Top > Search of Japanese Patents > SECRETION PROMOTION DEVICE

SECRETION PROMOTION DEVICE

Patent code P180015219
File No. 1724-16P025
Posted date Aug 2, 2018
Application number P2017-075111
Publication number P2018-175044A
Date of filing Apr 5, 2017
Date of publication of application Nov 15, 2018
Inventor
  • (In Japanese)宮脇 正一
  • (In Japanese)植田 紘貴
  • (In Japanese)菅 真有
  • (In Japanese)永山 邦宏
  • (In Japanese)八木 孝和
  • (In Japanese)大石 章仁
  • (In Japanese)桑木 共之
  • (In Japanese)池田 正徳
  • (In Japanese)坂本 泰二
  • (In Japanese)田松 裕一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鹿児島大学
Title SECRETION PROMOTION DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a secretion promotion device capable of promoting secretion of saliva or lacrimal fluid in a greater variety of methods.
SOLUTION: A secretion promotion device 1A promotes secretion of saliva or lacrimal fluid. A pair of electrodes 2A and 2B are wound around a vagus nerve N1 of the neck H1 to give electric stimulation to the vagus nerve N1, which is a dominant nerve involved in secretion of saliva or lacrimal fluid. A pulse generator 3 is connected to the pair of electrodes 2A and 2B through a lead wire 4, and is buried in the chest H2 of a subject P. The pulse generator 3 applies electric stimulation to the pair of electrodes 2A and 2B through the lead wire 4. Thereby, the electric stimulation is given to the vagus nerve N1, and secretion of saliva is promoted. Thus, the present invention acts on the nerve dominating a stimulation site to promote the secretion of saliva or the secretion of lacrimal fluid through a parasympathetic reflex arc, or directly stimulates the nerve projected to salivary or lacrimal glands, thereby promoting secretion of saliva or lacrimal fluid.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

口腔に関する病気の1つにドライマウス(口腔乾燥症)がある。ドライマウスに対しては、口腔の乾燥感や粘膜痛などに対処するために、人工唾液や保湿剤を用いるなどの対症療法がとられることが多い。また、唾液腺を含む外分泌腺の萎縮を生じる自己免疫疾患であるシェーグレン症候群(Sjogren's syndrome)に起因する口腔乾燥には、唾液分泌促進剤が用いられているが、その効果は限定的であり、吐き気や悪心などの副作用も懸念される。そこで、ドライマウスについて、安全な根本療法の実現が求められている。このような背景から、例えば、薬物を用いることなく、周波数が異なる電気信号の干渉波による電気刺激を唾液腺に対して直接的に付与して唾液の分泌を促進する分泌促進装置が開示されている(例えば、特許文献1参照)。

一方、眼に関する病気の1つにドライアイ(角膜乾燥症)がある。ドライアイの患者は、本邦に800万人以上存在すると言われており、高齢者に好発することから、高齢化率が進みつつある本邦又は高齢化率の高い米国などの先進国において増加傾向にある。また、パソコンやスマートフォンの使用とも関連があり、今後も患者数は爆発的に増加することが危惧されている。ドライアイに対しては、現在は、眼の乾燥感や疲れやすさなどに対処するため点眼治療を行う対症療法が主に用いられているが、薬物の使用は副作用に対する懸念がある。その他、涙液を排出する涙点をプラグで塞いだり、外科的に閉鎖したりする手術療法も存在するが、この方法は、効果が永続的でなく、外科的侵襲を伴うという欠点もある。

さらに、近年では、ブラキシズムが問題となっている。ブラキシズムは、歯の咬耗、楔状欠損、補綴装置の破損、歯ぎしり音、咀嚼筋痛などの諸症状を引き起こす。ブラキシズムに対しては、スプリントという装置を口腔内に装着して歯を保護する対症療法であるスプリント療法が主に用いられてきた。スプリント療法以外には薬物療法やバイオフィードバック療法などもあるが、あまり実用的ではない。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、分泌促進装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被検体の唾液又は涙液の分泌を促進する分泌促進装置であって、
唾液又は涙液の分泌に関する支配神経又はその近傍の部位に取り付けられる一対の電極と、
前記一対の電極を介して唾液又は涙液の分泌に関する支配神経に電気刺激を付与して、唾液又は涙液の分泌を促進する電気刺激付与部と、
を備える分泌促進装置。

【請求項2】
 
体内に埋め込まれ、
前記一対の電極は、頸部を通る迷走神経に巻き付けられており、
前記電気刺激付与部は、前記一対の電極を介して、前記迷走神経に直接的に電気刺激を付与する、
請求項1に記載の分泌促進装置。

【請求項3】
 
前記一対の電極は、前記被検体の耳部に取り付けられ、
前記電気刺激付与部は、前記一対の電極を介して、唾液又は涙液の分泌に関する支配神経のうち、耳部付近を通る神経に電気刺激を経皮的に付与する、
請求項1に記載の分泌促進装置。

【請求項4】
 
前記一対の電極は、前記被検体の顔面・頸部に取り付けられ、
前記電気刺激付与部は、前記一対の電極を介して、唾液又は涙液の分泌に関する支配神経のうち、顔面・頸部付近を通る神経に電気刺激を経皮的に付与する、
請求項1に記載の分泌促進装置。

【請求項5】
 
唾液又は涙液の分泌量を計測する計測部を備え、
前記電気刺激付与部は、
前記計測部で計測された唾液又は涙液の分泌量が低下した場合に、前記一対の電極を介して、唾液又は涙液の分泌に関する支配神経に電気刺激を付与する、
請求項1から4のいずれか一項に記載の分泌促進装置。

【請求項6】
 
側頭筋活動に関する筋肉の筋電位を計測する筋電位計を備え、
前記電気刺激付与部は、
前記筋電位計で計測された側頭筋活動に関する筋肉の筋電位が閾値を超えた場合に、前記一対の電極を介して、唾液又は涙液の分泌に関する支配神経に電気刺激を付与する、
請求項1から4のいずれか一項に記載の分泌促進装置。

【請求項7】
 
前記一対の電極として、
唾液又は涙液の分泌に関する支配神経のうち、前記被検体の複数の異なる部位を通る神経に対してそれぞれ同時に電気刺激を付与する電極を複数組備える、
請求項1から5のいずれか一項に記載の分泌促進装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017075111thum.jpg
State of application right Published
(In Japanese)公開特許は弊社ホームページ内で開示資料とともに、特許公報も掲載しております。
アドレスは http://www.ktlo.co.jp/002_seeds_.html


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close