Top > Search of Japanese Patents > TOMATO SEEDLING RAISING METHOD, SEEDLING RAISING APPARATUS AND PLANT FACTORY

TOMATO SEEDLING RAISING METHOD, SEEDLING RAISING APPARATUS AND PLANT FACTORY meetings

Patent code P180015146
File No. 2601
Posted date Jun 29, 2018
Application number P2014-131154
Publication number P2016-007185A
Patent number P6217980
Date of filing Jun 26, 2014
Date of publication of application Jan 18, 2016
Date of registration Oct 6, 2017
Inventor
  • (In Japanese)松浦 昌平
  • (In Japanese)石倉 聡
Applicant
  • (In Japanese)広島県
Title TOMATO SEEDLING RAISING METHOD, SEEDLING RAISING APPARATUS AND PLANT FACTORY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tomato seedling raising method, a seedling raising apparatus and a plant factory which are capable of suppressing onset of viral diseases, safe, and excellent in economical efficiency.
SOLUTION: The tomato seedling raising method of the present invention comprises a step of irradiating tomato seedlings with light by using LED light sources, where the LED light sources used in the step include a wavelength region of 280 nm or more and 290 nm or less and about light to be irradiated to tomato seedlings, an irradiation amount of a wavelength component of 280 nm or more and 290 nm or less is 0.7 kJ/m2 or more and 1.4 kJ/m2 or less per day. The tomato seedling raising method of the present invention can be easily performed by installing LED light sources in a seedling raising apparatus and in a plant factory, the LED light sources being capable of irradiating tomato seedlings with light of a wavelength region of 280 nm or more and 290 nm or less in an irradiation amount of 0.7 kJ/m2 or more and 1.4 kJ/m2 or less per day.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

トマトモザイクウイルス(ToMV)は、トマトに感染し、モザイク症状及び壊疽症状による減収被害をもたらす重要病原体である。近年、海外から抵抗性遺伝子を打破する新系統のウイルスが侵入し、トマトに減収被害をもたらしている。作物のウイルス病は、主に媒介虫や農作業中の手指を介して感染発病するため、ウイルス病を防除するには媒介虫を駆除すればよいが、害虫の薬剤抵抗性が発達しており完全ではない。作物の抵抗性遺伝子を利用する方法もあるが、遺伝子打破系のウイルスには効果がない。

うどんこ病など糸状菌による病害に対しては、植物に280~340nmのUV-Bを照射することで糸状菌の細胞形成や菌糸の成長を抑制し、植物の病害抵抗性を誘導可能にする技術がある(例えば特許文献1参照)。さらに280~340nmのUV-Bを照射するだけでは、菌糸の成長抑制、植物の病害抵抗性の誘導が不十分であるとし、280~340nmのUV-Bと255~280nmのUV-Cとを重畳して照射することで、従来以上に、菌糸の成長を抑制し、植物の病害抵抗性を誘導可能にする技術が提案されている(例えば特許文献2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ウイルス病の発病を抑制可能なトマト育苗方法、育苗装置及び植物工場に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
LED光源を用いてトマト苗に光を照射する工程を有し、
当該工程は、有効波長成分として280nm以上290nm以下の光を1日当たり0.7kJ/m2以上1.4kJ/m2以下照射し
これによりUV障害を抑制しつつ、トマトのウイルス病の発病を抑制することを特徴とするトマト育苗方法。

【請求項2】
 
前記LED光源から放出する光は、280nm以上290nm以下の波長域のみからなることを特徴とする請求項1に記載のトマト育苗方法。

【請求項3】
 
前記LED光源は、280nm以上290nm以下の波長域のみからなる光を放出することを特徴とする請求項2に記載のトマト育苗方法。

【請求項4】
 
前記LED光源は、280nm以上290nm以下の波長域を含む光を放出する光源と、280nm以上290nm以下の波長域の光のみを透過する透過手段とからなることを特徴とする請求項2に記載のトマト育苗方法。

【請求項5】
 
トマト苗の育苗装置であって、
280nm以上290nm以下の波長域のみからなる光を、1日当たり0.7kJ/m2以上1.4kJ/m2以下の照射量でトマト苗に照射可能なLED光源を備えることを特徴とする育苗装置。

【請求項6】
 
前記LED光源は、280nm以上290nm以下の波長域のみからなる光を放出することを特徴とする請求項5に記載の育苗装置。

【請求項7】
 
前記LED光源は、280nm以上290nm以下の波長域を含む光を放出する光源と、280nm以上290nm以下の波長域の光のみを透過する透過手段とからなることを特徴とする請求項5に記載の育苗装置。

【請求項8】
 
請求項5から7のいずれか1項に記載の育苗装置を備えることを特徴とする植物工場。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2014131154thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) Hiroshima Prefectural Technology Research Institute


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close