Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)透過型ヘッドマウントディスプレイ装置及びプログラム

(In Japanese)透過型ヘッドマウントディスプレイ装置及びプログラム meetings

Patent code P180015187
File No. S2018-0803-N0
Posted date Jul 24, 2018
Application number P2018-136222
Publication number P2020-014160A
Date of filing Jul 19, 2018
Date of publication of application Jan 23, 2020
Inventor
  • (In Japanese)河本 浩明
  • (In Japanese)朝倉 靖成
  • (In Japanese)上原 皓
  • (In Japanese)丸島 愛樹
  • (In Japanese)松村 英明
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人筑波大学
Title (In Japanese)透過型ヘッドマウントディスプレイ装置及びプログラム meetings
Abstract (In Japanese)
【課題】
 使い勝手を向上させることができる透過型ヘッドマウントディスプレイ装置及びプログラムを提供する。
【解決手段】
 透過型ヘッドマウントディスプレイ装置は、被写体を撮像する撮像部と、被写体から入射する光を装着者の目に対して透過させつつ、入力される画像信号に基づく画像を装着者の目に対して表示する透過型表示部と、撮像部が撮像する被写体の像が拡大された拡大画像を生成するとともに、生成した拡大画像を示す画像信号を透過型表示部に出力することにより、透過型表示部の表示面の少なくとも一部に拡大画像を表示させる表示制御部とを備える。
【選択図】
 図1
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、例えば手術時の術野の像を拡大するルーペ機能と、拡大された像を撮像して記録する撮像機能とを併せ持つ双眼ルーペに関する技術が開示されている(例えば、特許文献1を参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、透過型ヘッドマウントディスプレイ装置及びプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被写体を撮像する撮像部と、
前記被写体から入射する光を装着者の目に対して透過させつつ、入力される画像信号に基づく画像を装着者の目に対して表示する透過型表示部と、
前記撮像部が撮像する前記被写体の像が拡大された拡大画像を生成するとともに、生成した前記拡大画像を示す画像信号を前記透過型表示部に出力することにより、前記透過型表示部の表示面の少なくとも一部に前記拡大画像を表示させる表示制御部と、
を備える透過型ヘッドマウントディスプレイ装置。

【請求項2】
 
装着者の顔の筋肉の状態を検出する筋状態検出部
をさらに備え、
前記表示制御部は、前記筋状態検出部の検出結果に基づいて前記拡大画像を生成する
請求項1に記載の透過型ヘッドマウントディスプレイ装置。

【請求項3】
 
前記筋状態検出部の検出結果に基づいて、前記拡大画像の拡大率を算出する拡大率算出部
をさらに備え、
前記表示制御部は、
前記拡大率算出部が算出する前記拡大率に応じた前記拡大画像を生成する
請求項2に記載の透過型ヘッドマウントディスプレイ装置。

【請求項4】
 
前記筋状態検出部の検出結果に基づいて、前記拡大画像の前記表示面における表示面積を算出する表示面積算出部
をさらに備え、
前記表示制御部は、
前記表示面積算出部が算出する前記表示面積に応じた前記拡大画像を生成する
請求項2又は請求項3に記載の透過型ヘッドマウントディスプレイ装置。

【請求項5】
 
前記表示制御部は、
予め記憶されている前記被写体の三次元画像を、前記表示面を介して装着者に視認される前記被写体の像に重ねて前記表示面に表示させる
請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の透過型ヘッドマウントディスプレイ装置。

【請求項6】
 
前記表示面を介して装着者に視認される前記被写体の像とは、前記拡大画像である
請求項5に記載の透過型ヘッドマウントディスプレイ装置。

【請求項7】
 
前記表示面を介して装着者に視認される前記被写体の像とは、前記表示面を透過する光による前記被写体の像である
請求項5に記載の透過型ヘッドマウントディスプレイ装置。

【請求項8】
 
前記被写体とは手術中の患者であり、
前記患者の容体を示す患者情報を取得する患者情報取得部と、
予め記憶されている手術手順情報と、前記患者に対する手術の状況を示す手術状況情報とに基づいて、手術の状況を判定する状況判定部と、
をさらに備え、
前記表示制御部は、
前記状況判定部の判定結果に基づいて、前記患者情報取得部が取得する前記患者情報に基づく患者情報画像を前記表示面に表示させる
請求項1から請求項7のいずれか一項に記載の透過型ヘッドマウントディスプレイ装置。

【請求項9】
 
前記拡大画像と、前記表示制御部が画像を拡大する前の前記被写体の画像とを、記憶部に記憶させる画像記憶制御部
をさらに備える請求項1から請求項7のいずれか一項に記載の透過型ヘッドマウントディスプレイ装置。

【請求項10】
 
被写体を撮像する撮像部と、前記被写体から入射する光を装着者の目に対して透過させつつ、入力される画像信号に基づく画像を装着者の目に対して表示する透過型表示部と、を備える透過型ヘッドマウントディスプレイ装置のコンピュータに、
前記撮像部が撮像する前記被写体の像が拡大された拡大画像を生成する拡大画像生成ステップと、
前記拡大画像生成ステップにおいて生成された前記拡大画像を示す画像信号を前記透過型表示部に出力することにより、前記透過型表示部の表示面の少なくとも一部に前記拡大画像を表示させる画像信号出力ステップと、
を実行させるためのプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2018136222thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close