0の量に比例し、当該Ag2+,Ag0の量は照射された放射線量に比例するため、発光強度を測定することによりガラスに照射された放射線量(すなわち被曝量)を計測することができる。また、正孔や電子を捕獲して生成したAg2+,Ag0は安定で経時変化が殆どないため、発光強度の測定は何度でも行うことができる。更に、被曝した蛍光ガラスは、熱処理により被曝前の状態に戻るため、原理的には、蛍光ガラス線量計は繰り返し用いることができる。

蛍光ガラス線量計用ガラスについては、銀ドープリン酸塩ガラスが開発されて以降は、基本的にこの銀ドープリン酸塩ガラスの改良に留まっており、ガラス母体又は賦活剤の種類を変えた新規な材料の研究は殆ど進められていなかったが、近年ようやくガラス母体や賦活剤の種類を変えた研究が進められつつある。

なお、本願に関連する他の先行技術文献としては、次のものが挙げられる。

特許文献1には、ガラス母体を改良した発明として、「メタりん酸ナトリウムとメタりん酸カルシウムで構成されるNa-Caガラスに、銀が添加されていることを特徴とする蛍光ガラス線量計用ガラス。」が開示されている(請求項1)。

特許文献2には、ガラス母体の水分量を調整した発明として、「銀イオンを含有するリン酸塩ガラス(銀活性リン酸塩ガラス)からなり、β-OH値が0.05~0.15mm-1であることを特徴とする蛍光ガラス線量計用ガラス。」が開示されている(請求項1)。

また、非特許文献2には、賦活剤を銅に変更した銅ドープリン酸塩ガラスのRPL特性について報告されている。具体的には、ガラス母体であるリン酸塩ガラス100モル%に対して外割で銅を0.13モル%(酸化物換算)含有する場合について報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、放射線被曝量の測定に有用な、蛍光ガラス線量計用ガラス及びそれを備えた蛍光ガラス線量計に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ケイ酸塩ガラスをガラス母体とし、当該ガラス母体に銅がドープされている銅ドープケイ酸塩ガラスからなることを特徴とする蛍光ガラス線量計用ガラス。

【請求項2】
 
前記ガラス母体は、酸化物表示でSiO2と、Li2O,Na2O,K2O,Rb2O,Cs2O,BeO,MgO,CaO,SrO及びBaOからなる群から選択される少なくとも一種の金属酸化物とを含有する、請求項1に記載の蛍光ガラス線量計用ガラス。

【請求項3】
 
前記ケイ酸塩ガラスがホウケイ酸塩ガラスである、請求項1に記載の蛍光ガラス線量計用ガラス。

【請求項4】
 
前記ガラス母体は、酸化物表示でB2O3と、SiO2と、Li2O,Na2O,K2O,Rb2O,Cs2O,BeO,MgO,CaO,SrO及びBaOからなる群から選択される少なくとも一種の金属酸化物とを含有する、請求項3に記載の蛍光ガラス線量計用ガラス。

【請求項5】
 
前記ケイ酸塩ガラスがアルミノホウケイ酸塩ガラスである、請求項1に記載の蛍光ガラス線量計用ガラス。

【請求項6】
 
前記ガラス母体は、酸化物表示でAl2O3と、B2O3と、SiO2と、Li2O,Na2O,K2O,Rb2O,Cs2O,BeO,MgO,CaO,SrO及びBaOからなる群から選択される少なくとも一種の金属酸化物とを含有する、請求項5に記載の蛍光ガラス線量計用ガラス。

【請求項7】
 
銅以外の金属であって前記ガラス母体中で複数の酸化数で存在し得る金属が更にドープされている、請求項1~6のいずれかに記載の蛍光ガラス線量計用ガラス。

【請求項8】
 
前記ガラス母体中で複数の酸化数で存在し得る金属が銀である、請求項7に記載の蛍光ガラス線量計用ガラス。

【請求項9】
 
前記ガラス母体100モル%に対する前記銅のドープ量は、外割且つ金属銅換算で0.005モル%以下である、請求項1~8のいずれかに記載の蛍光ガラス線量計用ガラス。

【請求項10】
 
請求項1~9のいずれかに記載の蛍光ガラス線量計用ガラスを備えることを特徴とする蛍光ガラス線量計。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close