Top > Search of Japanese Patents > EXCRETION MANAGEMENT SYSTEM AND TOILET BOWL

EXCRETION MANAGEMENT SYSTEM AND TOILET BOWL meetings

Patent code P180015230
File No. H25-G14dp
Posted date Aug 7, 2018
Application number P2015-032691
Publication number P2015-178764A
Date of filing Feb 23, 2015
Date of publication of application Oct 8, 2015
Priority data
  • P2014-038766 (Feb 28, 2014) JP
Inventor
  • (In Japanese)中島 一樹
  • (In Japanese)藤田 紘也
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人富山大学
Title EXCRETION MANAGEMENT SYSTEM AND TOILET BOWL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inexpensively manufacturable toilet bowl, easy in manufacture and installation, in an excretion management system capable of objectively managing excretion and the toilet bowl usable for this excretion management system.
SOLUTION: An excretion management system comprises a toilet bowl body 11 having a bowl part 12 for receiving excrement, a temperature measurement part 21 for measuring the space distribution of the temperature in the bowl part 12 in noncontact and a control part for processing temperature data measured by the temperature measurement part 21, and the control part determines the existence of excretion in the bowl part 12 based on the temperature data. A toilet bowl comprises the toilet bowl body 11 having the bowl part 12 for receiving excrement, the temperature measurement part 21 for measuring the space distribution of the temperature in the bowl part 12 in noncontact and an odor measurement part 31 for measuring an odor in the bowl part 12.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

高齢者は、比較的に便秘になりやすく、必要に応じて下剤を服用させる必要がある。そのため、高齢者の排泄の有無や、排泄物の判別および排泄量などの高齢者の排泄に関する情報を適切に管理する必要性が高まってきている。
しかしながら、高齢者、特に認知症高齢者が単独で排泄を行う場合、本人により申告される排泄に関する情報は信憑性が低い。このような事情により、排泄に関する情報を客観的に管理できる装置やシステムが望まれている。

人々の排泄を管理する装置として、非特許文献1には生理的なモニタリングを行う排泄装置が開示されている。この装置は、便座が、便器周りの床を掘り込んで設けられたロードセルに支持部を介して支持されており、便座に座った人の体重を時系列的に計測することができる。さらに、排泄前後の体重から排泄量等も算定することができる。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、排泄を管理する排泄管理システムおよび便器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
便器のボウル部内における温度の空間分布を非接触で計測する温度計測部と、
前記温度計測部で計測した温度データを処理する制御部と、
を備え、
前記制御部が、前記温度データに基づいて、前記ボウル部内における排泄の有無を判定することを特徴とする排泄管理システム。

【請求項2】
 
前記ボウル部内の臭気を計測する臭気計測部を備え、
前記制御部が、前記臭気計測部で計測された臭気データと、前記温度データとに基づいて、前記ボウル部内で排出される排出物について、大便、小便および放屁のうちの少なくとも1つの判別を行うことを特徴とする請求項1記載の排泄管理システム。

【請求項3】
 
前記制御部が、前記温度データに基づいて、前記ボウル部内で排泄される排泄物の排泄量を算定することを特徴とする請求項1または2記載の排泄管理システム。

【請求項4】
 
ボウル部を有する便器本体と、
前記ボウル部内の温度の空間分布を非接触で計測する温度計測部と、
前記ボウル部内の臭気を計測する臭気計測部と、
を備えることを特徴とする便器。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2015032691thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close