Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ヒバ由来の抗腫瘍医薬組成物及び癌の治療、予防方法

(In Japanese)ヒバ由来の抗腫瘍医薬組成物及び癌の治療、予防方法 (Patent unpublished to the public) meetings

Patent code P180015226
File No. H29-S13
Posted date Aug 7, 2018
Application number P2018-036853
Date of filing Mar 1, 2018
Inventor
  • NAGATA TAKUYA
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title (In Japanese)ヒバ由来の抗腫瘍医薬組成物及び癌の治療、予防方法 (Patent unpublished to the public) meetings
Abstract (In Japanese)アロマテラピーは副作用が少なく、ストレス抑制効果、殺菌効果あるいは認知症の改善効果等、幅広い効果が報告されている。アロマテラピーに用いられる精油製剤のうち、ヒバ精油に1%程度含まれているヒノキチオールには、各種癌の増殖を抑制する作用が報告されており、癌に対する新しい治療法の一つとして臨床応用が期待されている。今回我々は、ヒバ精油の抗腫瘍因子としてツヨプセンを同定し、ヒバ精油を用いた新しい治療法の確立をめざした研究を行なっている。
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close