Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING NANO WRINKLE SHEET MATERIAL

METHOD FOR PRODUCING NANO WRINKLE SHEET MATERIAL meetings

Patent code P180015137
File No. P16-066
Posted date Jun 29, 2018
Application number P2017-107406
Publication number P2018-203816A
Date of filing May 31, 2017
Date of publication of application Dec 27, 2018
Inventor
  • (In Japanese)瀧 健太郎
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title METHOD FOR PRODUCING NANO WRINKLE SHEET MATERIAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a sheet material having excellent nano wrinkles on the surface by a simple process.
SOLUTION: A method for producing a nano wrinkle sheet material includes the steps of forming a layer of a monomer or oligomer of ultraviolet curable resin on the surface of a solution containing a polymerization inhibitor, and applying ultraviolet rays to polymerize and cure the monomer or oligomer layer.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

表面に微細な凹凸構造を形成することで防眩等の光学特性、構造色、超撥水性等の各、優れた特性が得られることは知られている。
これまでに報告されている、表面に微細な凹凸形状を形成する方法としては、特許文献1,2に開示されているように転写成形によるものである。
しかし、このような転写成形による方法では、転写型に形成する凹凸の微細化には限界があり、凹凸形状にも制限があった。
また、樹脂の転写性や離型性も問題になるだけでなく製造装置が大型化する課題があった。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は表面に数百ナノメートルオーダーの微細なしわ(ナノリンクル)を有するシート材の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
重合阻害剤を含有する溶液表面に紫外線硬化性樹脂のモノマー又はオリゴマーの層を形成するステップと、
紫外線を照射し、前記モノマー又はオリゴマーの層を重合及び硬化させるステップを有することを特徴とするナノリンクルシート材の製造方法。

【請求項2】
 
前記紫外線硬化性樹脂のモノマー又はオリゴマーは、硬化収縮率の異なる二種以上のモノマー又はオリゴマーが混合されていることを特徴とする請求項1記載のナノリンクルシート材の製造方法。

【請求項3】
 
前記紫外線の照射は複数回に分けて照射するものであることを特徴とする請求項1又は2記載のナノリンクルシート材の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017107406thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close