Top > Search of Japanese Patents > ARTIFICIAL CORNEA, AND METHOD FOR MANUFACTURING ARTIFICIAL CORNEA

ARTIFICIAL CORNEA, AND METHOD FOR MANUFACTURING ARTIFICIAL CORNEA

Patent code P180015158
File No. N17100
Posted date Jul 13, 2018
Application number P2018-061526
Publication number P2019-170618A
Date of filing Mar 28, 2018
Date of publication of application Oct 10, 2019
Inventor
  • (In Japanese)金 翼水
  • (In Japanese)ダボード カラガニ
  • (In Japanese)大谷 聖
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
  • (In Japanese)株式会社レモン
Title ARTIFICIAL CORNEA, AND METHOD FOR MANUFACTURING ARTIFICIAL CORNEA
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an artificial cornea that is capable of suppressing falling of an artificial cornea or occurrence of an infectious disease or the like, and by which sufficient strength and optical characteristics can be obtained, and a manufacturing method of an artificial cornea for manufacturing an artificial cornea which is capable of suppressing occurrence of abnormality and by which sufficient strength and optical characteristics can be obtained.
SOLUTION: An artificial cornea comprises: nonwoven fabric in which a through-hole is formed; and aqueous polymer gel arranged so as to cover the through-hole. Further, a method for manufacturing an artificial cornea includes: a nonwoven fabric preparation process of preparing nonwoven fabric in which a through-hole is formed; and a gel arrangement process of arranging the aqueous polymer gel so as to cover through-hole.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

角膜は目(眼球)を構成する組織の1つであり、厚さ0.5mm~0.7mm程度の、透明な膜である。濁りが生じる等、角膜に何らかの障害が出ることを角膜疾患といい、角膜疾患は世界で3番目に多い失明原因とされている。現在、世界中でおよそ1000万人が角膜疾患により失明していると推定されている。

角膜疾患の治療方法としては、角膜移植が広く知られている。しかし、角膜移植は他人の生体組織を患者に移植するものであるため、拒絶反応や感染症が発生する懸念がある。また、角膜の提供者数が不足しているという問題もある。
そこで、生体から採取した角膜ではなく人工角膜を用いることが検討されている。

初期の人工角膜は、ほぼ全体が緻密な透明無機材料(ガラス等)や透明樹脂(ポリメチルメタアクリレート等)からなるものが多かった(例えば、特許文献1参照。)。しかし、このような人工角膜は、生体組織との接着性が悪い、眼球に力学的なストレスを与える等といった問題があり、人工角膜の脱落や感染症等の異常が発生しやすいことから、少なくとも長期間の使用に耐えうるものではなかった。

近年、上記のような事情から、コラーゲン等の生体適合性が高い軟物質や繊維質物質(例えば、不織布)からなる人工角膜が研究されている(例えば、特許文献2参照。)。このような人工角膜は、移植後に細胞となじみやすい、酸素や栄養素を通過させることができる等の利点があることから、異常(人工角膜の脱落や感染症等)の発生を抑制することが可能な人工角膜とすることができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、人工角膜及び人工角膜の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
貫通孔が形成された不織布と、
前記貫通孔を覆うように配置されている水性高分子ゲルとを備えることを特徴とする人工角膜。

【請求項2】
 
貫通孔が形成された不織布を準備する不織布準備工程と、
前記貫通孔を覆うように水性高分子ゲルを配置するゲル配置工程とを含むことを特徴とする人工角膜の製造方法。

【請求項3】
 
前記不織布を構成する繊維は、ナノファイバーであることを特徴とする請求項2に記載の人工角膜の製造方法。

【請求項4】
 
前記不織布を構成する繊維は、ポリビニルアルコール系ナノファイバーであることを特徴とする請求項3に記載の人工角膜の製造方法。

【請求項5】
 
前記不織布は、ポリビニルアルコール-ヒドロキシエチルセルロース-グラファイト複合ナノファイバーからなることを特徴とする請求項4に記載の人工角膜の製造方法。

【請求項6】
 
前記不織布は、ポリビニルアルコール及びヒドロキシエチルセルロースの混合溶液にグラファイトを分散させた紡糸溶液を原料としてエレクトロスピニング法により形成されたものであることを特徴とする請求項5に記載の人工角膜の製造方法。

【請求項7】
 
前記不織布にハイドロキシアパタイトが付着していることを特徴とする請求項2~6のいずれかに記載の人工角膜の製造方法。

【請求項8】
 
前記不織布準備工程では、前記不織布を塩化カルシウム水溶液に浸漬し、その後、前記不織布をpH10以上に調整したリン酸水素二ナトリウム水溶液に浸漬するサイクルを一回又は複数回実施することにより前記不織布に前記ハイドロキシアパタイトを付着させることを特徴とする請求項7に記載の人工角膜の製造方法。

【請求項9】
 
前記水性高分子ゲルは、ポリビニルアルコール系の水性高分子ゲルであることを特徴とする請求項2~8のいずれかに記載の人工角膜の製造方法。

【請求項10】
 
前記ゲル配置工程では、凍結融解法により前記不織布に前記水性高分子ゲルを配置することを特徴とする請求項9に記載の人工角膜の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018061526thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close