TOP > 国内特許検索 > ナノリンクルシート材の製造方法

ナノリンクルシート材の製造方法 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会

国内特許コード P180015137
整理番号 P16-066
掲載日 2018年6月29日
出願番号 特願2017-107406
出願日 平成29年5月31日(2017.5.31)
発明者
  • 瀧健太郎
出願人
  • 国立大学法人金沢大学
発明の名称 ナノリンクルシート材の製造方法 (未公開特許出願) NEW 新技術説明会
発明の概要 ナノリンクルと呼ばれている表面にしわのあるシートが拡散反射による正反射の低減など独特な光学特性を有することから注目されている。本技術では,これまで作ることができなかった表裏にナノリンクル構造を有するシートを新たに開発した。
従来の技術では,基板の上に薬液を塗布して,ナノリンクルを作成していた。この方法では,フィルムの片面にしかナノリンクル構造を作ることができない。我々の方法は簡便な方法により表裏にナノリンクル構造を有するシートを作製できる。
(有)金沢大学ティ・エル・オーは、金沢大学の研究者の出願特許を産業界へ技術移転することを主目的として、金沢大学の教官の出資により設立された技術移転機関です。
ご興味のある方は、下記「問合せ先」へ整理番号と共にご連絡願います。
なお、既に活用のお申し込み・お打合わせ等の段階に入っている場合もございますので、予めご承知おきください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close